戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
オーブンレンジ(オーブン)+焼き網

総合評価 ◎100点
用意するもの
オーブンレンジオーブン(250→200℃)機能を使用。
焼き網mシリコン加工されている脚のあるもの。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)トレイに焼き網を乗せる。
(1-2)ウナギを身側が上になるように置く。
-
(2)様子を見る

オーブン(下段)にしてスイッチを入れる。

※250℃に達するとその後は200℃を保ちます。
 0分
(3)引っくり返す

(3-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(3-2)形が安定したら、2〜4分に1回ほど引っくり返す。
 13分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと味が悪く、臭みとゴム食感が残り、骨が喉に刺さりやすいです。
 40分
(5)たれを塗る

(5-1)小鉢にたれと刷毛を入れて染み込ませる。
(5-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 41分
(6)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 49分
(7)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 50分
ウナギ全長46.5cm(捌いて5日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで50分(焼き40分+たれ焼き8分+その2分)、味は100/100点(脂度数4+美味度数5)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が普通で、中はふわじゅわっと、皮は硬くてザクザクで、食感が色々あって楽しい。スモーキーさは少しある。煙は少ない。 上品な旨みであふれて美味しい。これはウナギの質ではなく、オーブン調理という焼き方による、旨みの引き出し方が良いからだろう。 ゆっくり調理できるため、焦げるなどの失敗がし難い。その分だけ時間は掛かるが、美味しく出来るならば仕方がない。 グリル(上段)と違って、下段は鍋掴みが要らないところも良い。

戻る