戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
エアフライヤー(2段棚)+小鉢

総合評価 ◎85点
用意するもの
エアフライヤーショップジャパン カラーラ AWFM02KD。2段ラックを使用。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
小鉢たれで煮る際に使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)エアフライヤーを台所など換気扇の近くに置く。
(1-2)バスケットに2段棚を入れて、ウナギを乗せる。
-
(2)焼く

200℃でスイッチを入れる。
 0分
(3)引っくり返す

引っくり返さなくても焼けるが、焼け具合の確認のためにも引っくり返す。
 8分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと味が悪く、臭みとゴム食感が残り、骨が喉に刺さりやすいです。
 15分
(5)たれで煮る

(5-1)小鉢にウナギを乗せる。
(5-2)バスケットへ乗せて、たれを深さ5mm程度入れる。

※耐熱容器の方が良いが、一般的な小鉢でも良い。
 17分
(6)引っくり返す

引っくり返して、たれを全体に馴染ませる。
 20分
(7)たれを抜いて焼く

(7-1)小鉢を取り出す。
(7-2)ウナギだけバスケットへ戻す。
(7-3)表面に焦げ目を付けるために1〜2分ほど焼く。

※小鉢は熱いです。鍋掴みなどを使った方が良いです。
 24分
(8)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 26分
(9)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 27分
ウナギ全長50.5cm(捌いて11日間冷凍庫)の1/4(尾側後方)を、完成まで27分(焼き15分+たれ焼き9分+その他3分)、味は97/100点(脂度数5+美味度数4)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が普通、中はふわじゅわっと、皮は硬い。スモーキーさはないが、少し焦げたたれが香ばしい。 煙は出ないが排気口から弱い臭いは出る。モーター音とタイマー音は耳障りがあまり良くない。 尾鰭近くは焦げて苦いが、通常は切り落す部位。余ったたれは濃くて美味しく、蒲焼を付けると味がより締まった。ご飯にかけると無駄が無くて良い。 皮は硬いがバリバリではなく、たれで少し軟らかくなっている。

戻る