戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
オーブンレンジ(レンジ)+耐熱皿+料理紙+蒸籠

総合評価 ×20点
用意するもの
耐熱皿電子レンジで魚が焼けると謳う耐熱食器。
料理紙旭化成 クックパー クッキングシート Mサイズ 25cm×5m。
オーブンレンジレンジ(600W)機能を使用。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
ご飯蒸籠に使う。
蒸籠bダイソー 電子レンジ調理器(温野菜用)。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)耐熱皿に料理紙を乗せる。
(1-2)ウナギを乗せて軽く包む。
(1-3)電子レンジへ入れる。
 -
(2)スイッチを入れる

600Wでスイッチを入れる。

※終始600Wを使用。
 0分
(3)引っくり返す

ウナギが焦げ付かないように、トングで時々引っくり返す。
 2分
(4)焼けた

確りは焼かない。脂が僅かにじみ出したら、蒸し工程へ移す。
 5分
(5)準備する

蒸籠に水を少し入れて、1分半ほど加熱する。
 6分
(6)蒸す

蒸籠の中子にウナギを置いて蓋をして蒸す。
 9分
(7)引っくり返す

引っくり返して様子を見る。

※あまり軟らかくはならない。
 11分
(8)たれを塗る

(8-1)蒸籠から料理紙へ戻す。
(8-2)小鉢にたれと刷毛を入れて染み込ませる。
(8-3)身側と皮側に塗って加熱する。

※たれは多めにして浸からせる。
 12分
(9)引っくり返す

2〜3回ほど引っくり返す。濃くなったら終了。
 14分
(10)完成

出来上がり。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 18分
ウナギ全長48cm(捌いて3日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで18分(焼き4分+蒸し2分+たれ焼き3分+その他9分)、 味は40/100点(脂度数3+美味度数1)ですが、食感や見た目が悪く、蒲焼として成立していなため、40-20=20点でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がやや硬く、中はもさもさと硬く、皮はやや硬い。スモーキーさはない。 煙は出ないが湯気や臭いは出る。 身の中の水分がほとんどなく、蒸しの効果はたれ焼き時に無くなった。蒸籠の中で水分が飛んでいる疑いもある。 食感は独特な癖があって、煮干しにたれを染み込ませた感じで、蒲焼と呼べるものではない。 ウナギにたれが染み込み過ぎてやや辛い。尾鰭に近いところはたれが焦げて苦い。

戻る