写真掲示板 [日淡会]
2024年01月 過去記事



特定外来 / 西村

2024年1月26日夜は愛知県で採集しました。
いつものカワニナ採集のついでに魚も狙いました。
1〜4箇所目はカワニナ採集、5箇所目はゴクラクハゼが捕れました。

2024/01/27(土)20:56 No.10033 
Re: 特定外来 / 西村
中層はブルーギルばかり。

2024/01/27(土)20:56 No.10034
Re: 特定外来 / 西村
上層はカダヤシばかりで、かなり病んでいる場所でした。

2024/01/27(土)20:56 No.10035
Re: 特定外来 / 西村
6箇所目でトウカイヨシノボリが捕れました。交雑していなさそうで格好の良い雄です。
7箇所目はモツゴとヌマチチブを目撃。カワニナも魚も成果無しでした…。

2024/01/27(土)20:56 No.10036
Re: 特定外来 / 西村
2024年1月28日昼は濃尾平野で撮影と採集しました。
1箇所目は19日夜にmaikyさんとデメモロコ濃尾型を捕った場所。
カメラ8台ぶっこみ。その間に近くで採集。たも網一掬いの結果です。
フナ類(ギンブナ?)、モツゴ、カワバタモロコです。

2024/01/28(日)21:02 No.10038
Re: 特定外来 / 西村
上から見て濁って大型魚が多かったので、予想はしていましたが、デメモロコ濃尾型は映っておらず。
コイ導入型とゲンゴロウブナが行ったり来たりする映像ばかりでした。

2024/01/28(日)21:02 No.10039
Re: 特定外来 / 西村
2箇所目は撮影したい場所に、同時に子供たちが釣りに来たので、別の少し濁った場所へカメラぶっこみ。
ここも予想通りでナイルティラピア成魚、ミシシッピーアカミミガメ、カワウが泥を巻き上げるので、
ほぼ濁った水中映像で、魚はまともに映っていませんでした。左画像の白っぽいものはカダヤシです。

2024/01/28(日)21:02 No.10040
初めて投稿します / よう

知多半島北部の公園内の池で見つけました。
ヨシノボリ類だと思うのですが、お力をお貸し頂けませんでしょうか。

2024/01/27(土)00:07 No.10030 
Re: 初めて投稿します / 西村
クロダハゼ類(トウヨシノボリ型)だと思います。
この類は分類学的な整理が途上にあって、すっきりした表記が出来ません。
かつてトウヨシノボリと一括りにされていたものの1つです。
2024/01/27(土)10:02 No.10031
Re: 初めて投稿します / よう
ありがとうございます!
2024/01/27(土)13:14 No.10032
ウキゴリでしょうか? / まる

はじめて投稿します

子供はウキゴリだと言い張ってますがウキゴリであってますか?

他のウキゴリはプカプカ浮いてますが、こいつだけ浮いてるところを見たことがありません
浮かないウキゴリもいますか?

宜しくお願いいたしますm(_ _)m

2024/01/26(金)02:44 No.10028 
Re: ウキゴリでしょうか? / 西村
スミウキゴリだと思います。
第一背鰭後部の白黒斑 https://tansuigyo.net/a/link7-12.html が、
ウキゴリは白黒斑が両方あります。この個体は白斑のみです。
小さい個体ほど浮く傾向はあると思います。この個体は成魚です。
ちなみに、右で見切れているのは、おそらくゴクラクハゼではないかなぁ…。
2024/01/26(金)07:40 No.10029
Re: ウキゴリでしょうか? / まる
詳しい説明ありがとうございますm(_ _)m
確かに浮いているのはこの個体より小さいのばかりです。
お礼遅くなりすみませんでした
2024/01/28(日)09:38 No.10037
モロコの同定依頼 / 名無し

福島で取りました
これはタモロコでしょうか、ホンモロコでしょうか
本来ならホンモロコは福島にいないはずですが、同じ場所でハスを釣ったという報告があったのでもしかしてと思い質問しました
よろしくお願いします

2024/01/25(木)14:55 No.10024 
Re: モロコの同定依頼 / 名無し
画質があまり良くなくて申し訳ありません
もう1枚の画像です

2024/01/25(木)17:19 No.10025
Re: モロコの同定依頼 / 西村
タモロコとホンモロコは https://tansuigyo.net/a/link7-3.html にも記してますが、
口髭と瞳孔径の比較は確認したいところです。写真からは口髭の長さがわかりませんでした。
吻がやや尖って側線下方の暗色線が1本などから、どちらかというとホンモロコの方に傾きます。
ただ、養殖されているホンモロコとされているものの多くは、ホンモロコ×タモロコのようで、
福島県で養殖個体が逸出したのであれば、ホンモロコ×タモロコの疑いが強いです。
ちなみに、ホンモロコ、タモロコ、ホンモロコ×タモロコの何れも福島県では移入です。
2024/01/25(木)19:21 No.10026
Re: モロコの同定依頼 / 名無し
〉西村さん
ありがとうございます
やはり、口が尖っていてホンモロコの感じが強いですよね
釣ったときは口はモツゴみたいなのに模様はタモロコで不思議な感じでしたが、ホンモロコという種類がいることを知って腑に落ちました
仮にホンモロコか雑種だったら、鮎の放流を同じ水系でやっているので、それに混じって入ってきたのかもしれません(ハスも同様に)
2024/01/25(木)21:54 No.10027
下北のドジョウ類 / Sato

下北半島にて、エゾホトケドジョウとヒガシシマドジョウを捕りました。

東北地方のヒガシシマは大型化し易いとの記事を見たことがありますが、未だに5cm前後の個体にしか出会えてません。

2024/01/23(火)15:46 No.10020 
Re: 下北のドジョウ類 / Sato
エゾホトケ

2024/01/23(火)15:47 No.10021
Re: 下北のドジョウ類 / 西村
この時期に下北半島の積雪の中で採集とはSatoさん猛者ですね。
シマ種群と比較して、関東のヒガシは小さめで、東北など他は普通ということかも。
2024/01/23(火)18:24 No.10022
Re: 下北のドジョウ類 / Sato
寒かったので今期の採集はもうやめます。

採集地が側溝や小河川ばかりだったので、そもそも幼魚しかいなかったのかもしれないですね。
2024/01/23(火)22:01 No.10023
オオシマドジョウ? / コウライオヤニラミ

大阪府で捕りました
オオシマドジョウでしょうか?

2024/01/21(日)20:21 No.10012 
Re: オオシマドジョウ? / 西村
オオシマドジョウで合っていると思います。
ニシシマ(2倍体)とオオシマ(4倍体)の識別は、分布が一番の根拠になっていると思っています。
斑紋等での正判別率はやや低く、両者は交雑するようですし、シマドジョウ種群で良いと思っています。
ただ、それでは気持ち的にすっきりしないため、分布に重きを置いて大阪府であれば、オオシマということにしているのが現状です。
2024/01/22(月)06:54 No.10014
Re: オオシマドジョウ? / コウライオヤニラミ
返信遅くなりすいません
同定ありがとうございます
2024/01/22(月)20:21 No.10016
アブラハヤ? / 望月ケンジ

神奈川県の沢で見かけた幼魚です。
アブラハヤでしょうか?
この大きさではタカハヤとの区別は難しいですか?
(ヤマメなど放流されているようです)

2024/01/21(日)18:04 No.10011 
Re: アブラハヤ? / 西村
アブラハヤとタカハヤは成魚でも難しい場合もありますが、この個体は幼魚で少し痩せているためにより難しいです。
側線上方横列鱗数は数えられませんでした。尾柄高はやや斜めに写って、痩せもあるために難しいです。
尾鰭の切れ込みはややピントが合っていないのと、両葉の後縁がちぎれたのか生育不足で、丸くなってより分かり難くなっています。
尾鰭の暗色斑は微妙にあり、体側縦帯は不明瞭の2つだけが、傾向的な特徴として使えるかなと思います。
他の写真はないでしょうか。現状だとタカハヤだろうなぁという感じです。
2024/01/22(月)06:43 No.10013
Re: アブラハヤ? / 望月ケンジ
ありがとうございます。やはり難しいのですね。
写真はこれしかありません。枯葉の陰に見え隠れするのを上から撮っていたので…。
アブラハヤは子供のころ見たきりなので、改めて見たいのですが縁がありません。暖かくなったらまた探してみようと思います。
2024/01/22(月)08:30 No.10015
Re: アブラハヤ? / 西村
私も望月ケンジさんと違って、下手ながら水中撮影しますが、動く魚は難しいですよね。
静岡県や神奈川県あたりだと、ぜひヤマナカハヤの撮影も狙って欲しいですね。
アブラハヤと識別できる自信は無いですが…。
2024/01/23(火)06:54 No.10018
純系のデメ濃尾 / 西村

2024年1月19日夜〜20日未明は愛知県尾張地区でmaikyさんと採集しました。
あじ丸くんのご投稿(No.9986)に刺激を受けて状況の確認へ行きました。
1箇所目、未知場所、空振り。2〜3箇所目、maikyさん既知場所、空振り。
4箇所目、未知場所、空振り。5箇所目、未知場所、やったぁ!捕れた!
尾張地区でデメモロコ濃尾型を捕ったのは2019年以来かもしれない。
私が1匹、maikyさんが2匹を、サクッと捕ったところで、この場所は温存させました。

2024/01/21(日)07:02 No.10007 
Re: 純系のデメ濃尾 / 西村
6〜7箇所目、未知場所、空振り。8〜9箇所目、西村既知場所、空振り。
10箇所目、maikyさん既知場所、空振り。11箇所目、西村既知場所、1匹捕れた!
ここ数年はトウカイヨシノボリは姿を消し、ビワ、シマヒレ、トウなどとの交雑ぽい個体ばかりでしたが、
これはトウカイで良いと思います。カワバタやデメ濃尾もいて昔の状況だ。どういうことだぁ。
12箇所目、西村既知(あじ丸くんがNo.9986で捕った)場所、全く捕れない。これもどういうことだぁ。
1回も捕れた記録(1996年5月2日〜1999年9月25日の22回)と記憶(その後何十回)のないカマツカが捕れました。
あじ丸くんが捕ったデメ濃尾は風前の灯火だったのだろうか。13箇所目、西村既知の近く、空振り。
他に既知2箇所と情報2箇所があり、今回の採集で気になった未知場所もあるため、また確認に行きたいと思います。
maikyさんお疲れ様でした。やっぱり2人で行くと引き当てますね。楽しかったです。

昨年11月(No.9792)にも記しましたが、デメ濃尾はデメ琵琶の放流によって、一部で交雑していると思われます。
濃尾平野(d地域) https://tansuigyo.net/a_a/gao/T20090730200753.jpg
濃尾平野(e地域) https://tansuigyo.net/a/cb/n-652.jpg
長良川水系 https://tansuigyo.net/a/cb/n-1320.jpg
これら3つは残念ながら純粋なデメ濃尾ではないと思っています。単純言うとデメ濃尾よりもやや大型になります。
今回再び採集することが出来た尾張地区は、濃尾平野(a地域)として計測し、デメ琵琶とは異なるという結論に至っています。
Xで検索するとデメ濃尾とされているものは交雑個体が多い印象です。デメ濃尾とデメ琵琶に生殖隔離はないことが、
図らずも証明されていますが、おそらくデメ濃尾は未記載種ではないかと思っています。
デメ濃尾が新種記載される前に、全ての地域が交雑集団になってしまわないか、ちょっと心配しています。

2024/01/21(日)07:02 No.10008
Re: 純系のデメ濃尾 / maiky
おはようございます。
西村さん、お世話になりました。
特大の結果が出て楽しい採集となりました。
ありがとうございます。
西村さんのセンスで探り当てた場所でしたね。
場所探しは奥が深い。全然調べてないと痛感
しました。トウカイも見れて最高でした。

2024/01/21(日)07:32 No.10009
Re: 純系のデメ濃尾 / 西村
maikyさん。早速のコメントありがとうございます。
私だけでは無理でした。maikyさんの導きがあってこその特大の結果でした。
No.10008と昔の状況の違いは、ナガラシズクムシ(長良ミクソボルス)に侵されている、
トウカイヨシノボリ(当時はウシヨシノボリ)がいたことでしょうね。
おそらく外来の寄生虫で、これがどこまで魚へ悪影響になるか、こちらも心配です。

2024/01/21(日)08:27 No.10010
Re: 純系のデメ濃尾 / あじ丸
お疲れ様です。あじ丸です。遅ればせながらお邪魔します。

結構ポイント回られたのですね。20年前に比べれば減ったかもしれませんが、5年前に比べて復活してくれているのなら嬉しいですよね。
僕はよそ者ですから、濃尾平野に昔から親しまれた方からしたら喜びも一際大きいんだなと思います。
交雑問題もこれから検証されていくと思いますが、形態からわかる人が増えればそれだけ発見が早くなりますよね。そうした活躍ができるように、僕も魚を見る目を鍛えたいと思いました。
2024/01/23(火)02:07 No.10017
Re: 純系のデメ濃尾 / 西村
あじ丸くん。コメントありがとうございます。
既知の場所は残念ながら確認できなかったけど、お陰様であじ丸くんからの情報がきっかけで、
新たな生息地を発見できました。ただ、多産する主生息地はまだ見つけられていないので今春にも。
交雑は2003年8月5日にデメモロコ濃尾型のページ https://tansuigyo.net/a/link71.html を作った時、
■濃尾平野(d地域)と■濃尾平野(e地域)に記しています。当時は信じられていなかったと思うけど…。
2024/01/23(火)07:04 No.10019
ハマグリとり / あじ丸

お疲れ様です。あじ丸です。
土曜日、西村さん、maikyさんと採集させていただきました。
1箇所目、俗にいうゴマ入りのフナ類と、オイカワ、ゴクラクハゼが取れました。
目的の魚は獲れませんでしたが、意外とおもしろい小場所は適当に探しても見つかるものですね。

2024/01/15(月)21:59 No.10002 
Re: ハマグリとり / あじ丸
2箇所目、某海岸にてハマグリ探し。
僕も含め満足できる量が獲れました。
まともにハマグリ獲ったのは今回が初めてでした。大変にエキサイティングな採集でした。
引越ししたくないです笑。

2024/01/15(月)22:01 No.10003
Re: ハマグリとり / あじ丸
最後に色々有意義なお話が聞けてよかったです。
西村さん、maikyさん、この度はありがとうございました。
ハマグリ、とっても美味しかったです。久々のコハク酸が身にしみわたりました。幸せです。

2024/01/15(月)22:06 No.10004
Re: ハマグリとり / 西村
2024年1月13日夜〜14日未明は三重県でmaikyさんあじ丸くん西村で採集しました。
1箇所目(maikyさんと西村だけが採集)は淡水域なのにアベハゼが捕れて驚きました。
2箇所目はあじ丸が投稿してくれた1箇所目の結果です。3箇所目はハマグリ捕りなので日淡こぼれ話に。
ハマグリ捕りは貝類で海水なので、この掲示板はちょっと板違いで、おこぼれ掲示板のネタですね。
maikyさんあじ丸くんお疲れ様でした。寒かったですがとても楽しかったです。

2024/01/16(火)07:10 No.10005
Re: ハマグリとり / maiky
こんにちは。
西村さん、あじ丸さんお世話になりました。
お二人のお魚談義が高尚で全くついていけませんでしたが楽しかったです。
また宜しくお願いします。
2024/01/16(火)13:27 No.10006
極寒の猪苗代タナゴ釣り / 名無し(旧名:初投稿です)

こんばんは
本日は猪苗代湖近辺の用水路で釣りをしました
全く魚の気配がなかったので、湖に降ってしまったのかと思ってましたが、探してみたら群れで固まってるポイントがありました
真冬にタナゴ釣りができるのは、関東とかだけだと思ってたので、猪苗代でも釣れるとわかったのは大きな収穫でした
ヤリタナゴ以外には寒バエとウグイがかかりました

2024/01/14(日)18:17 No.9998 
Re: 極寒の猪苗代タナゴ釣り / 名無し(旧名:初投稿です)
すみません、ハンドルネームを了承なく変えてしまって申し訳ありませんでした
2024/01/14(日)18:21 No.9999
Re: 極寒の猪苗代タナゴ釣り / 西村
水温の高めの湧水や温排水などの水域は、真冬でも割と摂食するために釣れますね。
ハンドルネームは注釈があれば了承は不要です。昔は使い分けて荒らす人がいたので利用規約に記しました。
2024/01/14(日)23:56 No.10000
Re: 極寒の猪苗代タナゴ釣り / 名無し
〉西村さん
冬場は他県に遠征してましたが、冬でも釣れることがわかったのでしなくて良さそうです
ハンドルネームについてはわかりました
2024/01/15(月)07:50 No.10001
シマドジョウ同定依頼 / あじ丸

お疲れ様です。あじ丸です。
静岡県西部で採れたシマドジョウ類なのですが、これはトウカイコガタスジシマドジョウでしょうか?
ヒゲは短い(眼径と同じくらい):トウカイコガタ寄り、しかし尾柄部の斑は上だけ濃い:ニシシマ寄り
骨質盤は、あまりないように見えるのでメスだと思います。

2024/01/11(木)22:57 No.9992 
Re: シマドジョウ同定依頼 / あじ丸
一応、俯瞰画像です。
よろしくお願いします。

2024/01/11(木)22:58 No.9993
Re: シマドジョウ同定依頼 / 西村
骨質盤はあるように見えます。俯瞰画像のピントがやや甘くて見辛いが、どちらかというとトウスジ寄り。
尾柄部の斑は上だけ濃いようにも見えますが、下にも僅かに小さい斑が薄くあります。
静岡県西部のニシシマだと上がより大きくて濃く、下は小さい場合が多い印象です。
筋節数PMNはおそらく11-12くらいです。ニシシマよりも少ないです。よってトウスジで合っていると思います。
2024/01/12(金)00:33 No.9995
Re: シマドジョウ同定依頼 / JFish
あじ丸さん、こんにちは。
私は、トウスジの同定だけは、かなり観ていますので、私もコメントせずにはいられなく...
たしかに、西村さんのコメントされているとおり、トウスジよりの外観ですね、ニシシマの雰囲気ではない感じがあります。
2024/01/12(金)06:04 No.9996
Re: シマドジョウ同定依頼 / あじ丸
西村さん JFishさん
御指南ありがとうございます。
骨質盤見えなかったので、もっといい写真撮れるようにします。TG6なのですが・・・
トウカイコガタは小さい個体ばかり見てきたので、ニシシマと遜色ないサイズのメスが獲れると誤同定が誘発されるのでしょうね。
筋節数は確かに12くらいになりました。
この度はどうもありがとうございました!
2024/01/13(土)02:57 No.9997
タナゴの同定依頼 / 初投稿です

東北で昨年釣りました
これは何タナゴでしょうか?
恐らくヤリの気がします
よろしくお願いします

2024/01/09(火)13:53 No.9988 
Re: タナゴの同定依頼 / 西村
ヤリの背鰭分岐軟条数は7-10本ですが、この個体は13本くらいあるように見えます。
カネヒラだと思います。東北でも移入で増えているようです。
2024/01/09(火)19:36 No.9990
Re: タナゴの同定依頼 / 初投稿です
〉西村さん
ありがとうございます
ちなみに釣ったのは猪苗代です
ヤリかカネヒラかキタアカのどれかかと思っていましたが、見分けがつかず困っていました
2024/01/09(火)20:01 No.9991
驚愕 / あじ丸

お疲れ様です。あじ丸です。
少し遠出をしたので成果はります。
トウカイナガレホトケドジョウが獲れました。かなり個体数は多かったです。

2024/01/08(月)22:59 No.9983 
Re: 驚愕 / あじ丸
ホトケドジョウです。先ほどのトウカイナガレとはかなり離れた地点で、同行者に教えていただいたポイントでの成果です。
こちらも沢山いました。が、基幹生息地が破壊されていたため、これまで通り消えていくのだと思います。
開発は大事ですが、災害対策関連ではなさそうだったので、もう少し配慮して欲しかったです。この辺のバランス感覚は難しいですね。

2024/01/08(月)23:04 No.9984
Re: 驚愕 / あじ丸
最後は濃尾平野某所。
カワバタモロコが獲れそうな水路を適当にピックアップ。網を入れたら、カワバタモロコがちらほら。

2024/01/08(月)23:09 No.9985
Re: 驚愕 / あじ丸
結構カワバタいるということで自分もいざ入水しようと思ったとき、同行者が「これイトモロコですか?」と。
泥水路環境にイトモロコはいないはずなので、たぶん、コウライモロコ的なスゴモロコ属だろうと思ったのですが、見せて貰ったらまさかのデメモロコ。おそらく濃尾平野在来のデメモロコだと思います。
衝撃のあまり、脳内で雷鳴が・・・
昔、野球で長打打ったら視界が真っ白になったときみたいな感じになりました(笑)。

2024/01/08(月)23:12 No.9986
Re: 驚愕 / 西村
あじ丸くん報告ありがとう。トウカイナガレは個体数が多くて良いねぇ。嶺北集団とは大違いだ。
濃尾平野某所の濃尾デメは、あじ丸くんから投稿前に教えてもらっていたのですが、
私が1996年から何十回も採集し、2019年から捕れなくなった場所だと思わなくて、こちらも衝撃でした。
近いうちに確認へ行きます。復活する要素がないので、放流とかではなければ良いのだけど…。
2024/01/09(火)19:33 No.9989
Re: 驚愕 / あじ丸
西村さん

嶺北ナガレは自分が行っても獲る自信はないですね(笑)
デメモロコ自然復活だとうれしいですね
2024/01/11(木)23:16 No.9994
深手 / 西村

2024年1月6日夜〜7日未明は三重県南部で採集しました。
1箇所目、昨年にRKさんとゴンズイを見た場所。ゴンズイはおらず。
チチブモドキがいました。塩分は12〜15‰くらいです。

2024/01/08(月)07:05 No.9975 
Re: 深手 / 西村
ゴマハゼです。三重県南部は冬場もいるのに北中部で見ないのは不思議。
撮影中に足が滑って、岩に右手を突いたところに、カキがあって深手を負う。
キズパワーパッドを貼っても血があふれる。この先に2本潜るので不安…。

2024/01/08(月)07:06 No.9976
Re: 深手 / 西村
2箇所目、ボラ、ガンテンイシヨウジ、クロホシマンジュウダイが捕れました。
1月の川で捕れる魚ではないような。暖冬で水温が高いのかなぁ。
何を捕っているのですかと、横浜から車で日本一周されている方に、話しかけられましたが、
石川県は半年から1年は通れないだろうから、どうしようか困っていると話されていました。
それもノーマルタイヤで行く気だったようです。絶対ダメ。三重県南部ですら雪降るのに。

2024/01/08(月)07:06 No.9977
Re: 深手 / 西村
3箇所目、ヒメハゼ属の一種でもいないかなと、砂利だらけの場所で僅かにある砂泥を底引きしていると、
おおっ砂泥の広いところあるなぁと、近付いたらどでかいアカエイが鎮座。すぐ直角に向きを変えて岸へ避難。
ここは地雷原だと思って、上流の淡水の影響が強い、アカエイのいなさそうな場所へ。ボウズハゼが捕れました。

2024/01/08(月)07:06 No.9978
Re: 深手 / 西村
2箇所目もボラに混じって、ユゴイかオオクチユゴイがいたのですが、秋によく見られる個体よりも少し大きく、
動きが素早くなっているので捕れず。ここにもいたので粘って捕りました。撮影していたらふらふらしていたので、
おそらく川よりも外気温が低いからでしょう。そもそも三重県で1月に生きていること自体が普通ではない。

2024/01/08(月)07:06 No.9979
Re: 深手 / 西村
4箇所目、汽水域、ドライスーツ、21:42〜22:49(1時間7分間)、925m歩いて行き、1360m泳ぎ、46m歩いて戻りました。
寒さの問題は無かったですが、ここでもアカエイを2匹目撃して焦りました。ウナギはメソプラスを3匹捕り、メソを4〜5匹目撃。
新年早々から一部で話題の、ヒメハゼ属の一種 Favonigobius sp. sensu Matsui et al. (2014) を見たのですが、
カメラをやや向きにしてしまったのと、小さ過ぎるのと、ライトのハレーションで、まともに映っていませんでした。
アンクルウエイトは汽水だと、0.5kg×2では足りずに、浮いてしまいました。次は1kg×2で潜ろうと思います。

2024/01/08(月)07:06 No.9980
Re: 深手 / 西村
5箇所目、淡水域、ドライスーツ、23:58〜00:31(33分間)、154m歩いて行き、389m泳ぎ、47m歩いて戻りました。
ウナギは10匹ほど見ましたが、序盤でやすの先が丸くなり、突いても刺さらずに逃げられるの繰り返しで、
51cmは捕れましたが悔しかったです。動画 https://youtu.be/-nCJdbsGpQM

今回はアカエイ、ニホンウナギ、カワムツ、オイカワ、ゴンズイ、ガンテンイシヨウジ、ボラ、セスジボラ、マゴチ、
スズキ、ゴマフエダイ、クロホシフエダイ、クロサギ、セダカダイミョウサギ、クロダイ、キチヌ、シロギス、シマイサキ、
オオクチユゴイ、メジナ、カワアナゴ、チチブモドキ、ウロハゼ、クモハゼ、ヒメハゼ属の一種4、ツマグロスジハゼ、
ミナミヒメミミズハゼ、ビリンゴ、スミウキゴリ、マハゼ、ゴマハゼ、ゴクラクハゼ、シマヨシノボリ(九州以北集団)、
ヌマチチブ、ボウズハゼ、クロホシマンジュウダイ、オニカマス、クサフグなどを採集や目撃できました。

2024/01/08(月)07:07 No.9981
厄落とし / 西村

2024年1月2日は濃尾平野で素潜りしました。採集始めです。
本当は三重県南部でうな潜りのつもりでしたが、日本が連続厄日の状況から気持ちが滅入り、
あえて運試し的な意味も込め、昨年2月25日に川の流れが速く、無理して入ったら死ぬと思って、
唯一諦めたところへ行きました。先月もmaikyさんと行く予定が急遽変更になった場所で、
よっぽど行くべきではない、何か厄のある場所だと思いました。厄落としか命落としです。
狙いはウナギではなく某魚2種で、エビタモを持って潜ります。

2024/01/03(水)23:28 No.9971 
Re: 厄落とし / 西村
現地へ着いて川を見ると、昨年よりは少し流れが弱いものの、危ない雰囲気がひしひしと伝わってきます。
一箇月経っても左手小指の捻挫が完治しておらず、暗闇で痛いっと発しながらドライスーツを着ます。
ウエイトを腹回りに10.5kg、両足首に0.5×2kgを装着して、600m以上も歩きます。岸へ着くと流れが速くて深い。
でも何とかなりそうだ。水へ入ると思ったよりも冷たい。気温3℃で水温7〜9℃ほど。頭がキーン。歯が痛い(知覚過敏?)。
手が痺れる。流心部へ移動すると、これは戻れないと思うほど、流れが強くて制御できない。岸際を泳ぐしかない。

某魚を探すも同じ種類ばかりで見られない。20分ほど経つと体の芯から冷えて来た。30分ほど経つともう限界。
ライトが握り難くなって何度も手から滑り落ちる。40分ほど経つと早く戻らないと低体温症になると焦り始める。
魚はもう探さずに出口予定の場所を目指す。何とか岸へ着く。21:08〜22:02(54分間)の遊泳でした。
120m先の車まで戻る足はふらふら。痺れた手で着替えて、車の暖房をかけて、送風口へ両手を突っ込んで、
5分くらいしてようやく感覚が戻って来ました。何の成果もないですが、厄落としは出来たかなぁ。
2箇所目も予定していましたが、これ以上は続けられないので帰宅。動画 https://youtu.be/nNM_HfOEmME

魚は1枚目がナマズ。2枚目の左上はニゴイ類、右上はヌマチチブ、左下はゼゼラ類。右下はオイカワです。
元旦にテレビを観ていたら、画像のようなオイカワの稚魚の群れを、さかな○ンが「モツギョちゃんぽいですね」と、
答えていて新年早々軽く衝撃を覚えました。淡水魚は門外漢で海水魚介類が専門なのでしょうね。

2024/01/03(水)23:29 No.9972
Re: 厄落とし / JFish
新年早々からの素潜り採集お疲れ様です。
私も年末の採集で、小雨条件の中でしばらくやっていたら、指先が寒さでマヒしてきて、動画撮影をしていたスマホを水没させました、ただ、奇跡的にスマホは無事救出できたのは不幸中の幸いでした。
さかな○んは、社会的にも影響力が大きい存在(特にアクアリウムでは)なので、専門外とは言え、軽はずみな同定ミスには気をつけて欲しいですね。
2024/01/05(金)04:46 No.9973
Re: 厄落とし / 西村
JFishさん。コメントありがとうございます。
スマホは川だと落としやすいですからね。動画撮影は安価なアクションカメラを、おでこか胸に着けるのが便利ですよ。
私は冬場の潜らない採集だと、肘まであるビニール手袋を装着しているので、指先がマヒすることはほとんどありません。
モツギョちゃんは1月8(月)配信終了ですが27:00頃からです。
https://locipo.jp/creative/5d4b5d57-376a-4969-8de4-462100ec3547?list=5c61ec2a-6c13-451c-95d8-816e8ade40fd&noautoplay=&redirect=true
2024/01/05(金)20:29 No.9974
国内外来魚 / コウライオヤニラミ

オヤニラミ
関東なのに関西の魚ばっかりでした
もともとは何がいたのか気になります

2024/01/02(火)19:53 No.9966 
Re: 国内外来魚 / コウライオヤニラミ
ムギツクとアブラハヤ

2024/01/02(火)19:54 No.9967
Re: 国内外来魚 / コウライオヤニラミ
カワヨシノボリ?

2024/01/02(火)19:55 No.9968
Re: 国内外来魚 / 西村
放流はたった1人で出来てしまう、重大な自然破壊ですが、そういうことに無頓着な人の数は、
人口が多いところほど増えるので、避けられないのでしょうね。もともとは何がいたのか気になりますね。
江戸は参勤交代の時代から、全国各地の魚(ナマズなど)が、移入しているのではないかと思っています。
史前帰化魚類もいるかもしれませんね。同定は全て合っていると思います。
2024/01/03(水)00:37 No.9969
Re: 国内外来魚 / コウライオヤニラミ
西村さん、ありがとうございます
そんな昔から移入している可能性もあるんですね
悪意がなくても放流はやめてほしいものです
2024/01/03(水)01:13 No.9970
カマツカ / Sato

あけましておめでとうございます。
秋田県北部で採集初めに行って参りました。
目当てのビワヒガイは捕れませんでしたが、良いサイズのカマツカが捕れました。
秋田県南部ではスナゴカマツカが移入している様ですが、北部では普通のカマツカが移入しているみたいです。

2024/01/01(月)13:25 No.9962 
Re: カマツカ / 西村
この状況下なので新年の挨拶は控えます。気持ちは同じです。
Satoさんはあちこちで採集されていて、いつもうらやましいなぁと思って拝見させてもらっています。
秋田県北部でカマツカですか。在来分布域も同じように、移入されているのでしょうね…。
2024/01/01(月)17:43 No.9964
Re: カマツカ / Sato
相当な被害が出ている様で、新年早々気の毒に思います。
北陸民の無事を願うばかりです。

昨年はそれなりに遠征出来ましたが、今年は私情で遠征出来るか分かりません。その分、西村様や他の愛好者の皆様の写真で楽しませて戴こうと思います。
移入種ではありますが、この地域では比較的珍しい種ですので、残念な思いと多少の嬉しい気持ちが毎回錯綜しています。
2024/01/01(月)21:21 No.9965
あおこよ / 西村

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
2023年12月30日は兵庫県北部でS. libertinaくんとカワニナ(魚も)採集しました。
1〜5箇所目はカワニナ採集。こちらは成果が出たので、6箇所目からは魚狙い。
S. libertinaくんが捕ったフナ類(ナガブナ?)です。

2024/01/01(月)00:02 No.9954 
Re: あおこよ / 西村
これもS. libertinaくんが捕ったカマツカ。この魚が一番多かった。

2024/01/01(月)00:02 No.9955
Re: あおこよ / 西村
ギギです。自然分布域ではあるものの、移入定着が多い魚なので…。

2024/01/01(月)00:02 No.9956
Re: あおこよ / 西村
7〜8箇所目はだめ。9箇所目でドジョウが捕れました。S. libertinaくんお疲れ様でした。楽しかったです。
朝から夜まで約10時間638.7km運転して、帰宅したら足がふわふわしていました。良い採集納めでした。

2024/01/01(月)00:02 No.9957
Re: あおこよ / ハリー
あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

フナ類はフナ類としか分からないので、最近は採っても撮らないことが増えてきました。生きてるうちに誰か再定義してくれれば…。
ギギは濃尾平野では移入なんですね。時々見かけるのであまり意識してなかったです。

採り納めとはちょっと違うのですが、先日息子と自転車で川貞に行って、「川魚定食」を食べてきました。
個人的には年越しそばよりもこちらの方が年越し感があります。
今更ですが「かわざかなていしょく」じゃなくて「かわうおていしょく」なんですね。知りませんでした。

2024/01/01(月)01:32 No.9958
Re: あおこよ / S.libertina
あけましておめでとうございます。先日の採集では大変お世話になりました。今回は非常に天気に恵まれた中でのカワニナ採集でした。クロダカワニナK2に加えて、魚も採集できたので、最高の採集納めとなりました。本年もよろしくお願いいたします。
2024/01/01(月)06:49 No.9959
Re: あおこよ / JFish
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年も同定などで、日淡会サイトでお世話になります。

日本淡水魚ブログやってます、記事ネタが日本淡水魚100%なのは、JFishの「リアル日本淡水魚の世界へようこそ!ゴールドステージ」だけ、常に新鮮な日淡ネタをお届けします。
ほぼ完全メンバー限定記事にて、絶賛公開中です、魚が好きでたまらない人のメンバー申請大歓迎です(≧▽≦)
メンバーは常に募集中です、アクセスは下記よりどうぞ↓
https://ameblo.jp/nipponfish

2024/01/01(月)08:11 No.9961
Re: あおこよ / 西村
みなさんコメントありがとうございます。この状況下なので新年の挨拶は控えます。気持ちは同じです。

ハリーさん。フナ類(ナガブナ?)としたのは、大昔の分類の分布域からです。特に意味はあません。ゲンゴロウブナ以外のフナはフナです。
形態的な差異がないと識別できないため、再定義は難しいのではないでしょうか。種とはなんぞや論から始まる種群だと思います。
今冬はカワニナに時間を使い過ぎて、まだ川貞へ行けていません。川魚定食は注文したことが無いかもしれません。
川魚定食だとフナは選べないので、やはりゲンゴロウブナっぽいですね。私はフナ類(オオキンブナ?)しか許せない舌になったので…。
魚は訓読みが2つあるので、老舗はうおを使うのかも。川貞は「かわさだ」ではなく「かわてい」なのも湯桶読みで変わっていますね。

S.libertinaくん。こちらこそです。お陰様です。もうしばらくコウノトリ方面は行きたくないね。研究頑張って。

JFishさん。昨年も閑古鳥が鳴き叫ぶときに、JFishさんのご投稿に何度も救われました。今年もよろしくお願いします。

写真は名古屋の屋外水槽です。水が波打って右側へこぼれ出ました。動画も撮影したのですがiPhoneらしく失敗していました。
こちらはこの程度で済みましたが、震源地近くの方たちが心配です。

2024/01/01(月)17:39 No.9963