戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
焼肉ロースター+料理紙+レンジ

総合評価 ◎95点
用意するもの
料理紙を乗せる。
料理紙旭化成 クックパー クッキングシート Mサイズ 25cm×5m。
オーブンレンジレンジ(600W)機能を使用。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
焼肉ロースターZAIGLE mini-jp01。カーボンヒーターによる無煙グリル。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)皿に料理紙を乗せる。
(1-2)ウナギを乗せて包む(飴包み)。
-
(2)オーブンレンジ

(2-1)オーブンレンジへ入れる。
(2-2)レンジ600Wでスイッチを入れる。

※目安は2分です。
 0分
(3)下蒸しが出来上がる

(3-1)収縮が止まって、形が安定したら、トングで取り出す。
(3-2)トングで挟んだまま水道水で軽く洗う。
 2分
(4)焼肉ロースターで焼く

フード下段の温度調節ダイヤル5で焼く。
 4分
(5)引っくり返す

引っくり返さなくても焼けるが、焼け具合の確認のためにも引っくり返す。
 14分
(6)焼けた

オーブンレンジ(下蒸し)による臭み抜きで、確り焼く必要はないが、焦げ目も味になるため、好みの加減でたれ焼き工程へ移る。
 20分
(7)たれを入れる

(7-1)皿に新しい料理紙を乗せる。
(7-2)ウナギを乗せてたれを身が半分くらい浸かる量を入れる。
(7-3)包む(飴包み)。
 21分
(8)たれで煮る

オーブンレンジへ入れて、600Wでスイッチを入れる。

※目安は1〜2分です。
 22分
(9)煮あがり

たれがぐつぐつとして、水分が蒸発して、少し減って来た頃です。
 24分
(10)再び焼肉ロースターで焼く

ウナギだけトングで取り出して、フード下段の温度調節ダイヤル5で焼く。
 25分
(11)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 27分
(12)完成

出来上がり。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 28分
ウナギ全長59.5cm(捌いて4日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで28分(下蒸し2分+焼き17分+たれ焼き5分+その他4分)、味は99/100点(脂度数5+美味度数5)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がやや硬く、中はふわじゅわっと、皮は硬い。 スモーキーさは少しだけある。苦みや雑味などはなくウナギの美味しさに溢れている。 余ったたれを付けると、たれの味に支配されるが、噛み進めるとウナギの旨みが戻って、変化があって楽しい。煙は少し出る。 通常はたれがぐつぐつして焦げたり、ウナギに絡み付いて苦くなるが、煮てから焼くことで防げているのは良い。

戻る