戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
植木鉢(浅型)+焼き網+蓋+下茹で

総合評価 ○65点
用意するもの
フライパン一般的なアルミニウム(表面加工)。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
炭火一式成形木炭、炭バサミ、トーチバーナー。
植木鉢(浅型)駄温鉢(浅型)。19×8.5cm(6号)。
焼き網lコーナン 焼き網 28cm KG-23-7480。
蓋fパール金属 ハンディ シリコーン加工窓付 スタンドプレートカバー丸型Φ22cm HB-5414。
みりん一般的な本みりん。
スプレーダイソー しょうゆスプレー。みりんを吹き付けるために使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギと水を入れる

(1-1)フライパンにウナギの身側を下にして置く。
(1-2)水を深さ4〜5cmほど入れる。
(1-3)中強火で茹でる。
 0分
(2)引っくり返す

(2-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(2-2)1〜2分に1回ほど引っくり返す。
 4分
(3)下茹でが出来上がる

収縮が止まって粘膜が剥がれてきた頃に火を止める。
 7分
(4)植木鉢(浅型)を準備する

屋外へコンクリートブロックを置いて植木鉢(浅型)を乗せる。成形木炭を入れてトーチバーナーで燃やす。火が表面の全体的に回るまで待つ。この準備に3分ほど掛かりました。

「植木鉢(浅型)+焼き網+蓋」で使った後の炭を利用しています。
-
(5)ウナギを乗せる

(5-1)植木鉢(浅型)に焼き網を乗せる。
(5-2)ウナギの身が下になるように置く。
(5-3)蓋をする。
 0分
(6)引っくり返す

皮側30〜60秒、身側1〜2分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
 2分
(7)焼けた

下茹でによる臭み抜きで、確り焼く必要はないが、焦げ目も味になるため、好みの加減でみりん焼き工程へ移る。
 10分
(8)みりんを吹き付ける

(8-1)スプレーにみりんを入れる。
(8-2)身側と皮側を全体的に1回だけ吹き付ける。
 11分
(9)たれを塗る

(9-1)小鉢にたれと刷毛を入れて染み込ませる。
(9-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 12分
(10)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 14分
(11)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 15分
ウナギ全長60cm(捌いて20日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで22分(茹で7分+焼き10分+みりん焼き1分+たれ焼き2分+その他2分+α)、味は76/100点(脂度数3+美味度数4)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が硬く、中はもさじゅわっと、皮は硬いがサクサク。 スモーキーさは非常に強く、パンチが効いていて美味しい。焦げ目は苦いが食べられなくはない。 煙は狼煙レベル。蓋による蒸し効果は弱いが、全く無いわけではない。 煙は酷いが蓋で抑制されいる。焼き始めのうちは、網に張り付きやすくて気を使う。焼きむらが酷い。 炭は蓋を開けると、発火こそしないが、超高温の熾火になり、みりんやたれを付けた直後から焦げ始める。 みりんを吹き付ける前に、炭の位置を変えたり減らして、低温にする必要があった。 炭の温度調節次第で成功や失敗する可能性がある焼き方。

●蓋が壊れた
焼き終えた後に、蓋を乗せたまま放置したところ、つまみの部分が融けて、外れて使えなくなってしまった。耐熱温度180度を超えていたと思われる。

炭火は熾火すると耐熱温度の高い、鉄などの蓋しか難しいと思われる。

戻る