戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
卓上コンロ+合わせ魚焼き網+魚焼きホイル

総合評価 ◎75点
用意するもの
卓上コンロコンパクト収納 卓上コンロS 4522831184521。
炭火一式成形木炭、炭バサミ、トーチバーナー。
合わせ魚焼き網リバティーコーポレーション 旬彩 合わせ魚焼 LD-219。
魚焼きホイルアルミホイルにシリコーン樹脂加工されているもの。厚手が良い。
うなぎのたれ市販品で良い。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

屋外へ卓上コンロを置き、成形木炭を入れてトーチバーナーで燃やす。火が表面の全体的に回るまで待つ。この準備に6分ほど掛かりました。
-
(2)ウナギを乗せる

(1-1)合わせ魚焼き網(片側)を乗せる。
(1-2)ウナギの身側が下になるように乗せる。

※合わせ魚焼き網は本体(ほうろう)と網の繋ぎ金具を外して使っています。
 0分
(3)引っくり返す

網を合わせるように挟んで引っくり返す。
皮側1分、身側2分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
合わせ魚焼き網(片側)で、ウナギの位置を調整して、焼きむらを防止する。
 5分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと味が悪く、臭みとゴム食感が残り、骨が喉に刺さりやすいです。
 40分
(5)たれで煮る

(5-1)魚焼きホイルにウナギを乗せる。
(5-2)トレイ状に折る。
(5-3)焼き網に乗せて、たれを深さ5mm程度入れる。
 41分
(6)引っくり返す

引っくり返して、全体にたれを馴染ませる。

※たれがこぼれたり、穴が開かないよう、気を付ける。
 53分
(7)たれを抜いて焼く

(7-1)魚焼きホイルを持ち上げて、たれを容器などへ移す。
(7-2)表面に焦げ目を付けるため、1〜3分ほど焼く。

※たれはご飯にかけて鰻丼にすると良い。
 56分
(8)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 57分
(9)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 58分
ウナギ全長69cm(捌いて4日間冷凍庫)の1/3(腹側)を、完成まで58分(焼き40分+たれ焼き16分+その他2分+α)、 味は94/100点(脂度数4+美味度数5)でした。小骨は気にならず。臭みは全く無し。 身は外側が普通、中はもさふわっと、皮は非常に硬い。スモーキーさはあって美味しい。煙はとても酷い。 焼きむらが酷くて、全体を確り焼こうとすると、焦げが避けられない。 焦げないようにすると、臭みとゴム食感が残って、不味くて食べられないと思われる。 真皮が融解する前に表皮がまだら状に焦げるため、僅かにゴム食感は残っているが、これ以上は焼けない状態になった。 たれは後で付けなくても十分だった。 卓上コンロの構造的な問題で、空気の通りが良すぎるのと、その調整が出来ないため、 超高温になって発火すると消せず、ウナギに直火が当たって焦げてしまう。この炭火の調節が面倒で難しい。

戻る