記事一覧

ファイル 404-1.jpg

琵琶湖流入河川で採集したイボカワニナです。
もう捕ってました(爆)。本物のイボカワニナ!! 話せば長いのですが、話そうかな(笑)。
2010年4月24日(オオウラカワニナを捕った同じ日)に、魚を目的に採集していました。
魚は不発。巻貝はチリメンカワニナと、同定できない2種類のカワニナ類が捕れました。

4月28日にS先生に写真同定をお願いし、翌日にご教示頂く事が出来ました(感謝)。
勝手に要約すると、タテヒダかイボだろう。胎殻を要確認。沿岸ならまあタテヒダ。
イボはどこでも捕れて普通種のようだが、そのほとんどはハベの誤同定で、
深場の泥場にいる本物のイボを、自分で採集した人は少ないと思う。とのこと。

私が採集したのは、琵琶湖流入河川の河口域(沿岸)で、水深は1.5~2mの場所。
しかも簡単に捕れない種。同定をお願いする前に、タテヒダとは全く思いませんでしたが、
タテヒダってこんなのもいるんやぁと、私は思い込んでしまいました。これが失敗だった。

イボの写真が見たくなり、いくつか漁ったのですが、「びわ湖の底生動物」にある
たった1枚以外は、図鑑やネットで出てくるイボは、ことごとくハベとカゴメばかり。
最近出版された「日本の動○分布図集」までイボはハベ。オオウラはクロという有様。
ここまでとは…。イボ探しで同行者に説明するにも、写真がないと難しいものがあり、
S先生に良い写真資料があればご教授頂けないでしょうか。とお願いしたところ、
熱心で哀れな私に、先生が撮られたイボの写真を、送って下さいました(感謝)。
それを昨日見て…。あーーーーっ。これかよーっ。タテヒダやん。もう捕ってる撮ってる。

琵琶湖北岸から宇治川まで、頑張って採集しても、イボが捕れないわけです。
これまでタテヒダは散々捕りました。その中にこのタイプ(イボ)の個体は、
何度か捕っていましたが、これはタテヒダだと決め付け、捨てていました(悔しい)。
イボを2ヶ月近く前に、自分で採集した少ない人の中に、私は入っていたのです(苦笑)。

ファイル 404-2.jpg
左からオオウラカワニナ、タテヒダカワニナ、ハベカワニナ、イボカワニナです。
右の個体がタテヒダという基準にすると、左から2番目の個体はハベとかになるわけで、
4月はオオウラ、ハベ、ハベ(これがイボだと思っていた)、タテヒダと同定しました。
S先生に言われたとおりに、胎殻を確認しておくべきだったと思います。
そうすればボタンの掛け違いみたいなことは、たぶん起こらなかったんだろうなぁ。

ファイル 404-3.jpg
4月24日に捕ったイボは持ち帰ったことを思い出し、すぐに魚小屋へ走りました。
もう死んでるかな。不安が過ぎります。水槽の前へ立つ。イボイター!!
取り出す。タオルの上に置いて撮影する。よしっ次体層の縦肋を数えよう。
タテヒダの次体層は「びわ湖の底生動物」によると14~20(平均16.9)とあり、
イボより少ないとある。2回数えたが次体層の縦肋数は21あった。よしっ。
というか、見れば見るほど、タテヒダになんか見えない。これはカゴメ系だ。

ファイル 404-4.jpg
もちろん即試食です。2ヶ月近く飼っていただけに、採集直後に食べた個体とは、
味が変わっているかもしれませんが、また捕りに行くのも面倒なので食べることに。
塩茹で2分。今度は胎殻が出て来ることを期待。これがカゴメ型だったら駄目押し。
しかし、こういうときに限って雄。別の意味でハズレだよぉ。胎殻運が無さ過ぎる。
口に入れると、これまで食べたカワニナ類と比べて、歯応えが軟らかくて良くない、
何かわからなかったが、雄なのに1つだけジャリっと。青臭さが強くて全体的に不味い。
結局はあまりにひどくて、飲み込むことが出来なかった。タテヒダとはまるで違う。
食べる同定方法で、ナカセコの次に不味いことで、同定できるかもしれない(笑)。

ファイル 404-5.jpg
4月から私や同行者が採集し、食べた(カゴメ粒著を除く)カワニナ類です。
適当なタッパーに入れているので、貝同士が当たって傷付く、あまり良くない状態です。
貝殻の好きな方には、怒られそうな入れ物ですが、私は貝殻に興味は無いのです。
これは後で同定の確認が出来るのと、食べた記念として残しているものです(笑)。
左から、カワニナ、チリメンカワニナ、ハベカワニナ、タテジワカワニナ、
フトマキカワニナ、クロカワニナ、ナンゴウカワニナ、ナカセコカワニナ、
クロダカワニナ、タテヒダカワニナ、オオウラカワニナ、ホソマキカワニナ、
カゴメカワニナ種群(顆粒列が著しいタイプ)、イボカワニナ、ヤマトカワニナ、
ヤマトカワニナ肋型。16種類です。我ながらこの短期間でよく捕ったなぁ。

●カワニナ Semisulcospira libertina
●チリメンカワニナ Semisulcospira reiniana
●ハベカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) habei
●タテジワカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) rugosa
●フトマキカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) dilatata
●クロカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) fuscata
●ナンゴウカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) fluvialis
●ナカセコカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) nakasekoae
●クロダカワニナ Semisulcospira kurodai
●タテヒダカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) decipiens
●オオウラカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) ourense
●ホソマキカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) arenicola
○タケシマカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) takeshimensis
○シライシカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) shiraishiensis
●カゴメカワニナ種群(粒著) Semisulcospira (Biwamelania) reticulata
○カゴメカワニナ種群(粒無) Semisulcospira (Biwamelania) reticulata
●イボカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) multigranosa
●ヤマトカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) niponica
●ヤマトカワニナ肋型 Semisulcospira (Biwamelania) niponica
○ヤマトカワニナ(チクブカワニナ) Semisulcospira (Biwamelania) niponica
○モリカワニナ Semisulcospira (Biwamelania) morii

日本産カワニナ属貝類全21種類(ヤマトカワニナ肋型とチクブカワニナを含む)。
残るは、深湖シリーズのカゴメカワニナ種群(顆粒列が著しく無いタイプ)、
離島シリーズのタケシマカワニナ、モリカワニナ、ヤマトカワニナ(チクブカワニナ)、
シライシカワニナという5種類だけ。これもS先生や採集に同行して下さった方々の
お陰だと思って感謝しています。今後も世話になると思います。特にuさんよろしくね。
真夏にはコンプリートするぞぉ。島に行くお金が残っていればいいけど(汗)。