戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
焼肉プレート+魚焼きホイル

総合評価 ○65点
用意するもの
焼肉プレートイワタニ 焼肉プレート(S) CB-A-YPS。
魚焼きホイルアルミホイルにシリコーン樹脂加工されているもの。厚手が良い。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)焼肉プレートを台所など換気扇の近くに置く。
(1-2)魚焼きホイルを敷く。
(1-3)ウナギの身側が下になるように乗せる。
(1-4)中火で焼く。
 0分
(2)引っくり返す

1〜2分に1回ほどトングで引っくり返す。
 3分
(3)全体をむら無く焼く

トングでウナギを押したり斜めにして焼きむらを防ぐ。
 9分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと味が悪く、臭みとゴム食感が残り、骨が喉に刺さりやすいです。
 17分
(5)たれで煮る

(5-1)魚焼きホイルをトレイ状に折る。
(5-2)たれを深さ5mm程度入れる。
 18分
(6)引っくり返す

引っくり返して、全体にたれを馴染ませる。

※たれがこぼれたり、穴が開かないよう、気を付ける。
 22分
(7)たれを抜く

魚焼きホイルを持ち上げて、たれを容器などへ移す。
 25分
(8)たれを抜いて焼く

表面に焦げ目を付けるため、弱火で1〜2分ほど焼く。
 26分
(9)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 28分
(10)切る

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 29分
ウナギ全長45.5cm(捌いて3日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで29分(焼き17分+たれ焼き10分+その他2分)、味は82/100点(脂度数4+美味度数4)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がやや硬く、中はじゅわっと、皮は硬い。スモーキーさはほとんどない。煙は少し出る。 焼肉プレートの外側まで脂が飛ぶ。魚焼きホイルによって全く張り付かない。 たれを抜いて焼く工程で、10秒くらで焦げたため、丁度良い焼き加減にするのが難しい。 たれで煮る工程が少し長く、濃厚になり過ぎたのも原因だろう。 焦げていない場所はとても美味しいが、焦げたところは余計な苦味が気になる。 それらの経験と技術的な問題が解決できれば良い焼き方。

戻る