戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
炉端焼き器(串)+金串+フライパン

用意するもの
フライパン一般的な物。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
炉端焼き器焼き鳥で使う家庭用機器(カセットガス式)。
金串丸串2×3本。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁下茹でを切るために使う。

(1)ウナギと水を入れる

(1-1)フライパンにウナギの身側を下にして置く。
(1-2)水を深さ2cmほど入れる。
(1-3)中火で茹でる。
 0分
(2)引っくり返す

(2-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(2-2)2〜3分に1回ほど引っくり返す。
 3分
(3)下茹でが出来上がる

(3-1)まな板に乗せて、5〜7cm幅に切る。
(3-2)身の中心に金串(丸串)を2本通す。
 16分
(4)炉端焼き器(串)で焼く

炉端焼き器(串)にウナギを置き、強火で焼く。
 19分
(5)引っくり返す

1〜2分に1回くらい引っくり返す。
 21分
(6)焼き具合を調整

(6-1)身が薄い、脂が多い部位は、早く焼けるため、熱の弱い場所へ移動させる。
(6-2)下茹でによる臭み抜きで、確り焼く必要はないが、焦げ目も味になるため、好みの加減でたれ焼き工程へ移る。
 31分
(7)たれを塗る

(7-1)小鉢にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(7-2)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを2〜4回ほど行う。
 36分
(8)串を抜く

(8-1)串を持って時計の3時9時3時6時と回す。
(8-2)1回転が出来たら、回しながらゆっくり引き抜く。
 40分
(9)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 41分
ウナギ全長57cm(捌いて4日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで41分(茹で16分+焼き17分+たれ焼き4分+その他4分)、味は75/100点(脂度数3+美味度数4)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がサクッ、中はふわっと、皮は硬くてザクザクの食感。 スモーキーさはある。たれがはじきやすく、ロスが大きいのと、焼き付きにくいため、味がやや薄い。 煙は出るが酷くはない。脂が落ちると火が出るため注意が必要。3つに切って焼いたのは、焼き具合を調整しやすく、複数人で串焼きをする際に、楽しめて良いと思われる。

戻る