戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
ホットサンドメーカー+蒸す

総合評価 ◎85点
用意するもの
鍋と蓋蒸し器でも良い。ガラス蓋の方が状況が確認できて良い。
蒸し目皿鍋底から高くて水を多く入れられるものが良い。
ホットサンドメーカーリバティーコーポレーション あつあつホットクック ガス専用 ホットサンドメーカー シングル。
うなぎのたれ市販品で良い。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)鍋に蒸し目皿と水を入れて蓋をする。
(1-2)強火にして蒸気が出たら、火を消して蓋をしたままにして置く。
-
(2)ウナギを乗せる

(2-1)五徳にホットサンドメーカーを乗せる。
(2-2)ウナギの身が下になるように置く。
(2-2)蓋を閉めて弱火で焼く。
 0分
(3)引っくり返す

皮側1〜2分、身側2〜3分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
蓋を時々開いて、焼け具合を確認し、傾けたりして調整する。
 5分
(4)焼けた

確りは焼かない。脂が僅かにじみ出したら、茹で工程へ移す。
ホットサンドメーカーに残る焦げかすを洗い落として置く。
 16分
(5)蒸す

蒸し目皿にウナギを乗せ、蓋をして弱火で蒸す。
 17分
(6)引っくり返す

反対側の蒸し具合を確認するために引っくり返す。

※水が少なかったり、泡立つようならば、足し水する。
 25分
(7)蒸し上がる

ウナギをトングで軽く触って、硬い部分が無くなったら、蒸し上がりです。

※目安は15分です。
 31分
(8)たれを入れる

(8-1)ホットサンドメーカーにウナギの皮が下になるように置く。
(8-2)たれをウナギにかけるようにして入れる。
(8-3)蓋を閉めて弱火で焼く。
(8-4)蓋を時々開いて、焼け具合を確認し、何度か引っくり返す。
 32分
(9)再びたれを入れる

びたれを入れて、蓋を閉めて弱火で焼く。
 35分
(10)たれを抜く

たれを容器などへ移す。

※たれをご飯にかけない場合はシンクに捨てる。
 36分
(11)たれを抜いて焼く

表面に焦げ目を付けるため、弱火で1〜3分ほど焼きます。

※非常に焦げやすいため、15秒に1回くらいは、蓋を開けて状態を確認します。
 37分
(12)たれをご飯にかける

たれをご飯にかけて、軽く混ぜておく。
 38分
(13)完成

ご飯へ乗せて出来上がり。
 39分
ウナギ全長64cm(捌いて12日間冷凍庫)の1/4(腹側後方)を、完成まで39分(焼き16分+蒸し14分+たれ焼き7分+その他2分)、味は97/100点(脂度数4+美味度数5)でした。 小骨は口の中で探すとあるが、気になるほどではない。臭みは全く無し。 身は外側が軟らかく、中はふにゃふにゃ、皮はふにゃふにゃ。箸だけで切り分けられる。 スモーキーさはないが、たれが焼き付いた場所は、香ばしくて美味しい。 ご飯と一体となって食べられて、関東風の良い味と食感がある。煙はほとんど出ない。 とても良い焼き方だが、問題点を探すと、引っくり返す際に、たれが隙間から漏れ落ちて、五徳を汚すため、掃除が少し面倒に感じた。

戻る