戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
焼肉プレート

総合評価 △45点
用意するもの
焼肉プレートイワタニ 焼肉プレート(S) CB-A-YPS。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)焼肉プレートを台所など換気扇の近くに置く。
(1-2)ウナギの身が下になるように乗せる。
(1-3)中弱火で焼く。
 0分
(2)引っくり返す

皮側30秒〜1分、身側1〜2分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
 3分
(3)全体をむら無く焼く

トングでウナギを押したり斜めにして焼きむらを防ぐ。
 11分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 22分
(5)たれを塗る

(5-1)一旦火を消す。
(5-2)小鉢にたれと刷毛を入れて染み込ませる。
(5-3)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。
(5-4)中弱火〜弱火で焼く。2〜3回ほどたれを塗る。

※火を消さないと、たれがすぐに焦げて、それがウナギにまとわり付きます。
 23分
(6)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 29分
(7)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 30分
ウナギ全長64.5cm(捌いて1日間冷凍庫)の1/3(腹側)を、完成まで30分(焼き22分+たれ焼き6分+その他2分)、味は62/100点(脂度数3+美味度数3)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がやや硬く、中はもさもさ、皮は硬い。 スモーキーさは少しだけある。煙は少なめで良い。カセットコンロの周りにウナギの脂が飛び散りやすい。 焼きむらになりやすいため、トングで頻繁に押したり、斜めにしたり、引っ繰り返したり、面倒で腕が疲れる。 たれの焦げたものが、ウナギにまとわりつくことは、容易に想像できたため、火を消したり弱火に変えたりしたが、完全には避けられなかった。 そのために糖分が焦げた嫌な苦味がある。

戻る