戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
ステーキ皿(中)+焼き網+魚焼きホイル

総合評価 ○70点
用意するもの
ステーキ皿(中)ラージステーキプレート(ダイソー/400円)。
焼き網gシリコーン樹脂塗装など張り付き難い物。
魚焼きホイルアルミホイルにシリコーン樹脂加工されているもの。厚手が良い。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)五徳にステーキ皿と焼き網を乗せる。
(1-2)魚焼きホイルを敷く。
(1-3)ウナギの身が下になるように置く。
(1-4)中火で焼く。

※ステーキ皿から魚焼きホイルがはみ出すと燃える。
 0分
(2)引っくり返す

皮側1〜2分、身側2〜3分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
 6分
(3)全体をむら無く焼く

トングでウナギを押して焼きむらを防ぐ。
 24分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと味が悪く、臭みとゴム食感が残り、骨が喉に刺さりやすいです。

※もう少し焼いても良いが、時間が掛かり過ぎるため、ここで諦めた。
 51分
(5)たれで煮る

(5-1)魚焼きホイルをトレイ状に折る。
(5-2)たれを深さ5mm程度入れる。
 52分
(6)引っくり返す

引っくり返して、全体にたれを馴染ませる。

※たれがこぼれたり、穴が開かないよう、気を付ける。
 63分
(7)たれを抜く

魚焼きホイルを持ち上げて、たれを容器などへ移す。

※たれはご飯にかけて鰻丼にすると良い。
 65分
(8)たれを抜いて焼く

表面に焦げ目を付けるため数分ほど焼く。
 66分
(9)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 71分
(10)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 72分
ウナギ全長69cm(捌いて23日間冷凍庫)の1/3(中央)を、完成まで72分(焼き51分+たれ焼き19分+その他2分)、味は89/100点(脂度数4+美味度数4)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側はやや軟らかく、中はふわっとじゅわっと、皮はやや硬い。スモーキーさはほぼ無い。煙は少ない。 余ったたれは濃くて美味しく、蒲焼を付けると味は締まるが、たれの味に負けてしまう。 高温になった魚焼きホイルはよれよれになって、ウナギが少し張り付くようになる。 魚焼きホイル越しの焼き網に触れた部分は、早く焼けてしまって、浮いた部分はほとんど焼けない。 この焼きむらを防ぐために、頻繁に場所移動させる必要がある。その際にステーキ皿(中)から魚焼きホイルがはみ出し、 何度か引火して吹き消すことになった。火災の危険性があるため、目を離せずに気を使う。 火力を弱火に下げれば良いが、確り焼きだけで1時間半は掛かると思われる。

戻る