戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
陶製プレート+魚焼きホイル

総合評価 ○65点
用意するもの
陶製プレートカクセー グレイスラミック 陶製ロングプレート GC-06。
魚焼きホイルアルミホイルにシリコーン樹脂加工されているもの。厚手が良い。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)陶製プレートに魚焼きホイルを敷く。
(1-2)ウナギを身側が下になるように置く。
(1-3)五徳に置く。
-
(2)焼く

蓋をして中弱火で焼く。
 0分
(3)引っくり返す

2〜3分に1回ほどトングで引っくり返す。
 7分
(4)焼けた

蒸し焼き効果によって、確り焼く必要はないが、焦げ目も味になるため、好みの加減でたれ焼き工程へ移る。
 19分
(5)たれを入れる

(5-1)火を消す。
(5-2)魚焼きホイルをトレイ状に折る。
(5-3)たれをウナギが浸かる程度入れる。
(5-4)蓋をして中弱火で焼く。
 20分
(6)引っくり返す

ウナギが焦げ付かないように、時々引っくり返す。
 22分
(7)たれを抜く

魚焼きホイルを持ち上げて、たれを器へ移動させたり、ご飯へ掛けたりする。
 24分
(8)たれを抜いて焼く

表面に焦げ目を付けるため、1〜3分ほど焼く。
 25分
(9)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 27分
(10)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 28分
ウナギ全長48cm(捌いて3日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで28分(焼き19分+たれ焼き7分+その他2分)、味は48/100点(脂度数1+美味度数3)でした。 小骨は口の中で探すとあるが気にならず。臭みは全く無し。 身は外側がやや硬く、中はもさじゅわっと、皮は普通。スモーキーさは少しある。煙は出るが蓋で抑制されている。 たれの焦げたところがやや苦い。残ったたれを付けたら、味が締まって美味しい。 脂度数1にしては美味しく出来ている。焼きむらは少しあるが許容範囲。 蓋の開閉は鍋掴みだとガス火に触れるため、トングを使ったが面倒だった。

戻る