記事一覧

ファイル 61-1.jpg

三重県の汽水域で確認したニュージーランドガキ(オハグロガキモドキ)です。
2008年8月16日に木村昭一先生に教えて頂いた個体です。
ニュージーランドとありますが三重県が北限と考えられる在来種のようです。

ファイル 61-2.jpg
私は二枚貝に詳しくないので勝手に思った印象的なことを言えば、
マガキよりも小さく下側の殻が上方向に伸長し、潮間帯上部に多い感じでした。

ファイル 61-3.jpg
これは水路の垂直護岸に張り付いていたものでマガキも同所的に見られました。
別の場所ではニュージーランドガキ、マガキ、ケガキの3種が同所的に見られました。

これまでニュージーランドガキはマガキの小さいのだとばかり思っていました…。
何度か水槽で飼った記憶があります。聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥ですね。
これからも疑問に思ったものは何でも専門家に訊いてみようと思います。

ところで、この日は私がご案内した汽水域で、木村先生が激珍な巻貝を捕られました。
局所的にたくさんいました。今は諸事情で記せませんが3ヶ月以内には出せるはず…。