戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
オーブントースター+焼き網+ジッパー袋

総合評価 ○70点
用意するもの
オーブントースター上火グリル580Wを使いました。
焼き網mシリコン加工されている脚のあるもの。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
ジッパー袋普通のジッパー付き保存袋。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

トレイに焼き網とウナギを乗せる。
-
(2)様子を見る

上火グリルにしてスイッチを入れる。
 0分
(3)引っくり返す

(3-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(3-2)形が安定したら、皮側1〜2分、身側2〜3分くらい焼く感じで、何度か引っくり返す。
 5分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと味が悪く、臭みとゴム食感が残り、骨が喉に刺さりやすいです。
 25分
(5)ジッパー袋へ入れる

(5-1)ウナギをまな板などに置いて冷ます。
(5-2)ジッパー袋にたれを入れる。
(5-3)冷めたウナギをジッパー袋へ入れて、なるべく空気を抜いて閉じる。
 27分
(6)冷蔵庫で寝かす

冷蔵庫で6〜12時間ほど入れる。
 28分
(7)再び焼く

(7-1)冷蔵庫から取り出す(約6時間経過)。
(7-2)ウナギだけをオーブントースターへ入れる。
(7-3)上火グリルでスイッチを入れる。
(7-4)1〜2分に1回ほど引っくり返して焼け具合を確認する。
 0分
(8)たれを塗る

(8-1)小鉢に寝かすのに使ったたれと、刷毛を入れて染み込ませる。
(8-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを1〜2回ほど行う。
 7分
(9)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 10分
(10)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 11分
ウナギ全長52.5cm(捌いて4日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで39分+約6時間(焼き25分+冷蔵庫約6時間+たれ焼き10分+その他4分)、味は48/100点(脂度数1+美味度数3)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が普通、中はもさもさ、皮はやや硬い。 スモーキーさはあまりない。煙はたれ焼きから気になるが、扉を開けなければ少ない。 たれは身全体に染み込み、少し塩辛いため、たれを塗る必要はなかった。醤油の風味が弱く、甘みが足りない。 たれの無駄が多い。冷蔵庫で寝かした効果はあるが、約6時間も待つほどの価値があるとは思えない。

戻る