戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
蓋付プレート+金串+蒸す

総合評価 ○50点
用意するもの
まな板金串を刺すために使う。
金串丸串4本。
蓋付プレートパール金属 HB-3994 ラクッキング 鉄製蓋・ハンドル付角型グリルパン25×17p(ウェーブ)。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。

(1)串打ちする

身と皮の間に金串(丸串)を通す。
 -
(2)ウナギを乗せる

(2-1)五徳に蓋付プレートを乗せる。
(2-2)ウナギの腹側を下にして乗せる。
 -
(3)焼く

蓋をして中強火で焼く。

※蓋はきっちりと閉らず、金串に乗る形になる。
 0分
(4)引っくり返す

皮側1〜2分、身側2〜3分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
 6分
(5)焼けた

確りは焼かない。脂が僅かにじみ出したら、蒸し工程へ移す。
 12分
(6)蒸す

(6-1)金串の先端をトレイ内へ入るように置く。
(6-2)水を深さ1cmほど入れて、蓋をして弱火で蒸す。
 13分
(7)引っくり返す

5〜10分に1回ほど引っくり返す。その際に水が減っていたら足す。
 20分
(8)蒸し上がる

金串を軽く動かして、軟らかくなっていたら、蒸し上がり。

※目安は15分です。
 29分
(9)たれを塗る

(9-1)茹で汁を捨てる。
(9-2)金串の先端を元の場所へ戻して強火にする。
(9-3)小鉢にたれと刷毛を入れて染み込ませる。
(9-4)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 30分
(10)串を抜く

(10-1)蒲焼を皿へ乗せる。
(10-2)串を持って時計の3時9時3時6時と回す。
(10-3)1回転が出来たら、回しながらゆっくり引き抜く。
 35分
(11)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 36分
ウナギ全長64cm(捌いて5日間冷凍庫)の1/3(前側)を、完成まで36分(焼き12分+蒸し16分+たれ焼き5分+その他3分)、味は65/100点(脂度数3+美味度数3)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が普通で、中は軟らかく、皮はとても軟らかい。箸だけで切り分けられる。 スモーキーさはない。良く言えばやさしい味で、悪く言えば味が薄い。皮が剥がれてプレートへ直接触れた場所は、パリッとして味も濃くて美味しい。 軟らかさを得るために、味を落としている。煙はたれ焼きから酷い。 蒸す際にプレートの高さが低いため、水がウナギに付きやすいのと、少し蒸しむらが出来るのは良くない。

戻る