戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
オーブンレンジ(グリル)+焼き網+蒸す

総合評価 ◎95点
用意するもの
オーブンレンジ天面800Wのグリル機能を使用。
焼き網mシリコン加工されている脚のあるもの。
鍋掴み高熱になったトレイを触るのに必要。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
フライパン一般的なアルミニウム(表面加工)。
蓋b中身が見える窓付。
蒸し目皿鍋底から高くて水を多く入れられるものが良い。
みりん一般的な本みりん。
スプレーダイソー しょうゆスプレー。みりんを吹き付けるために使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。

(1)準備する

(1-1)トレイに焼き網を置く。
(1-2)ウナギを身側が上になるように乗せる。
-
(2)様子を見る

グリル(上段)にしてスイッチを入れる。
 0分
(3)引っくり返す

(3-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(3-2)形が安定したら、2〜4分に1回ほど引っくり返す。
 5分
(4)焼けた

確りは焼かない。脂が僅かにじみ出したら、蒸し工程へ移す。
 28分
(5)蒸す

(5-1)フライパンに蒸し目皿と水を深さ2cmほど入れる。
(5-2)蒸し目皿にウナギを乗せて蓋をする。
(5-3)強火で沸騰したら弱火にして蒸す。
 29分
(6)引っくり返す

10分ほど経ったら引っくり返す。

※薄い個体は引っくり返さなくても良い。
 40分
(7)蒸し上がる

トングで軽く触って、硬い部分が無くなったら、蒸し上がり。

※目安は沸騰してから15分です。
※白い部分は長期間保存した冷凍焼けによるもの。
 49分
(8)みりんを吹き付ける

(8-1)スプレーにみりんを入れる。
(8-2)身側と皮側を全体的に1回だけ吹き付ける。
 50分
(9)たれを塗る

(9-1)小鉢にたれと刷毛を入れて染み込ませる。
(9-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 54分
(10)完成

蒲焼の上からたれを追い塗りする。
出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 63分
ウナギ全長61cm(捌いて59日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで63分(焼き28分+蒸し20分+みりん焼き4分+たれ焼き9分+その他2分)、味は78/100点(脂度数3+美味度数4)でした。 小骨は口の中で探すとあるが、喉に刺さるほどではない。臭みは全く無し。身は外側が軟らかく、中はもさふわっと、皮は軟らかい。 箸だけで切り分けられるが力が要る。スモーキーさは少しだけある。煙は少ない。蒸した後は軟らかいためにやや身崩れしやすい。 約2箇月も経って冷凍焼けした、味の落ちた個体だが、皮の白濁して見た目は悪いが、それなりに美味しく出来た。焼き方としては良い。

戻る