戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
バーベキューコンロ(中)+ダッチオーブン+焼き網

総合評価 ◎95点
用意するもの
バーベキューコンロ(中)コーナン・オリジナル・バーベキューコンロ・NEIN ・4人用。
炭火一式木炭、着火剤、炭バサミ、トーチバーナー、携帯扇風機。
トング一般的な物。
ダッチオーブンニトリ19cm(商品コード:8941929)。
焼き網bシリコーン樹脂塗装など張り付き難い物。
鉄板ハンドルダッチオーブン本体や蓋を動かす。
うなぎのたれ市販品で良い。
刷毛と容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。

(1)準備する

屋外へバーベキューコンロ(中)を置き、木炭と着火剤を入れ、トーチバーナーで燃やす。 木炭を炭バサミで移動させて、携帯扇風機で風を送り、火を全体的に回す。この準備に23分ほど掛かりました。
-
(2)ウナギを乗せる

身を下にして乗せる。

「バーベキューコンロ(中)+金串+中華鍋+蒸す」で使った後の炭を利用しています。
 0分
(3)引っくり返す

皮側30〜60秒、身側1〜2秒くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
確りは焼かない。脂が僅かにじみ出したら、ダッチオーブン工程へ移す。
 3分
(4)ダッチオーブンに入れる

(4-1)ダッチオーブンに焼き網を入れる。
(4-2)ウナギの身を上にして入れて蓋をする。
 14分
(5)燻し焼く

ダッチオーブンを乗せて燻し焼く。

※火力が強いときは炭から遠ざける。
 15分
(6)引っくり返す

脂が落ちる音が大きくなったら、鉄板ハンドルで蓋を開けて引っくり返す。

※焦げ難いために0〜2回ほど引っくり返す程度で良い。
 24分
(7)燻し焼けた

脂が落ちる音がなくなり、確り中まで火が通ったら、ダッチオーブンを外す。
 32分
(8)たれを塗る

(8-1)ウナギを戻して身が上になるように乗せる。
(8-2)小鉢にたれと刷毛を入れて染み込ませる。
(8-3)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを3〜4回ほど行う。
 33分
(9)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 37分
ウナギ全長60cm(捌いて11日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで37分(焼き13分+燻し焼き17分+たれ焼き3分+その他4分)、味は98/100点(脂度数4+美味度数5)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側が硬く、中はじゅわっと、皮はパリザクで食感が良い。スモーキーさは燻製並みで、とても強くて味が濃い。 煙はダッチオーブンの本体と蓋の隙間からも漏れ出してとても酷い。 焼き網に付いたたれが非常に焦げやすく、それがウナギにまとわりつくため、頻繁に場所を変える必要があった。 少し焦げが付いたたれは、少し苦いが味として許容できる。 バーベキューコンロの網焼きは、超高温加熱によって臭みは消えないが、ダッチオーブンでじっくり焼けるため、全ての臭みが消えている。 全体的にとても良い焼き方だが、焼ける量が少ないという問題はある。

戻る