目次

和名カゴメカワニナ
学名Semisulcospira (Biwamelania) reticulata Kajiyama et Habe, 1961
分類カワニナ科 カワニナ属 ヤマトカワニナ亜属 カゴメカワニナ種
写真
分布琵琶湖、瀬田川(瀬田川洗堰上流)。
環境砂〜泥底の水深3m以深に多い。日本産カワニナ科の中で最も深い場所に生息する。 文献7によると、琵琶湖の南湖では3m以深に多く、北湖では8〜20m(30mまで)に多いとしているが、 琵琶湖北湖(高島市安曇川地区)では水深3〜4mに幼貝が現れ、4m以深から成貝が増える印象がある。 水深4〜7mは殻長40mmを超える大型個体はほとんど見られない。 また、高さ2mを超える水草が繁茂する場所では、日の光が届き難い水草の根元に見られることもある。
食感は普通で、やや青臭く、食べられなくはないが、美味しくはない。
形態 殻底肋2〜5本、次体層の縦肋数24〜38本、縫合の括れがやや強い。 縦肋と螺肋が交わり、顆粒を形成し、籠状に見えるが、付着汚れで確認し難いこともある。 胎殻数が少なく大型になるまで保育する。
備考 文献3には体層が膨らまず顆粒のあるタイプと、 体層が膨らんで顆粒がないタイプの写真が掲載されている。 文献2の標本写真はその中間型のような印象を持つ。これは環境変異や生態型などの違いと思われる。

琵琶湖の貝曳漁で食用貝類と混獲され、K漁港では大量に捨てられている。 K漁港ではゲンジボタルの餌として、本種や混在するイボカワニナなどを水揚げし、 それをG市が大量に購入して河川へ放流していた。 現在はG市の放流は止まったようだが、他の地域では未だに行われている恐れもある。

目次