戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
インスタントコンロ+雪平鍋

用意するもの
雪平鍋アルミ製の一般的な物。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
ジッパー袋フリーザーバッグ。
インスタントコンロ使い捨ての豆炭グリル(ダイソー/300円)。
うなぎのたれ市販品で良い。
小皿たれを付けるためなどに使う。

(1)ウナギと水を入れる

(1-1)雪平鍋に水1/3程度とウナギを入れる。
(1-2)中火で茹でる。
 0分
(2)引っくり返す

ウナギが反り返らないよう、形が安定するまで、トングで何度か引っくり返す。
 4分
(3)下茹でが出来上がる

雪平鍋からウナギだけを取り出し、皿などに乗せて置く。
 12分
(4)冷凍保存する

10分ほど冷ましたら、ジッパー袋へ入れて、冷凍庫で保存する。

※2日半ほど冷凍保存しましたが、冷凍することなく焼き工程へ移るのも良いです。
 22分
(5)準備する

屋外へインスタントコンロを置き、ライターで火を点ける。
熾火になるまで29分ほど掛かりました。

※風で火が暴れるため、近付き過ぎず、消火用水を準備し、見守り続けるしかありません。
-
(6)ウナギを乗せる

身を下にして乗せる。
 0分
(7)引っくり返す

網に張り付き易いため、トングで持ち上げたり、少し移動させたり、引っくり返したりする。
 5分
(8)焼き具合を調整

尾鰭に近い場所は、薄くて早く焼けるため、熾火から遠ざける。
 21分
(9)たれを付ける

(9-1)小皿にたれを入れる。
(9-2)ウナギを入れて、何度か引っ繰り返して、たれを全体に付ける。
(9-3)ウナギを焼き網へ戻す。
(9-4)それを2〜3回ほど繰り返す。
 24分
(10)完成

出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 31分
ウナギ全長65cmの半分(腹側)を、完成まで22分(茹で12分+その他10分)+2日半(冷凍)+31分(焼き24分+たれ焼き5分)、味は94/100点(脂度数4+美味度数5)でした。 小骨は気にならず。臭みは全く無し。身は外側がザクッ、中はじゅわっと、皮は硬くてザクザクの食感。 ウナギの香りは残り、スモーキーさは強い。 火力が徐々に弱くなり、たれ焼きの工程では、ウナギになかなか焼き付かず、網に付いた焦げたたれが、まとわりついてしまった。 その焦げたたれは、良くない苦味を出し、全体的に味を落としていた。美味しいがそこだけが惜しい。 煙は焼き始めから、狼煙レベルで立ち上り、火災通報されるのではないかと心配だった。 鼻は煤で変になり、目は痛くなり、全身が燻されて、臭いが取れないため、風呂へ入った。 焼き網が張り付きやすく、身崩れや皮の剥がれに、とても気を遣う。 この方法は自宅でウナギを下茹でして、予め臭みを消しを済ませて、冷凍保存しておくことで、確り焼いたり蒸す必要がなくなる。 そのため屋外でバーベキューする際に冷凍状態で持って行き、焼きの技術が無い人が適当に焼いても、臭くない蒲焼を作ることができる。

戻る