100均で簡易な撮影





はじめに

「同定できる写真撮影」ではアクリルケースを作るというハードルがあり、 誰でも手軽には始められませんでした。ここでは100均商品を代用し、簡易な撮影方法を模索しました。 100均でポリスチレンケース+下敷き+ハサミ+ライト+乾電池=550円を買えば揃います。 但し、アクリルケースとポリスチレンケースは、一見すると透明な入れ物で同じに見えますが、細かい部分は全くの別物です。 透明度(全光線透過率)はアクリサンデーを引用しました。

アクリル vs. ポリスチレン

No.
方法
自作アクリルケース
(N-1000)

おさかな観察ケース

魚観察用ケース

スリムシュガーポット
材質 ◎アクリル ◎アクリル △ポリスチレン △ポリスチレン
透明度 ◎非常に高い(ガラス以上) ◎非常に高い ○高い ○高い
◎傷付きにくい ◎傷付きにくい ×傷付きやすい ×傷付きやすい
青み ◎ない(無色) ○弱い ×強い ○弱い
隅のゆがみ ◎ない ◎ない ◎ない ◎ない
たわみ ◎ない △上部がたわむ △上部がたわむ ◎ない
魚の取り出し ◎簡単 ×手が入らない ○狭いが取り出せる ×手が入らない
魚の位置固定 ◎簡単 ○幅が狭いので可能 ×出来ない ×出来ない
価格 △約1500円(原材料費) ×2139円 ◎110円(セリア) ◎110円(セリア)
総合評価 ◎90点 ○65点 △40点 △40点
No.
方法
アリ観察ケース

魚観察用ケース
ロングサイズ

SKキッチンポット
(スリム、2色アソート)

クリアシンプルケース
ペンスタンド
材質 △ポリスチレン △ポリスチレン △ポリスチレン △ポリスチレン
透明度 ○高い ○高い ○高い ○高い
×傷付きやすい ×傷付きやすい ×傷付きやすい ×傷付きやすい
青み △ある ×強い △ある △ある
隅のゆがみ △少しゆがむ ◎ない △少しゆがむ ◎ない
たわみ ◎ない △上部がたわむ ◎ない ◎ない
魚の取り出し ×手が入らない ○狭いが取り出せる ×手が入らない ○狭いが取り出せる
魚の位置固定 ○幅が狭いので可能 ×出来ない ×出来ない ×出来ない
価格 ◎110円(セリア) ◎110円(セリア) ◎110円(ダイソー) ◎110円(ワッツ)
総合評価 △35点 △35点 △30点 ×25点
No. 10 11
方法
クリアクラフトケース
ペンスタンド

クリアケース
トール

飼育ケース
材質 △ポリスチレン △ポリスチレン △ポリスチレン
透明度 ○高い ○高い ○高い
×傷付きやすい ×傷付きやすい ×傷付きやすい
青み ×強い △ある ◎ない(無色)
隅のゆがみ ◎ない ◎ない ×強くゆがむ
たわみ ◎ない ◎ない ◎ない
魚の取り出し ○狭いが取り出せる ○狭いが取り出せる ◎簡単
魚の位置固定 ×出来ない ×出来ない ×出来ない
価格 ◎110円(セリア) ◎110円(ワッツ) ◎110円(セリア)
総合評価 ×25点 ×25点 ×20点
自作アクリルケースは観察・撮影用に優れていますが、作る手間と時間が掛かって約1500円と高価です。 市販品アクリルケースは買えば済みますが、2000〜7000円とより高価です。 100均のポリスチレンケースは、入手が容易で安価なため、雑に扱えるという大きなメリットがあります。 なお、100均でアクリルケースは売られておらず、1500円以下の観察ケースのほとんどはポリスチレンケースです。

●青みが気になる
同じミナミメダカを撮影しました。 魚観察用ケース(仕切り板)は青み掛かって、自然な色が失われて、やや暗くなっています。 ポリスチレンケースは観察用としてはおすすめしますが、 後に同定や記録を残すために使う、撮影用としてはおすすめできません。 雑に使うポリスチレンケース、確り撮影するアクリルケース、という使い分けが良いと思います。


仕切り板を作ろう


魚観察用ケースへ小さな魚を入れると、奥行きが広いために、動き回ってピントが合わなかったり、 魚の横から撮影したい場合に、手前で固定させるのは難しいです。 そうした場合に仕切り板があると便利です。 作り方はとても簡単で、透明の下敷き(セリア)をハサミで切って、合うように微調整するだけです。 横133mmと縦74mmだけは気にして、後は適当でも問題ありません。 飛び出した部分はペンチや手で折ると、ライトを乗せる際に邪魔になりません。

●仕切り板いろいろ
スリムシュガーポットは蓋が出来るように、自立するものを作りました。 蓋をすることに拘らない場合は、魚観察用ケースと同じような仕切り板の方が便利です。 他のポリスチレンケースも同様に、透明の下敷きをハサミで切れば、色々な仕切り板が作れます。 半透明(表記は透明)の下敷き(ダイソー)は少し曇った感じの写真になります。 仕切り板はアクリルケースでも使えます。



●アリ観察ケースは仕切り板が不要
仕切り板を作ることが面倒な場合は、アリ観察ケースがおすすめです。奥行きが狭いために、タナゴ類や幼魚などの撮影に向いています。 体をくねらせることの多い、スナヤツメ・ドジョウ・ギンポ・ミミズハゼ類なども、強制的に真っすぐになるため、全身を横から撮る際に都合が良いです。 但し、狭いために魚を入れ難くて、脚が少し不安定で強い風で倒れます。一長一短があるために使い分けも良いと思います。


ライトを使おう

夜に観察や撮影する際は、ポリスチレンケースの上から、白色の強いライトを当てれば可能です。 100均のCOBタッチライト(ホワイト)は、小さくて光量は十分で、ポリスチレンケースへ乗せると、安定性があって良いです。 問題は電池交換にネジを使っていることで、少し不便を感じますが、それ以外は満足できるライトです。

●ライトいろいろ
100均のCOB型LEDタッチライトは、 COBタッチライト(ホワイト)よりも少し大きく、乗せると斜めになりますが、光量がやや強くて、電池交換にネジを使いません。 問題は簡単にスイッチが切り替わることですが、結束バンド1本でロックが出来ます。


保管する


ポリスチレンケースはバッグや道具箱へそのまま入れると、細かい擦り傷がたくさん出来て、撮影用ケースとしては使えなくなります。 布などに包んだり、密閉性の高い袋へ入れると、雑菌臭が発生しやすいです。 そこで梱包用緩衝シート袋へ入れて、確りと閉めずに入れると、多少の水滴くらいでは、雑菌臭も発生せずに、数日で乾燥するためにおすすめです。