戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
オーブントースター+グリルバット+金串

用意するもの
オーブントースター上火グリル625Wで使う。
グリルバットトレーに網を乗せた物。トレーだけを使用。
金串丸串5本。
ウナギを引っくり返すときに使う。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
うなぎのたれ市販品で良いが、粘度が高ものは、みりんと醤油で薄める。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)串打ちする

身と皮の間に金串(丸串)を通す。
-
(2)準備する

(2-1)グリルバットの網を外す。
(2-2)トレーにウナギの身が上になるように乗せる。
(2-3)オーブントースターへ入れる。
 -
(3)様子を見る

オーブントースター(上火グリル625W)のスイッチを入れる。
 2分
(4)引っくり返す

箸でウナギを摘まんで、5分に1回ほど引っ繰り返します。
 8分
(5)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 25分
(6)たれを塗る

(6-1)容器にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(6-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 26分
(7)切る

(7-1)トレーごとウナギを取り出す。
(7-2)ウナギをまな板へ移動させる。
(7-3)適当な大きさに包丁で切る。

※グリルバットは濡れたタオルか鍋掴みを使うと火傷防止になります。
 33分
(8)完成

出来上がり。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 35分
ウナギ全長49cm(捌いて21日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで35分(焼き25分+たれ焼き7分+その他3分)、味は38/100点(脂度数1+美味度数2)でした。 小骨は気にならず、臭みは全く無し。皮は硬く、身はやや硬い。たれの焦げ目が香ばしくて良い。 質の悪いウナギだったが、その割に美味しく出来たのは、良い焼き方だと思われる。 金串がトレイ上でやや滑りやすく、何度かトレイ内に落ちた。それ以外は手間いらずで、煙は少なく、後片付けも楽で良い。

戻る