記事一覧

ファイル 1541-1.jpg

2021年1月15日夜~16日未明は、さわだ君、かおるさん、ささき君、西村で採集しました。
1箇所目。クロダカワニナの記録がある場所。私が先に着いたので、1人で探すが全くいない。
3人が到着。こんばんは。カワニナのバッドニュースと、グッドニュースを教えてもらう。
バッドは落胆したが想定内です。グッドの方はとても喜ばしい。近いうちに拝読できるはず。
2箇所目。初めての場所。ニセマツカサガイ三重県中部型とマツカサガイがいました。
3箇所目。ミナミメダカくらいしか見られず。クロダカワニナは諦めて干潟へ向かいました。

ファイル 1541-2.jpg
実は1月2日未明に川ですべって、左の乳首上付近を強打し、泣きそうな痛みで悶えました。
あっ肋骨が折れたなと思いましたが、打ち身によるじわっとした痛みは我慢できて、
特定の動きをしなかったら、激痛はなかったので、採集をそのまま続行しました。
後で色々と調べると、第三肋骨と第三肋軟骨の間くらいが、折れたか変形したと思います。

それから2週間経ちましたが、通常時の痛みはゼロですが、肋骨を動かすと痛みが走ります。
特にくしゃみは肋骨をよく動かすので、もう花粉症が始まった私には辛いです。
病院へ行けよと言われそうですが、過去に肋骨を折った時に、何か手当するわけではなく、
レントゲン撮って折れてる確認して終わりだったのと、感染症で困っている中に、
肋骨折ったくらいで行きたくなかったのと、病院が大嫌いというのが行かない理由です。

さて、前置きが長くなりましたが、ようするに、ハマグリ捕りできる体じゃないんです。
出来るだけ肋骨に負担のない体勢で、鎌を使って短時間集中で10個体を捕り、
その後は座ったり、人の様子を見に行ったり、たまに鎌入れして休みました。
さわだ君はひたすらハマグリ掘り、かおるさんはハマグリ掘りと時々マテガイ、
ささき君はマテガイと少しハマグリ掘りを狙い、予定していた時間を大きく超えて、
約2時間半も干潟にいました。鎌にはビニールテープで、グリップを作りました。
これがあると、すっぽ抜けなくて、握力も弱くて済み、少し掘るのが楽になりました。

ファイル 1541-3.jpg
陸へ上がり、私は左手がビニール手袋の中まで水が入る。匍匐前進したときに、
頭部右半分に波がかぶって、耳から砂が出てきました。さわだ君は胴長水没でした。
左がさわだ君とかおるさんの成果。カガミガイはどうするんだろうなぁ。
右はささき君の成果。マテガイは好きだけど、砂抜きが完全に出し難いのと形がねぇ。
私のハマグリ10個体のうち、5個体はさわだ君にあげました。いつものことです。
4箇所目へ行く話もあったのですが、睡魔との闘いに負けて、帰れなくなりそうだったので、
ここでお別れました。お疲れさまでした。楽しかったです。みんなよく頑張りました。
3人はクロダカワニナの場所へ向かったようです。その後の消息は不明。

ファイル 1541-4.jpg
半日ほどシルト抜きして、いつもの茹ハマにしました。身の中には感じませんが、
外側に少しシルトが付着しているので、1日ほどシルト抜きしておくべきでした。
美味しいですが、考えながら食べると、ハマグリとしては、味と食感は中です。
出汁は5個にしては水を入れ過ぎたので、少し薄めですが美味しいです。
しばらくレンジでチンして楽しむことにします。

ファイル 1540-1.jpg

ドライスーツは2020年12月4日に届き、家でファスナーの開閉を自分で出来ました。
12月6日はさわだ君、12月19日は自分、12月26日はささき君、1月4日はオイカワムツさんに、
開閉してもらいました。自分で2/5回の開閉を経験。これまでファスナーにワックスペンは、
2回塗って滑りをよくしています。それがこんなことになるとは思いませんでした…。

1月10日夜は汽水域と淡水域で2回潜る予定。昼寝もして、温水8Lを用意し、準備万端。
1人で170kmほど車を運転して川へ到着。気温-1℃と寒いが、風も弱くて、水も澄んでいる。
川へ入る場所へウエイトやフィンなどを置く。川から上がる場所の近くへ駐車する。
ドライスーツを着る。入る場所へ歩いて行く。ウエイトやフィンなどを装着して入水。
干潮から潮が上がるのに合わせて、川を下から上へ泳ぐという算段です。
ウエットスーツでは何度もやっているので、要領は掴めていて危険性は低いです。
最近はウナギ捕りの夢を見始めていたのと、ドライ2本潜りを試したくて楽しみでした。

ドライスーツを着る前に、発熱インナーを着て、ズボンのポケットにマグマカイロ、
胸にマグマカイロを貼りました。ドライスーツに体を入れて、後はファスナーを閉めるだけ。
右手の力で2/5くらい閉まりました。そこからが進まない。引き紐にタオルを通して、
力任せに引っ張ったら、タオルが千切れてしまいました。ささき君がよくやっている、
トランクのドアストライカーに、引き紐を引っ掛けて、体を動かすと4/5ほど閉まりました。
フルパワーでドアストライカーが折れるかもと思うほど、強く引いてもそこから動かない。
近くにあったガードレールのナットに引っ掛け、思い切り体を動かすと、引き紐の化学繊維が、
少し千切れてしまいました。ここまで20分ほど経つため、ドライスーツ内は暑くて汗だく。
熱中症になる恐れもあります。閉めるのは諦めて、泣く泣くウナギ捕りは中止です。

ファイル 1540-2.jpg
ドアストライカーに再び引っ掛けて、仕方がなく開けることにしました。
少しだけ開いたところで、引き紐の金具が跳ね落ちました。えっ!はぁっ?!
こうなると開いた場所へ、右手や頭を通して、ファスナーを広げるしかありません。
右手はどう頑張っても抜けません。頭も抜けずに息が出来なくなって、危なかったです。
もう1人で脱出することは困難です。首と手首の締め付け、発熱インナーとマグマカイロが、
暑くて苦しめます。もう限界です。ドライスーツを来た状態で車に乗って運転し、
ウエイトやフィンなどを回収。車に乗せるだけで暑くてしんどい。お茶は飲んでいるが、
あまり飲み過ぎると、おしっこさんの問題が出る。お腹が痛くなったりしたら最後です。

川岸にシカがいるようなド○○。23時前で近くに人はいない。スマホで近くの交番と検索。
5分圏内に見つかったので移動。駐在所に車を止めて、汗だくなのにマスクをして、
中へ入ってすみませーんと呼ぶも誰も出て来ない。机を見ると不在の名札立てがぁ。
本部へ電話して事情を話しているうちに、駐在さんが出て来た(居留守かよぉ)。
駐在さんに事情を話す。引き紐の無いファスナーは開けにくいようだが動いている。
少しずつ背中が涼しくなって行く。上半身の脱出に成功。ありがとうございます!
どこから来たの? 何をしようとしていたの? など聞かれた。○川でウナギやカニとか狙って、
潜ろうと思ったらと話しました。密漁者の疑念は払拭されたと思います。ふぅ。

汗だくになった服を、駐在所の前で着替え、落ち着きたかったので、車で少し移動して駐車。
スマホを見ると20分くらい前にささき君から、今日潜る場所への助言DMがありました。
すぐにささき君へ電話して、1時間半くらい愚痴を聞いてもらいました。感謝しています。
もちろん愚痴だけではなく、途中からは研究に関する、難しい話とかもです。
素潜り2本分の体力を残していたので、高塩分汽水域を覗いてから、一般道で帰路へ。
道中は気温-4℃だったので、アイスバーンが怖かったですが、無事に2時間9分で帰宅。

ファイル 1540-3.jpg
同じドライスーツを持っているさわだ君に、金具の写真を送ってもらい(感謝)、
ラジオペンチで何とか直せました。その後に色々と検索して勉強した印象では、
新しいファスナーはエッジが立っているので、何度も開閉を繰り返し、摩耗で滑らかにし、
その後に毎回シリコンスプレーをした方が良いと。ワックスペンは詰まるので、
使用しない方が良いようです。ファスナーの端っこに、白っぽいのが溜まっていました。
とりあえず、開閉を繰り返して、シリコンスプレーを買って、試してみたいと思います。
というか、1人のときは危ないので、これまで通り、ウエットスーツで潜ろうと思いました。

ファイル 1539-1.jpg

愛知県の山で4月に撮影したハエ下目の一種(未同定)です。
摂水していたようです。これで未同定の虫クモは全て出し切りました。

ファイル 1538-1.jpg

愛知県の山で撮影したクモ目の一種(未同定)です。
特に思い入れや感想は無いです。白いのはコナジラミとかですかね。

ファイル 1537-1.jpg

三重県の道端で9月に撮影したカメムシ亜目の一種(未同定)です。
割と特徴のある感じですが、カメムシの仲間かどうかも怪しいです。

ページ移動