戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
フライパン+料理紙+レンジ

総合評価 ○50点
用意するもの
料理紙を乗せる。
料理紙旭化成 クックパー クッキングシート Mサイズ 25cm×5m。
オーブンレンジレンジ(600W)機能を使用。
フライパン一般的なアルミニウム(表面加工)。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)ウナギを包む

(1-1)皿に料理紙を乗せる。
(1-2)ウナギを乗せて包む(飴包み)。
(1-3)電子レンジへ入れる。
-
(2)スイッチを入れる

600Wでスイッチを入れる。
 0分
(3)引っくり返す

2分ほどしたら、引っくり返して、再びスイッチを入れる。
 3分
(4)下蒸しが出来上がる

収縮が止まって、形が安定したら、焦げる前に取り出す。
 5分
(5)フライパンで焼く

弱火で焼く。
 7分
(6)引っくり返す

皮側1〜2分、身側3〜4分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。

※浮いて焼けない場所は、トングで押さえつけて加熱する。
 11分
(7)焼けた

電子レンジによる臭み抜きで、確り焼く必要はないが、焦げ目も味になるため、好みの加減でたれ焼き工程へ移る。
 25分
(8)たれを入れる

(8-1)火を止めてたれを入れる。
(8-2)たれのぐつぐつが止まったら弱火にする。
 26分
(9)たれを抜く

粘度の高くなったたれは、捨てるか小皿にでも取って置く。
 29分
(10)たれを抜いて焼く

表面に焦げ目を付けるため、1〜3分ほど弱火で焼く。
 30分
(11)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切る。
 33分
(12)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 34分
ウナギ全長54cm(捌いて10日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで34分(蒸し4分+焼き18分+たれ焼き6分+その他6分)、味は63/100点(脂度数3+美味度数3)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がやや硬く、中はもさもさっと、皮は硬い。 スモーキーさないが、焦げ目は香ばしい。焦げがやや強い場所は苦い。煙は少ないが蒸気やたれの臭いは出る。 たれが加熱で濃くなり、ウナギにまとわり付き、冷えると糖分で硬くなった。 電子レンジの蒸し上がりはとても臭く、この工程で5割くらいは臭みが消えている気がする。 それを水で洗えばもっと落とすことが出来ただろう。普通にフライパンで焼くと臭いが、ある程度は臭みが消えているという安心感で、焼くことが出来るのは気楽で良い。

戻る