戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
焼肉ロースター+焼き鳥台+竹串+蒸す

総合評価 ◎95点
用意するもの
鍋と蓋蒸し器でも良い。ガラス蓋の方が状況が確認できて良い。
蒸し目皿鍋底から高くて水を多く入れられるものが良い。
鍋へ入れる。空焚きにならないよう、時々コップなどで注ぎ足す。
まな板竹串を刺すために使う。
竹串丸串4本。
焼肉ロースターZAIGLE mini-jp01。カーボンヒーターによる無煙グリル。
焼き鳥台b16.9×12×4.5cm。110円(セリア)。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。

(1)準備する

(1-1)鍋に蒸し目皿と水を入れて蓋をする。
(1-2)強火にして蒸気が出たら、火を消して蓋をしたままにして置く。
 -
(2)串打ちする

身と皮の間に竹串(丸串)を通す。
 -
(3)ウナギを乗せる

(3-1)焼肉ロースターに焼き鳥台とウナギを乗せる。
(3-2)フード下段の温度調節ダイヤル5で焼く。
 0分
(4)引っくり返す

皮側1〜2分、身側2〜3分くらい焼く感じで、何度か引っくり返す。
確りは焼かない。脂が僅かにじみ出したら、蒸し工程へ移す。
 4分
(5)蒸す

蒸し目皿にウナギを乗せ、蓋をして弱火で蒸す。

※目安は15分です。
 9分
(6)蒸し上がる

串を軽く動かして、硬い部分が無くなったら、蒸し上がり。
 24分
(7)たれを塗る

(7-1)焼き鳥台へウナギを身が上になるように乗せる。
(7-2)容器にたれを入れ、刷毛に染み込ませる。
(7-3)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 25分
(8)串を抜く

(8-1)蒲焼を皿へ乗せる。
(8-2)串を持って時計の3時9時3時6時と回す。
(8-3)1回転が出来たら、回しながらゆっくり引き抜く。
 30分
(9)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 31分
ウナギ全長58.5cm(捌いて11日間冷凍庫)の1/4(尾側前方)を、完成まで31分(焼き8分+蒸し15分+たれ焼き5分+その他3分)、味は94/100点(脂度数4+美味度数5)でした。 小骨は口の中で探すとあるが、喉に刺さるほどではない。臭みは全く無し。 身は外側が軟らかく、中はふわじゅわっと、皮はとても軟らかく、箸だけで容易に切り分けられる。 スモーキーさはほとんどないが、たれの焦げ目とねっとりとした舌触りでとても美味しい。 煙はほとんど出ないが蒸気は出る。たれがぐつぐつと焦げたものが、焼き鳥台によって付かないのは良い。 安定していて焼きやすいが、フードが下段になため、引っ繰り返す際に狭く感じる。

戻る