記事一覧

ファイル 1570-1.jpg

愛知県の神社で撮影したアシダカグモです。
夜の神社でヘッドライトを点けて、怪しく徘徊していたので、声掛けされました。
「何をされているのですか」「虫やクモを撮っています」「撮るだけならいいですけど」
「捕らないで下さいね」「捕らないです」撮るのは良いけど、捕るのは良くない。
これ同じ言葉なのに、よく通じるなぁと思いました。裁判だと論点になりそう。

ファイル 1570-2.jpg
アシダカグモはどこでもいる印象でしたが、このブログでは未登場でした。

ファイル 1570-3.jpg
これもアシダカグモだと思いますが、ライトが強くてハレーションを起こしています。

ファイル 1569-1.jpg

2021年6月5日は滋賀県で、まふゆのうじさん、ヤマノカミくん、ささきくんと採集しました。
07~11時は、まふゆのうじさん、ヤマノカミくん、私で某貝狙って、3箇所で頑張りましたが、
まふゆのうじさんが時間切れでお別れ。その後にヤマノカミくんが潜って狙ってみたり、
更に2時間ほどやりましたが、1個体も捕れませんでした。この貝はやはり最高の難易度。

4箇所目はデメ釣り。5箇所目は私が某貝を狙って潜りましたが、思っていた環境ではなく、
早々に諦めました。初めて潜った場所だったので、カワニナを拾って上がりました。
水温が高くなったので、カワニナの数が多く見られて、泳いでいるだけで楽しかったです。
動画 https://youtu.be/EGjuehqqkbY

ファイル 1569-2.jpg
左はホソマキ、他はいわゆるハベですが、右はフトマキにしておきます。
6箇所目はささきくんが加わってくれて、釣りと観察しましたが、狙いの魚は捕れずでした。
皆さんお疲れさまでした。幻の貝では終わらせたくないので、たま狙いたいなぁ…。

ファイル 1568-1.jpg

2021年5月29日は三重県の汽水域で、魚捕りのついでにヤマトシジミを拾いました。
ここは何度も食べたことがある場所です。以前にシジミ捕りされていた方が、
色々なところで捕って食べたが、ここは一番美味しい、近所に配るとこの場所は喜ばれる。
そう話されていました。私の中では二番目ですが、美味しい場所だと思っています。
たいてい捕るのは冬です。寒蜆という旬があるからです。旬の時期は人によって異なり、
white-wingsさんに3回も、夏が旬だとご指摘を頂いたので、とりあえず初夏に食べてみました。

ファイル 1568-2.jpg
いつもと同じように、錆びた網に乗せて、1日ほど砂抜きしました。
水から茹でました。白濁具合が弱い。殻を外して、汁を飲んでみましたが、味が薄い。
味噌を入れてひと煮立ち、ネギを加えました。汁が薄いだけではなく、シジミの味も薄い。
5~6個まとめてよく噛んでも味が薄い。ネギスープみたいな感じで食べ終わりました。
初夏のヤマトシジミは、冬にどこで捕った個体よりも、味が薄く感じました。

宍道湖の漁師さんの意見を見つけました。勝手ながらまとめると、
旬は6~7月中旬(夏・梅雨)と12~3月上旬(冬)。「よりしじみのエキスが出るのは寒しじみ」。
身が大きくプリプリの食感は梅雨、汁物にすると味が濃いのは冬ということかと思います。

今回は5月29日なため、旬の走りだとしても、少し早いのもあるでしょうし、
味噌汁にしたのと、あまり大きな個体が捕れておらず、プリプリ食感は、
味わえなかったのかもしれないです。ただ、やっぱりシジミは汁を味わいたいので、
旬が2回あるとしても、寒しじみの方が私は好きです。お陰様で色々と勉強になりました。

ファイル 1567-1.jpg

愛知県の山で撮影したクモ目の一種です。
人がこのサイズで、この場所にいたら、落ちたら死ぬとか、思ってしまうのでしょうね。

ファイル 1566-1.jpg

自宅のトイレで撮影したクモ目の一種(未同定)です。
クモは自宅や魚小屋で見かけても、益虫と思ってむやみに殺すことはありません。

ページ移動