戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
ステーキ皿(中)+金串

用意するもの
ステーキ皿(中)ラージステーキプレート(ダイソー/400円)。
金串丸串5本。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は耐熱計量カップを使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)串打ちする

身と皮の間に金串(丸串)を通す。
-
(2)ウナギを乗せる

(2-1)五徳にステーキ皿を乗せる。
(2-2)ウナギの身が下になるように乗せる。
(2-3)中火〜中強火で焼く。
 0分
(3)引っくり返す

皮側1〜2分、身側2〜3分くらい焼く感じで、何度も引っくり返す。
 6分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 37分
(5)たれを塗る

(5-1)容器にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(5-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜3回ほど行う。
 38分
(6)切る

(6-1)蒲焼をまな板へ乗せる。
(6-2)串を持って時計の3時9時3時6時と回す。
(6-3)1回転が出来たら、回しながらゆっくり引き抜く。
(6-4)適当な大きさに包丁で切る。
 44分
(7)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 45分
ウナギ全長58cm(捌いて12日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで45分(焼き37分+たれ焼き6分+その他2分)、味は98/100点(脂度数4+美味度数5)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がやや硬く、中はふわっとじゅわっと、皮はパリパリで、食感が極めて良い。 スモーキーさが強く、パンチの効いた濃い味で、非常に美味しいが、その分だけ煙が酷い。 尾鰭付近が垂れたり、皮が膨らんだりすると、プレートと接触して、焦げやすくなる。 また、たれがフレートへ落ちると、ぐつぐつとした焦げが付きやすい。そうした際は串を手で持ち上げる手間があった。

戻る