戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
焼肉プレート+フライパン+料理紙

総合評価 △40点
用意するもの
焼肉プレートイワタニ 焼肉プレート(S) CB-A-YPS。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
フライパン一般的なアルミニウム(表面加工)。
料理紙旭化成 クックパー クッキングシート Mサイズ 25cm×5m。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)焼肉プレートを台所など換気扇の近くに置く。
(1-2)ウナギの身が下になるように乗せる。
(1-3)中弱火で焼く。
 0分
(2)引っくり返す

皮側30秒〜1分、身側1〜2分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
 4分
(3)全体をむら無く焼く

トングでウナギを押したり斜めにして焼きむらを防ぐ。
 9分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 19分
(5)ウナギを包む

(5-1)フライパンに料理紙を乗せる。
(5-2)ウナギを乗せてたれを身が半分くらい浸かる量を入れる。
(5-3)包む(飴包み)。
 20分
(6)たれで煮る

中弱火で煮る。
 21分
(7)たれを抜く

(7-1)たれがぐつぐつして、水分が蒸発して、少し減って来るまで煮る。
(7-2)料理紙ごと持ち上げて、たれをご飯へ掛けるか、小鉢にでも取って置くか捨てる。
 28分
(8)再び焼肉プレートで焼く

ウナギだけトングで取り出して中弱火で焼く。
 29分
(9)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 31分
(10)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 32分
ウナギ全長59cm(捌いて2日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで32分(焼き19分+たれ焼き10分+その他3分)、味は35/100点(脂度数1+美味度数2)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が普通で、中はもさっと、皮はやや硬い。スモーキーさはほとんどない。 焦げ目は味と苦味の中間的。粘膜などの焦げかすがウナギに付着しやすい。煙は少なめで良い。たれを抜いてから焼く際に、非常に焦げやすくて気を使う。 トングで頻繁に押したり、斜めにしたり、引っ繰り返したり、面倒で腕が疲れる。 完成を小鉢に残したたれに付けたところ、美味度がとても良くなって、35点から55点へ上がった。

戻る