戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
土鍋(蓋無し)+焼き網+蓋

総合評価 △45点
用意するもの
土鍋ペタライトを含む空焚き可能な物。
焼き網bシリコーン樹脂塗装など張り付き難い物。
蓋a中身が見える窓付。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと耐熱計量カップたれを付けるために使う。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)カセットコンロに土鍋と焼き網を乗せる。
(1-2)ウナギの身が下になるように置く。
(1-3)蓋をして、中弱火で焼く。
 0分
(2)引っくり返す

ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。形が安定するまで注意する。

※10〜20分は水分が多く、網に張り付き易いため、扱いに気を付ける。
 4分
(3)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 30分
(4)たれを塗る

(4-1)耐熱計量カップにたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(4-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。

※たれは耐熱計量カップへ入れ、レンジで温めると、ウナギに早く焼き付きやすくなる。
 31分
(5)切る

ウナギをまな板へ移動させ、適当な大きさに包丁で切る。
 36分
(6)完成

ご飯に蒲焼を乗せ、たれをかけて、出来上がりです。
 37分
ウナギ全長53cm(捌いて1日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで37分(焼き30分+たれ焼き5分+その他2分)、味は70/100点(脂度数3+美味度数4)でした。 小骨は気にならず、臭みは全く無し。身はやや硬く、皮は硬くはない。スモーキーさはとても強く、苦味も感じる。 皮が焼き網にとても張り付き易く、半分くらい剥がれ落ちた。煙は土鍋と蓋の隙間から漏れ出し続け、開けたときは酷いため、煙を減らすという効果はほぼ無い。 鍋の焦げ付きを綺麗に洗うのは手間が掛かる。

戻る