戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
鉄フライパン+焼き網+魚焼きホイル+蓋

総合評価 ○70点
用意するもの
鉄フライパン和平フレイズ 鉄フライパン 26cm 黒皮鋼板 GR-9748。
焼き網gシリコーン樹脂塗装など張り付き難い物。
魚焼きホイルアルミホイルにシリコーン樹脂加工されているもの。厚手が良い。
蓋b中身が見える窓付。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
みりん一般的な本みりん。
スプレーダイソー しょうゆスプレー。みりんを吹き付けるために使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)鉄フライパンと焼き網を乗せる。
(1-2)魚焼きホイルを敷く。
(1-3)ウナギの身が下になるように置く。
-
(2)焼く

蓋をして中強火で焼く。
 0分
(3)引っくり返す

皮側1〜2分、身側2〜3分くらい焼く感じで、何度か引っくり返す。
 6分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと味が悪く、臭みとゴム食感が残り、骨が喉に刺さりやすいです。

※蓋をしているが蒸し焼き効果は弱いため、確り焼くかその手前まで焼く必要がある。
 25分
(5)脂を取り除く

脂が溜まっている場合は、一旦火を消して、テッシュペーパーなどでふき取る。

※脂が多く溜まっていると、たれが付き難くなります。
 26分
(6)みりんを吹き付ける

(6-1)スプレーにみりんを入れる。
(6-2)身側と皮側を全体的に1回だけ吹き付ける。
 27分
(7)たれを入れる

(7-1)少量のたれを1回だけ入れる。
(7-2)何度か引っくり返す。
 28分
(8)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 33分
(9)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 34分
ウナギ全長55.5cm(捌いて10日間冷凍庫)の半分(腹側)を、 完成まで34分(焼き25分+みりん焼き1分+たれ焼き5分+その他3分)、味は98/100点(脂度数5+美味度数3)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が普通、中はふわじゅわっと、皮はやや硬い。 スモーキーさは少しある。たれの焦げたものが付着して、少し苦味があって気になる。煙は少なめで良い。 鉄フライパンと焼き網はほとんど汚れておらず洗い物が楽。 (3)〜(4)の間で魚焼きホイルに穴が開き、ウナギの脂が鉄フライパンの底に落ち、煙が酷くなったので、新しいものを敷き直した。 たれ焼きの際にたれを多く入れてしまい、ウナギにどろっとしたたれが、まとわりつく感じになってしまった。丁度良いたれの量は難しい。 一旦多めのたれで煮て、その後にたれを抜く方法だと、たれがこぼれない様に両手で持ち上げると、火傷する恐れがある。 また、魚焼きホイルをトングなどで外して網で焼き付けると、たれが落ちて煙と洗い物が楽ではなくなる。 どの選択肢も問題があって難しい。

戻る