戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
フィッシュロースター(扉型・両面)+グリルバット+アルミホイル

用意するもの
フィッシュロースター(扉型・両面)Panasonic フィッシュロースター NF-RT800。
グリルバットトレーに網を乗せた物。
アルミホイル受け皿に敷く。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)グリルバットのトレーにアルミホイルを敷く。
(1-2)フィッシュロースターの焼き網を外して、グリルバットを入れる。
(1-3)ウナギを身側が上になるように置く。
 -
(2)様子を見る

フィッシュロースター(焼き加減・弱)のスイッチを入れる。
焼き加減は弱で始終焼きます。

※中や強にして早く焼きたくなりますが、臭みを消すために我慢します。
 0分
(3)引っくり返す

(3-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(3-2)形が安定したら、3〜5分に1回ほど引っくり返す。
 4分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 30分
(5)たれを塗る

(5-1)容器にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(5-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
(5-4)落ちたたれも使うため、たっぷり塗ります。
 31分
(6)切る

(6-1)トレーごとウナギを取り出す。
(6-2)ウナギをまな板へ移動させる。
(6-3)適当な大きさに包丁で切る。

※グリルバットは濡れたタオルか鍋掴みを使うと火傷防止になります。
 38分
(7)完成

(7-1)ご飯を器によそい、ウナギを乗せる。
(7-2)アルミホイルのたれ(脂が混ざって美味)をかける。
(7-2)出来上がり。
 40分
ウナギ全長46cm(捌いて3日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで40分(焼き30分+たれ焼き7分+その他3分)、味は47/100点(脂度数1+美味度数3)でした。 小骨は気にならず、臭みは全く無し。皮はパリパリで、身はやや硬いが、ふっくら感もあって、食感が良い。スモーキーさも少しあって美味しい。 尾鰭近くが反り返った際に、ヒーター部に接触して少し焦げたが、その後はトレーやウナギの位置をずらすことで回避ができた。 たれも無駄も少なく、後片付けが楽で、少しだけ蒲焼を作るのには適している。 通常の上下加熱は皮が確り焼けて、身はもう少し焼きたい場合に、それが出来ずに皮は焼き過ぎ、身は丁度良いという状況もあった。 それと比べて、上加熱だけにすることで、身側と皮側を丁度良い状態まで、じっくり焼くことが出来て良い。

戻る