目次

和名オオウラカワニナ
学名Semisulcospira (Biwamelania) ourense Watanabe et Nishino, 1995
分類カワニナ科 カワニナ属 ヤマトカワニナ亜属 オオウラカワニナ種
写真
分布琵琶湖北湖(北岸西側)にある長浜市西浅井町大浦(大浦湾)。 形態から本種やタテヒダカワニナとの中間型は、琵琶湖に広く見られる。
環境礫底や砂礫底に多い。
旨みは少なく、苦味はあるが、食感が良い。
形態 殻底肋1〜3本、次体層の縦肋数9〜13本。 タテヒダカワニナよりも縦肋が顕著で、螺層角がやや広い。 それ以外に雌の胎殻数(4〜5個)の少なさも指摘されているが、胎殻数は個体差が大きく、寄生虫感染などで激減するため、決定的な特徴とは考えられない。
備考 タテヒダカワニナの項で記したように、 本種とタテヒダカワニナは同種と思われるが、 本項は本種と思われる大浦産だけの情報を記した。

文献2タテヒダカワニナの標本写真は、 縦肋が顕著で次体層の縦肋数11本と思われ、本種の範囲に入る。

目次