戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
U字溝+焼き網+飯蒸し

総合評価 △30点
用意するもの
U字溝連結式の排水溝。
炭火一式炭バサミ、トーチバーナー、木屑(着火用)、木炭、うちわ、焼き網台など。
焼き網f直径30cm丸型。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
ご飯と器飯蒸しに使う。
ラップ電子レンジでご飯を熱くし、飯蒸しに使う。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。
保温バッグ丼鉢に合う小さな物。
タオル乾いたもの。飯蒸しの器を包む。
片口小鉢たれを入れるために使う。

(1)準備する

屋外へU字溝を置き、焼き網台を入れる。木屑(乾いた木切れや紙)を入れ、トーチバーナーで燃やし、木炭(備長炭)を入れる。 うちわで煽ぐ。木炭を炭バサミで移動させて、火を全体的に回す。この準備に30分は必要。
-
(2)焼き網とウナギを乗せる

焼き網にウナギを乗せて、U字溝へ置く。

「U字溝+金串+飯蒸し」と同時に作っています。
 0分
(3)引っくり返す

ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。形が安定するまで注意する。
網に張り付くので、頻繁に確認が必要。
 4分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 24分
(5)たれを塗る

(5-1)小鉢にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(5-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 25分
(6)切る

(6-1)丼鉢にご飯と水を少し入れてラップをする。
(6-2)電子レンジで長めにチンする。
(6-3)ウナギをまな板へ移動させ、適当な大きさに包丁で切る。
(6-4)ウナギの皮側をご飯に張り付けるように乗せる。
(6-5)隙間の無い様にラップをする。

※丼鉢が熱くて持てないくらい、電子レンジでご飯を熱する。火傷防止で鍋掴みなどを使う。
 34分
(7)たれをかける

(7-1)1つは保温バッグへ入れ、もう1つは乾いたタオルで包む。
(7-2)9〜13分ほど待つ。
(7-3)片口小鉢に入ったたれを、電子レンジでチンして熱する。
(7-4)タオルと保温バッグから丼鉢を取り出してラップを外す。
(7-5)たれをウナギにまんべんなくかける。

※待つ間に箸、飲み物、吸い物などの用意、片付けなどをすると効率的です。
 45分
(8)完成

出来上がり。

※左上2切れが60cm、左下4切れが43cm。右3切れは「U字溝+金串+飯蒸し」。
 46分
ウナギ全長60cm(捌いて43日間冷凍庫)の半分(尾側)、全長43cm(捌いて半日間冷凍庫)を、西村とmaikyさんが焼きました。 完成まで46分(焼き24分+たれ焼き5分+飯蒸し11分+その他6分)。 味は60cmが55/100点(脂度数4+美味度数1)ですが、ゴムのような弾力で、臭みが残っており、55-20=35点でした。 43cmは45/100点(脂度数2+美味度数2)ですが、こちらも同様で45-20=25点でした。平均すると30点でした。 小骨は気にならず。皮は軟らかいが、ゴムのような弾力で、噛むほどに臭みが増す。身は少しサク感が残って食感は良い。 この方法は焼きむらが出来やすく、じっくり時間を掛けて焼けず、臭みが残るため、蒲焼には不向きです。 もう少し炭の量と幅を増やし、遠火にして35分以上焼けば、ゴム食感と臭みの問題は解決できるかもしれない。 七輪、バーベキューコンロ、U字溝など、一般家庭で使う炭火は、臭みが抜け難いため、おすすめできません。

戻る