目次

和名フトマキカワニナ
学名Semisulcospira (Biwamelania) dilatata Watanabe et Nishino, 1995
分類カワニナ科 カワニナ属 ヤマトカワニナ亜属 フトマキカワニナ種
写真
分布琵琶湖北湖(東岸)。余呉湖にも見られるが、飯浦送水隧道からの分布拡大か、人為的な移入の疑いもある。
環境砂底の水深3m以浅に多い。水路や河川では砂泥底にも見られる。
食感は良いがやや苦い。
形態 殻底肋3〜6本、殻表は基本的に平滑。次体層より上に極弱い縦肋が見られる個体もある。 本種とハベカワニナの中間型が多く見られる。
備考 文献9によると 琵琶湖北湖(東岸)の彦根市磯にある、非常に限られた岩上(水深0.5〜1m)だけに分布するようだが、 彦根市に磯という地名はなく、これは彦根市に隣接する坂田郡米原町(現:米原市)磯の誤りであろう。 同文献の付録4にある琵琶湖のカワニナの分布表には、 琵琶湖北湖(北岸西側)に本種を記録しているが、クロカワニナの誤同定か誤記と思われる。

米原市と彦根市を中心に、典型的な個体が見られ、 そこから離れるほど、螺層角が狭くなり、ハベカワニナに似る傾向がある。 本種に混じってクロカワニナタテジワカワニナに似る個体も見られる。 本種は縦肋の発達しない、ハベカワニナ類の一型と考えられる。 こうした個体は余呉湖産写真Hb001001〜003でも見られた。

写真Hb101001〜002は、 螺状脈と縦肋が極めて弱く交わり、顆粒を形成している。まるでシライシカワニナの肋を削ったかの様である。 殻底肋は6本(本種は通常3〜5本)でカワニナ亜属の範囲に入る。 これは本種及びヤマトカワニナ亜属の中でも希である。

目次