記事一覧

ファイル 1454-1.jpg

2019年9月28日に三重県の汽水域で採集したアミメノコギリガザミです。
三重県はトゲノコギリガザミが多く、アカテノコギリガザミは混じる程度で、
これまでアミメノコギリガザミは1個体も確認していませんでした。
アミメにそっくりなトゲはたくさん見ました。これも初めはそうだと思っていました。

識別はこちらが詳しいです。この個体はささき君が食べたいというのであげました。
その後に本物のアミメではないか、三重県では初記録かもと…。
三重県RDB2015を確認すると、ノコギリガザミ種群とされていました。

ファイル 1454-2.jpg
ささき君が撮影した写真です。転載許可をもらって載せています(感謝)。

ファイル 1454-3.jpg
ささき君が食べた後です。交雑個体でも無さそうです。アミメだと思います。
三重県初記録かどうかはわかりません。黒潮域の生物ならば、茨城県くらいまでは、
見られることが多いので、都道府県単位はあまり意味がないかもしれません。

ファイル 1454-4.jpg
さて、2014年5月に「日本の淡水性エビ・カニ」が発行され、
そこにタイワンオオヒライソガニの分布に三重県が記してありました。
これは当ブログ発信の新産地ですが、参考文献に載せられていませんでした。
それを指摘したところ、増刷時に参考文献へ追記するということで、
私は矛を収めました。その後に増刷と追記されたかどうかはわかりません。

同じ著者らが2019年11月に「日本の淡水性エビ・カニ」の増補改訂版とも言える、
「日本産 淡水性・汽水性エビ・カニ図鑑」を発行しました。
タイワンオオヒライソガニのページを確認しました。神奈川県~南西諸島と、
ざっくりとした書き方になって、三重県が内包されてしまっていました。
そういう逃げ方もあるのかと思いましたが、図鑑なので仕方がないとも思いました。

ヒラモクズガニのページを見たとき、分布が三重県~南西諸島とありました。
これも言いたいことがあるのですが、当ブログで2014年1月18日に、
三重県で採集したモクズガニ科の一種(未同定)として公開し、2014年1月23日にK先生に、
ヒラモクズガニと同定して頂き、「干潟の絶滅危惧動物図鑑」によると、
分布は奄美大島以南とされていたので、本州初記録で大幅な更新でした。

2015年6月にこれが出ていて、笑ってしまいました。
「本州初記録のヒラモクズガニ」って1年以上前に、ブログに載せてますけど。
標本も某博物館に登録済みです。しかも「三重県で初記録のミナミトラノオガニ」って、
2008年8月4日に2007年に捕った個体を載せています。恥ずかしくないのかな。

「日本産 淡水性・汽水性エビ・カニ図鑑」の三重県情報が、このブログなのか、
南紀生物なのか、どこから参考にしているかは、出典明示がないため不明です。
この図鑑は「主要参考文献」として1ページ半(27文献)ほど書かれています。
そこには両方とも記されておらず、「主要」ではないと切り捨てられているのでしょう。

こんな私が書くような駄文も、ブログ記事には著作権が発生します。
写真掲示板にも少し書いたことですが、著作権は長らく親告罪だったので、
引用・参考文献がなくても、告訴が無ければ、黙認のような形で、
提起されることはなかったのですが、2018年12月30日から非親告罪に変わりました。
そのため施行以後の著作物の扱いは、これまで以上に慎重になる必要があります。

2014年「日本の淡水性エビ・カニ」の時代と違って、
2019年「日本産 淡水性・汽水性エビ・カニ図鑑」は、より著作権に対して、
配慮するべきなのに、前よりも数を減らして、主要参考文献とはどうなのでしょうか。
非親告罪になっても、現状は被害者の判断もあることから、学術書でも無い限りは、
最低限の参考文献しか載せないことが、この先も続くのだろうと思います。

そういう私も出典明示がきっちり出来ているかと問われれば、
不完全なところも多いと思います。しかし、指摘されて納得すれば従います。
図鑑は参考文献も載せずに、紙媒体にして自分らの情報のように変えてしまい、
書籍販売による利益が発生するため、無料のネットとは異なると思っています。
ホテル・ジャンキーズ事件のように、掲示板の書き込みにも著作権が発生し、
本の出版販売禁止と損害賠償の判決が出ています。大丈夫でしょうか。

そうした判例を無視し、法令違反になるリスクを負っても、膨大な参考文献を載せると、
利益が出ないから、難しいというのも、そっちの都合ながらも、少し理解できます。
「くらべてわかる 淡水魚」という図鑑は、参考文献の欄に、
「このほか、魚種ごとの主要参考文献については下記のサイトをご覧ください。」
としてアドレスが記されており、そこを開くと全ての文献が表示されていました。
私はこれが解決方法だと思うのです。著作者や発見者への敬意が感じられます。
無料で容易に配慮することが出来ます。今後はこの方法が広がることを期待します。
但し、このページはジオシティーズだったため、現在はリンク切れになっています。

ネットは紙媒体と違って、共有の持続が難しいのは、特に私はよくわかっています。
それでこれまで、どれだけ嫌な思いをして、孤軍奮闘してきたことか。
近年に参考とされた3例を記します。

●2017年にビワヨシノボリの新種記載論文
「Nishimura T (2000) Ushi-Yoshinobori.
http://www.tansuigyo.net/a/link72.html. Accessed 4 February 2017」

●2019年2月にトウカイヨシノボリの新種記載論文
「On the internet website (https://tansuigyo.net), anonymous
proposed a nickname “Ushi-yoshinobori” for the goby,」

●2019年3月に静岡県産ミミズハゼ属魚類の分類学的検討(予報)
「ホロタイプ以外にも本種に似た個体の存在を指摘したウェブページもあり
https://tansuigyo.net/a/link63.html),新たな標本の確保やその精査が望まれる.」

2019年2月は約束でもありましたが、他の2つは私から何も伝えていません。
おこがましいですが、新知見を生み出した私に対する、敬意や配慮が感じられます。
これが出来る方の度量の広さに敬服いたします。それと比べてと思うのです。

これから先もモラルやマナーが無く、手柄を横取りしても平気な人はいるでしょうし、
ネット情報は引用できないとか、前時代的なことを言う人もいるかもしれませんが、
ネット媒体も紙媒体と同じように、人が発信しているので、そこには感情があります。
文献として使い難いならば、メールなどで連絡を取り、私信や謝辞として形を変え、
敬意をはらうべきです。紙媒体至上主義の人は、ネットは唾つけだけで形にしない。
形になっていないものは、好きなようにパクッて良いくらいに思っている人もいますが、
それは紙媒体間のルールで、ネットも同じルールに従えというのは、違うと思うのです。
まだ書き足らないのですが、長文愚痴になってきたので、ここで止めておきます。

ファイル 1454-5.jpg
カニついでに2019年11月16日に釣れたモクズガニです。脚が5本も欠損しています。
鉗脚が2つとも無く、口だけで餌を食べています。生きる執念を感じました。

ファイル 1453-1.jpg

滋賀県の道端で撮影したカタマメマイマイです。
さわだ君に案内してもらいました。貴重な種類だそうですが、小さな貝としか思えない。
カワニナの種類も興味の薄い人には、そんな感じなんだろうなぁと思いました。

ファイル 1452-1.jpg

2019年10月3日は琵琶湖で、さわだ君、ささき君、西村で採集しました。
大浦です。今でもこの地名はぞわっとします。琵琶湖来たぞ。カワニナやるぞぉと。

ファイル 1452-2.jpg
1箇所目。ここらあたりは変なのばかり出る場所。少しポイントを変えます。
ドライスーツのさわだ君(風邪中)と、ウエットスーツの西村(副鼻腔炎中)が潜ります。
200mほど泳いでポイントへ到着。体力のあるうちに深潜りしておこうと思い、
最初から5mほどへ潜ります。2mほど潜行すると頭が痛い。もしかしてこれが…。
すぐに気が付きました。これまでmaikyさん、sugiura君、ささき君などが、
頭が痛くて1mも潜れないと言っていたやつか。私は初めての経験でした。
サイナススクイーズ(副鼻腔痛)。副鼻腔が腫れたり、膿などで詰まったりして、
圧平衡が取れなくなり、痛みが出る。私は水深と共に、左眉付近の痛みが強くなる。

これまで副鼻腔炎で潜っていても、痛みは出なかったが、最近服用し始めた、
チクナ○ンが悪さをしているかも。私はこうした頭痛は、マスクがきつかったり、
別の理由があると思って、そんなん気合で何とかしろと、内心は思っていました(謝)。
しかし、これは痛い。1mも潜れない気持ちがわかる。それでも私は潜ってやる。
2mくらいから激痛です。5mほどに気合で4本潜りました。潜らなくても痛む状況に…。
車へ戻って、痰を吐いたら、血が混じっていました。陸でも痛む。頭を下げると激痛。

写真は右上のバットが私の成果。この倍くらいは捕るつもりだったのですが…。
左上と下がさわだ君の成果。ナガタニシやイボ種群も複数いて羨ましいです。

ファイル 1452-3.jpg
2箇所目。潜ろうと思っていた場所が、環境的にあまりに酷いので諦める。
3箇所目。さわだ君だけカワニナ潜り。普段よりも30cmくらい増水しています。
4箇所目。さわだ君は潜り、ささき君と私は胴長。バックスライディングで全身ずぶ濡れ。
パンツの換えを間違えたのを持って来ていて、パンツは濡れたままで過ごしました。
5箇所目。小物釣り。6箇所目。水路でカワニナ捕り。底が腐泥になっていました。
腐泥(ふでい)はささき君が使って、そういう言い方があるのかぁと感心しました。
7箇所目。ウナギとカワニナ狙い潜り。サイナススクイーズは4mくらいから痛みが出て、
1箇所目よりはマシになっていました。チクナ○ンの服用を止めたからかも。
タテヒダやヤマトなどが捕れました。動画 https://youtu.be/FuscUxEyf7s

ファイル 1452-4.jpg
8箇所目。さわだ君がクロダが捕りたいということで、A内湖へ行きました。
前は普通にいたのになぁ。1個体も捕れず。前と言っても5年前なので絶滅したのかな。
9箇所目。B内湖へ。ここもクロダがおらず。水路の方で前に捕ったので移動。
前と言っても7年前ですが、クロダはたくさんいました。それが写真の個体です。

同日、同場所、同種類、それなのに蓋は普通~無いまでいます。
カワニナ属の蓋の有無や形状が、識別形質に成らないという証拠です。
しかも、屋内の安全そうな環境で飼育すると、蓋を落とす個体が多いです。
水槽内で生まれた個体も、蓋を作らなくなります。蓋は環境や個体によって、
大きく変わることに気付いてから、蓋の撮影や保存を止めました。
ホロタイプに蓋が残っているものが極希(無い?)で、同定にも使えないです。

10箇所目。陸貝捕り。さわだ君に貴重な種類を拝ませてもらいました。
3日04時に起きて、10~00時まで滋賀県で採集し、4日02時半頃に帰宅し、
力尽きて車で1時間半ほど仮眠。それから片付けや雑用で昼前に寝ました。
さわだ君は前日まで発熱し、当日は頭痛でこの濃密な採集。凄い体力です。

ファイル 1452-5.jpg
1箇所目の胎殻です。左上、右上、左下は広義のハベとしておきます。
左下はクロダそっくりの胎殻が出てきました。右下はイボ種群かなぁ。
先日の研究会がきっかけで、イボがますますヤヴァイことを知ったので、
これはイボだねとか、軽々しく言えなくなってきました。カワニナやっぱりおもろい。

ファイル 1451-1.jpg

2019年10月26日は淡水貝類研究会(岐大)へ行きました。
その前に大垣駅で、さわだ君とささき君に、拾ってもらって採集です。
ちなみに、小生は大垣駅から南に1kmくらいのところで生まれました(どうでもいい)。

ファイル 1451-2.jpg
目的の場所へ着くも、目的のカワニナ類はおらず。写真はミノマイマイだそうです。
その後は魚捕りとカワニナ捕りするも、狙っていたものは捕れずでした。

ファイル 1451-3.jpg
カワニナ属未記載種5種というホットな発表を拝聴。その他にも気になる演題ばかり。
論文が公開されていない新種情報まであって驚きました。でも受理はされているみたい。

懇親会は酔っぱらって、気が大きくなった私が、より傍若無人になる時間です笑。
カワニナ屋のT見さんと侃々諤々。周りは引いていましたが、言いたいこと言ってスッキリ。
この会には珍しく、私の大嫌いなK村さんがいて、何年かぶりにどっぷり話しました。
今後は顔が合っても挨拶もしない、お子様の関係からは、脱却すると思います。
こうした楽しい場になるのも、I先生や学生さんのお蔭で、毎年感謝しています。
さわだ君とささき君には、最後まで見守ってくれて、ありがとうございました。

ファイル 1451-4.jpg
帰りはK先生にアレを頂いたので、とても助かりました。バス停でT居さんと会いました。
この方とも過去に一悶着あったので、ちょっと距離感はあったのですが、
バスに電車と隣の席で、名古屋方面まで一緒に帰りました。お付き合い下さり感謝です。
写真は岐阜駅からいつも見える「じゅうろく」です。私は縦肋と脳内変換されます。

ファイル 1451-5.jpg
写真はT見さんに頂きました。これに乗せて胎児殻を撮れとご助言を頂きました。
前もスケールバーを置けとか言われたので、カワニナ図鑑の写真のファンみたいです。
私は胎殻だけで同定は出来ないと思っていますが、胎殻が同定キーという方もいるので、
写真を載せているだけで、そこまでやって撮る気はありません、とお伝えしました。

カワニナの胎児は、胎貝、胎児殻、胎殻などの表記があります。
胎貝は「たいがい」と呼ばれれることがほとんどですが、音(たい)と訓(かい)で、
重箱読みになっています。「たいばい」もしくは「たいはい」の方が良いでしょう。
また、イガイ科貝類のイガイ(胎貝)と同じ漢字で、紛らわしさもあります。

胎児殻(たいじかく)と胎殻(たいかく)は、どちらも胎児の殻という意味にも取れ、
胎児そのものを指す場合は、胎貝(たいばい)の方が良いかもしれません。
私は貝のS師匠が胎殻と使われるので、それに従っています。どれでもいいですけどね。
ただ、話し相手が、胎殻と使っているのを、胎児殻などとわざわざ言い直すのは、
ちょっと失礼に当たるので、そこは自分が決めた呼称を少し曲げて、
合わせる方が良いでしょう。もう胎児でいいんじゃないかと思ったりしています。

ちなみに、稚貝(ちがい)も重箱読みです。稚の訓は送り仮名が必要な、
「わかい」と「いとけない」ため、音に合わせると「ちばい」が良いでしょう。
ここで問題になるのが、親貝(おやがい)です。訓だけで違和感なく読めてしまいます。
稚貝(ちばい)に合わせるのであれば、親貝も「しんばい」ですかね。他には、
仔貝(しばい)・幼貝(ようばい)・若貝(にゃくばい)・成貝(せいばい)、それとも、
仔貝(こがい)・幼貝(おさながい)・若貝(わかがい)・成貝(ながい)でしょうか。
なんか変ですが、稚貝(ちがい)を魚に置き換えると、稚魚(ちざかな)です。
こっちの方が変な気がします。重箱読みや湯桶読みが悪いというわけではないため、
どれが正しいという結論はありません。さて、今週末も琵琶湖に潜るぞぉ。

ファイル 1450-1.jpg

2019年10月19-20日は琵琶湖で採集しました。
ウナギ狙いのついでに、2回潜り4箇所でカワニナ拾いしました。
1箇所目。岸から100mほど沖に出ても、水深4mくらいで、カゴメとかはいなかったです。
コセイとハベの区別がつかないものが多くて困りました。
https://youtu.be/v4q-M2em4uE

ファイル 1450-2.jpg
2箇所目。ここは水草だらけで、岸から200mほど沖に出ても、水深4mくらいでした。
ふわふわの泥に、ヒメタニシだらけで、そこにハベぽいのがぽつぽつと。

ファイル 1450-3.jpg
浅場はコセイかハベかよくわからないのが、お楽しみ中でした。
https://youtu.be/zxB8vJ3uJEw

ファイル 1450-4.jpg
胎殻です。よくわかりませーん。整理するのはまた今度にします。

ファイル 1449-1.jpg

2着目のお尻部分が、シリコーン補修では、そろそろ限界になりました。
冬潜りに向けて買い替え時です。スピアフィッシングのツーピースが、
安くて良いなと迷ったのですが、素潜りで使っている写真が見つかりませんでした。
フードをよく見たら、鼻まで覆われていて、これではシュノーケルがくわえられません。
首まで下ろすことは出来るようですが、その途中の顎で止めるのは難しそうでした。
迷った挙句に2着目と同じ物を買いました。消費税分だけ前より少し高くなりました。

ファイル 1449-2.jpg
3年7箇月足らず頑張ってくれたウエットスーツです。お尻以外は問題ないのですけどね。

ファイル 1449-3.jpg
新品に始めからシリコーンを薄く塗りました。これで破れ難くなるはず。
何かやらかしちゃった人みたいですが、カキとかに座ったら一発で裂けますからね。

ファイル 1449-4.jpg
ブーツは5年余り使って、限界を超えているのですが、またシリコーン補修しました。

ファイル 1449-5.jpg
フィンとフードも買いました。フィンは今年3つ無くしています。
黒色が目立たなくてダメなのかなぁ。フードは分厚くて暖かそうです。

ファイル 1448-1.jpg

2019年10月6日は滋賀県でさわだ君と採集しました。
2人で南湖に潜りました。maikyさんのウエットスーツのお古を、
さわだ君が欲しいということで、それを着て入水です。私のもそろそろ買い替え時。

ファイル 1448-2.jpg
私はヒメタニシくらいしか見られず。さわだ君はメンカラスガイ生貝を捕っていました。
私が捕れて同行者が捕れないが、よくあるパターンで、その逆を出来るようになった、
さわだ君の成長に、私はもういらんなと思いました。まだ治らぬ副鼻腔炎のせいかも笑。
動画です https://youtu.be/Axk60VREt1s

ファイル 1448-3.jpg
瀬田川へ行きました。琵琶湖病でも瀬田川で採集がしたい!
これを思い出して、時間がない中、やってもらったのですが、指さす必要は無いし、
しゃがむ場所も違うし、眼帯無いし、とてもクオリティの低いものですみません。

ファイル 1448-4.jpg
中二病の聖地とは違う場所で、カワニナ採集しました。
ヤマトカワニナとチリメンカワニナ(この表記正しいのだろうか)です。

ファイル 1448-5.jpg
琵琶湖博物館で常設展は観覧せず、難しい話をしてきました。ありがとうございました。
さわだ君が京都で買って来てくれた3人分の手土産。なぜか1つ余ってしまいました…。

ファイル 1447-1.jpg

三重県の汽水域で撮影したヒヅメガニです。
オウギガニの仲間かなと思ったのですが、そこから私の脳は迷宮入りしました。
ツイッターで @dust509 さんに教えて頂きました。ありがとうございます。

ファイル 1447-2.jpg
こちらもおそらく同じ種類だと思います。

ファイル 1446-1.jpg

2019年9月27日夜~28日夜は、ささき君と三重県で採集しました。
そのついでに海でタカラガイ拾いをしました。海パンを海で使ったのは何年ぶりだろう。
海パンマン、水温25℃くらい、小雨、16:04~16:49(45分間)。私は11個体を捕りました。
写真はメダカラ、オミナエシダカラ、ハツユキダカラ、シボリダカラだと思います。
ささき君は頑張りましたが、結果は出ませんでした。

ファイル 1446-2.jpg
軟体部が出ているときに、さっと掴んでパワーで、肉抜きできないものだろうか。

ファイル 1446-3.jpg
メダカラは途中で飽きてきました。

ファイル 1445-1.jpg

滋賀県の駐車場で撮影したミンミンゼミです。
ライトに反応して、車の周りを、うろうろしていました。
9月8日だったので、ヒグラシかなと思っていましたが、ミンミンゼミでした。

ページ移動