写真掲示板 [日淡会]
2023年06月 過去記事



同定願います / JFish

6月27日の夕方、愛知県西部の某水路にて採集しました。
目的は、飼育用のドジョウの幼魚の持ち帰りのためでしたが...
ここも、カラドジョウに置き換わりつつあるフィールドだったようです。
しかしながら、採集した何匹かの個体を観察してみると、交雑の可能性が感じられる個体ばかりだったので、西村さんにも観ていただきたく投稿させていただきました。
よろしくお願いいたします。

まず、1匹目、こちらは一番カラドジョウっぽい感じがしました。

2023/06/28(水)03:42 No.9284 
Re: 同定願います / JFish
2匹目、やっぱりカラドジョウ、と思うも、何か違和感が...

2023/06/28(水)03:45 No.9285
Re: 同定願います / JFish
3匹目、おおっ、やっとドジョウ、と思いながら、観察ケースに入れるも...

2023/06/28(水)03:47 No.9286
Re: 同定願います / JFish
4匹目、この個体が一番サイズがありました。
これは完全にカラドジョウ、と思いながら観察ケースに入れましたが...


日本淡水魚ブログやってます。
2023年6月27日より完全メンバー限定ブログに移行しました。

日本淡水魚の世界をとことん楽しみたい方のメンバー申請お待ちしています。

リンクは下記よりどうぞ↓

https://ameblo.jp/nipponfish

2023/06/28(水)03:52 No.9287
Re: 同定願います / 西村
真横からの全体写真ありがとうございます。わかりやすくて良いです。
先日も記しましたが、カラドジョウとドジョウ×カラドジョウの識別は非常に難しく、
多くの特徴を確認した上で、どちらでもないため、交雑ではないかという感じです。
幼魚だと特徴がはっきり出ていないため、確認できない場所が多くなるためにより難しいです。

カラドジョウは全国的に広がっていますが、交雑は極希だと思われるため、
カラドジョウぽい幼魚であれば、それは確率的に交雑よりは、カラドジョウだろうと思います。
それでも交雑だとするならば、それなりの根拠が必要になりますが、形態だけでは不十分でしょう。

過去記事 https://tansuigyo.net/a/gao/x/558.html で2016〜2018年にご投稿下さったものを、
ドジョウ×カラトジョウとはしていますが、これは便宜上で交雑に間違いないということではありません。
ドジョウやカラドジョウとするには、すっきりしない部分がある個体なため、交雑としているだけで、
ドジョウやカラドジョウの疑いもあります。ちなみに、カラドジョウ(グループ2)はもっとややこしくて、
https://newscast.jp/news/0710645 https://doi.org/10.1111/jai.14079
とりあえずドジョウ×カラトジョウという枠に整理しているだけです。

ようするに、確率的にドジョウやカラドジョウだと思いますとは書けても、
交雑だと思いますとは、上記の事情によって、軽々しくは書けないなぁという感じです。
2023/06/28(水)22:52 No.9288
Re: 同定願います / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。

今回採集したカラorドジョウ個体は、全体的な印象はカラドジョウなのですが、観察ケースで観察してみると、グレーな部分が確認されたので、一度西村さんにも観ていただこうと思った次第です。
・・しかしながら、自宅周辺から範囲を広げて採集するたびに、カラドジョウの定着が確認しているのはウンザリするところです。

2023/06/28(水)23:11 No.9289
オオコガタウナトコ / 西村

2023年6月24-25日はハリーさんと琵琶湖及び周辺で採集しました。
目的は私が某カワニナと来月の下見、ハリーさんはオオガタ(ryとビワコガ(ryです。
1箇所目、ウエットスーツ、24日16:20〜16:48(28分間)、998m遊泳。ハリーさんは胴長。
カワニナ狙いでしたが、ビワヨシノボリなども見られました。動画 https://youtu.be/TEaYeb4DKcc

2023/06/26(月)20:56 No.9278 
Re: オオコガタウナトコ / 西村
2箇所目、私は休憩、ハリーさんはオオガタスジシマドジョウ狙いで探すも捕れず。
少し移動して私も胴長で入る。するとハリーさんがオオガタを捕られて目的達成。後はビワコガ(ryです。
3箇所目、入れそうにない。4箇所目、カネヒラの幼魚だらけ。5箇所目、ウキゴリなど。
6箇所目、私がすぐにビワコガタスジシマドジョウ雌1匹を捕って休憩。ハリーさんは頑張られるも捕れず。
7箇所目、私は見守り。ビワコガ雌1匹をハリーさんが捕って目的達成。雄を狙うも捕れず。
写真は6箇所目で私が捕った個体ですが、現地では雌だと思いましたが、雄でしたすみません…。
ということで結果的に雌雄が捕れていました。まあ良かったです。

2023/06/26(月)20:57 No.9279
Re: オオコガタウナトコ / 西村
次は来月の下見です。8箇所目、イワトコ1匹を目撃。9箇所目、ゲンゴロウブナくらい。
10箇所目、何もいない、近年はいつも人がいるので、生息地公開されちゃったのかなぁ。
11〜12箇所目、何もいない。13箇所目、私が潜って、イワトコナマズを掬って、観察したら終了のミッション。

琵琶湖にしては水の濁りが強く、警戒心が異様に高い。ウエットスーツ、24日23:13〜25日00:50(1時間37分間)、1410m遊泳。
15〜20匹ほど見られたが、3/5はライトを照らすだけで瞬発的に逃げてもういない。1/5は近付くと瞬発的に逃げてもういない。
1/5はたも網の間合いに入れた。この少ないチャンスの中で、捕獲できるかどうか、という確率が発生するので、至難の業でした。
昔はもっと警戒心が低くて、捕りやすかったのですが、たぶん私や他の人が潜り過ぎて、スレたのかもしれないです。

何とか見た中で一番小さな個体が捕れました。警戒心が低くて色の薄い個体だったので、ナマズ×イワトコかもと思いましたが、
ほとんどの特徴はイワトコに傾いているので、イワトコで良いと思います。東海地方で捕ったらタニガワって言いそう。
大きな個体であれば観察だけでしたが、ハリーさんが飼育されるということで、またもや結果的に良かったです。
動画 https://youtu.be/tv4XMCzCeSI

2023/06/26(月)20:57 No.9280
Re: オオコガタウナトコ / 西村
大型ウナギを5匹も目撃できて、6月夜間にやすが使えたらなぁと思いましたが、たも網でも掬うことが出来ました。
69cmにしては太いです。捌いたらねちゃねちゃと音がしたので、脂がとんでもなく乗っていそうです。
カワニナ以外は最高の成果でした。ハリーさんお疲れ様でした。箱入り美味しくいただきました。ありがとうございました。

2023/06/26(月)20:57 No.9281
Re: オオコガタウナトコ / ハリー
西村さん、今回も大変お世話になりました。
最初からアクシデントがあり、色々ご迷惑をお掛けしました…。

オオガタとビワコガタが初採集出来て大変嬉しかったです。
人前で感情を抑制する癖(緊張しているので)があるので、傍目から見てリアクションが薄くてすみません。
心の中ではガッツポーズしてました。

イワトコ観察も楽しかったです。当たり前の話かもしれませんが、水族館で見るのとはまた違う趣がありました。
イワトコの採集は労力を掛けて頂いて申し訳なかったです。
間近で見ることが出来るだけでも眼福なのに、飼育できるサイズを採集して頂いて大変感謝しております。
今までナマズ類はあまり飼育してきませんでしたが、大切に育てたいと思います。餌などまたご相談させてください。

色々と成果が出て本当に楽しかったです。
また、新規開拓を含めて色々な場所に行けて良かったです。泥深いところに嵌った時は久しぶりに水没するかと思いました…。

本当に有難うございました。
また今後とも宜しくお願い致します。

2023/06/27(火)22:15 No.9282
Re: オオコガタウナトコ / 西村
ハリーさん。コメントありがとうございます。
時期的にギリギリだったので、厳しいかなと思っていましたが、両方とも捕れてホッとしました。
来月の下見としては色々とわかったので良かったです。特に場荒れしてスレてしまったのを実感。
死んでしまっても美味しく頂けば良いです。ギバチ https://tansuigyo.net/a/link34-10.html#137a みたいに。
新規開拓は狙った魚は捕れませんでしたが、カネヒラ幼魚が一掬いで200匹くらい捕れたりして、今後の参考になりました。

2023/06/27(火)23:28 No.9283
原種メダカも美しい / JFish

メダカのビオトープ(放置)飼育を始めて1ヶ月以上が経過しました。
個体差なのか、半数程度は死んでしまいましたが、全滅はしてないので、なんとか飼育は成り立っています。
ただ、これからは放置と管理のバランスをうまくとって飼育管理したいと思っています。

2023/06/24(土)09:07 No.9270 
Re: 原種メダカも美しい / JFish
・・ブログの宣伝忘れてました。

アメーバブログで、日本淡水魚ブログやってます。

日本淡水魚を定期購読で楽しみたかったら、メンバー登録をぜひどうぞ。

リンクは下記よりどうぞ↓

https://profile.ameba.jp/me

2023/06/24(土)09:19 No.9271
Re: 原種メダカも美しい / 西村
この時期のミナミメダカは、ある程度の産卵を終えると、1年の短い生涯を終えますね。
だいたい5月の時点で成魚であれば、8月までには全て世代交代するのではないでしょうか。
屋外のメダカ水槽でも、たまに死んでいるのですが、カワニナやタマミジンコが群がって食べています。
それ以上に増える個体の多いこと。過密になっています。さっきも卵ぶら下げていました。
2023/06/25(日)05:34 No.9274
Re: 原種メダカも美しい / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。
メダカの世代交代はずいぶん早いのですね。
自分は、飼育に使っている水槽が小さいので繁殖による増加はないかも知れないです、減少したら補充、という飼育となりそうです。
2023/06/25(日)06:00 No.9275
アカエイ / 西村

2023年6月17日はささき君と濃尾平野で釣りして潜りしました。
20年ぶりくらいかな。長良川河口堰へ行きました。魚好きとして建設前から色々と思うところはあります。
魚道(採集禁止)はボウズハゼが見られました。濃尾平野では滅多に見られない魚ですけどね。

2023/06/19(月)21:55 No.9257 
Re: アカエイ / 西村
夕方からは某所でアカエイを狙いました。私にとってはウナギ釣りで困る外道で、釣り上げるのに時間が掛かるし、
猛毒の棘が危険なので、この引きはアカエイだと思った時点で、ラインを切るようにしていました。
如何にしてアカエイが掛からないようにするかを考えて来たのですが、今回は逆に如何にして釣るかです。
ウナギ用のペットボトル釣法は、ライン3号と細くて切れてしまうので、5号のを新たに作りました。
ちなみに、ウナギ用に5号は駄目です。投げ難い、糸よれする、絡みやすい、指を切りやすいです。
投げ難いは経験で何とかして、糸よれや絡んだら捨て置いて諦め、指は軍手を二重にして保護しました。
餌は茹でアサリ、スルメイカ、甘エビなどです。結果は全く何も釣れませんでした。なぜだーっ。

2023/06/19(月)21:55 No.9258
Re: アカエイ / 西村
ペットボトルを片付ける。危険を伴うが1本やすで捕るしかない。まずささき君がドライスーツで安全そうなところを探します。
上から様子を見ていると潜らずに泳いでいるだけ。どうしたんだろう。川の流れと引き潮が合わさった複雑で速い流れと、
琵琶湖とは全く違う視界不良の濁りで、いつもはハイスペックのささき君が、完全に怖じ気付いている。
今日は濁りも弱いし、3mは潜らないと捕れないよと伝えても、2回ほど潜って陸へ上がって終了。えーっ。

これは私が潜るしかない。でも私はアカエイよりもウナギが捕りたいのだ。ささき君が潜った場所の上流へ行って、
3本やすでウナギを捕って、陸へ上がる付近で1本やすに変えて、アカエイを狙うことにしました。
ウエットスーツに着替えて歩くだけで、汗がだらだらと出て、口に入って来るほどに暑い。

上流に着いて下流よりも濁った場所へ入水。5分ほど泳ぐと右側から座布団のようなものが追い抜いて行く。
うげっアカエイだ。こんなところにいるのか。泳いでいるときも川底にアカエイぽい食痕があちこちにある。
しかも底を漁っている音が聞こえてくる。怖い怖いっ。慎重に泳ぐ。そしてウナギが2匹捕れた。
17分ほどして水深50cmくらいの浅場を泳いでいたら、また座布団アカエイが目の前に。その場を迂回して離れる。
これは下手に底へ足が着けない。17分で2匹もいた。ささき君のところまで、まだ30〜40分は泳ぐのですけど(怖)。

2023/06/19(月)21:56 No.9259
Re: アカエイ / 西村
結局それ以降にアカエイは見られず。というかいそうなところは避けて泳いでいました。
ささき君のところへ戻って、3〜4m潜りを6〜7回ほどしましたが、アカエイは見られませんでした。
ペットボトルを出していたところにはいなかったようで、岸からの着底距離も3mの深さには足りていませんでした。
ウエットスーツ、22:38〜23:37(59分間)、555m歩いて行き、1030m泳ぎ、42m歩いて戻りました。
ウナギは3匹捕れて、その他に15匹ほど見ました。60〜70cm級もいましたが、頭や尾しか出ておらずに捕れず。
そして解散しました。ささき君お疲れ様でした。楽しかったです。次はアカエイを捕りましょう。
動画です https://youtu.be/Xwry2QOo4rU

2023/06/19(月)21:56 No.9260
Re: アカエイ / maiky
こんばんは。
動画見ました(笑 あんな宇宙船が飛んでたら
潜れないですぅ(笑
美味しそうな鰻ですね。
アカエイ美味しいんですか?
2023/06/20(火)21:04 No.9264
Re: アカエイ / 西村
maikyさん。コメントありがとうございます。
宇宙船はささ濁りの浅場にいたので、その後は深場の水面から見下ろすしかなかったです。
深場は川と引き潮が合わさった複雑な流れで、逆流している場所もあって泳ぐのはしんどかったです。
ウナギは上と下の一部を食べましたがまあまあでした…。中央に期待しています。
アカエイは自分で釣って食べたことは無いですが、乾物のエイヒレは原材料にアカエイも、
よく使われているようで、それは食べたことがあります。maikyさんもありますよね。
2023/06/21(水)00:53 No.9266
Re: アカエイ / maiky
なるほど、エイヒレですか。食べてますね。
アカエイと気付きませんでした。
真ん中に期待ですね。
2023/06/21(水)16:52 No.9267
Re: アカエイ / ささき
西村さん、今回もお世話になりました。
アカエイは潜水で見る機会はありつつも、いつも怖くて避けて泳いでいました。
ウナギ釣りの外道で掛かってきて面倒、という話もよく聞いていたので、むしろ釣り上げていろいろ観察してみたいと思っていたところ、西村さんにお誘いを頂き、チャレンジすることとなりました。


長良川河口堰と周辺施設を見回ってからペットボトル釣りを始めました。
アカエイは悪食のイメージがあったので、ブルーギルでも釣るくらいの気持ちでいたのですが、結果は惨敗。針には何もかかりませんでした。
潮の流れも変わり、釣りには見切りをつけたところで、このまま帰るか、リスキーだけど潜って探してみるか?と悩んだ末、とりあえず潜ることを選択。


泥濁りのある汽水域の潜りは数回やりましたが、やっぱり苦手ですね。流れ+濁り+深潜り+アカエイの恐怖は慣れないです。
普段より視界が良いと聞いていたので、数回浅潜りするも全く泥底は見えず。流れが速いのもあって気づいたら潜水区間終了。

上陸後、西村さんより3mくらい潜ると濁りがとれて泥底が見えるということを聞き、引き返してもう一度潜りました。
確かに深潜りすると泥底は見えましたが、それでも目の前60cm位しか視界はなく、こんな射程でアカエイ突いたら反撃されるよなあというビビりが発生。
そして流れがあるため2回くらい深潜りするともう潜水区間終了。2回目もアカエイは見られませんでしたが、この環境で頑張っても無理と諦めてしまいました。


西村さんが上流に潜られるとのことで、後は託して待っていたところ、きちんとウナギを捕獲、アカエイも確認されていました。流石でした。

潜りの結果を考えると、ペットボトルを仕掛けたところにアカエイが居なかったのが敗因でしょうか。

今回はニゴイ・フナ類・ボラ・アユ・スズキ・ボウズハゼ・マハゼ・ウロハゼ・ヌマチチブを確認しましたが、なんと1枚も写真を撮っていませんでした。すみません。
なんだかんだアカエイは捕れると思っていた故ですね。アカエイ舐めてました。
またよろしくお願いします。
2023/06/25(日)13:26 No.9276
Re: アカエイ / 西村
ささきくん。コメントありがとうございます。
ペットボトルが届く近場で釣るのは難しいので、次はやすで突くしかないです。
柄が長いと安全度が高いと思うので、やす2本を繋げるとか工夫すると良いかもね。
11〜12月でね幼魚はたまに見るので、今年中に何とか一緒に捕りたいなぁ。
2023/06/26(月)19:22 No.9277
完全に壊れた日淡環境 / JFish

6月17日(土)、雷魚の餌用に、田んぼへおたまじゃくしを捕りに行きました。
この時期はドジョウっ子もたくさんいますが、それとももに繁殖サイズの個体も捕れました。
以前は高い比率で捕れた交雑系を狙ってみましたが、捕れたのはすべてカラドジョウのみでした。

2023/06/18(日)13:16 No.9248 
Re: 完全に壊れた日淡環境 / 西村
カラドジョウとドジョウ×カラドジョウの識別は非常に難しく、
多くの特徴を確認した上で、どちらでもないため、交雑ではないかという感じです。
写真の個体は雌で骨質盤の特徴も確認が出来ず、より識別は難しくなります。
確率的にドジョウ×カラトジョウは希でしょうから、カラドジョウなのでしょうね。
真横の写真があると、尾柄部の特徴も確認できるので、ありがたいのですが…。
2023/06/18(日)15:24 No.9250
Re: 完全に壊れた日淡環境 / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。
カラドジョウをまともに網の中に入れたのは久しぶりで、自分の同定も、ヒゲの長さのみでした。
ひとつの同定ポイントだけでは、交雑の有無は確認しきれないのですね。
この個体を観察ケースで横向きで撮影したものを追加で貼らしていただきます。
それと、この個体の他にあと2匹、成魚個体をキープしているので、後日撮影の上、投稿させていただきますね。

2023/06/18(日)20:42 No.9251
Re: 完全に壊れた日淡環境 / 西村
JFishさん。真横からで鰭条の数えられる良い追加写真をありがとうございます。カラドジョウだと思います。
2023/06/19(月)19:50 No.9255
Re: 完全に壊れた日淡環境 / JFish
同定ありがとうございました。
日淡会に投稿し始めた頃は、家の近所の田んぼは、まだドジョウの方が多かったと思いますが、現在は、ドジョウがここ最近捕れていたかどうかの記憶も曖昧になるくらいの厳しい環境になっています。
2023/06/20(火)12:31 No.9261
Re: 完全に壊れた日淡環境 / JFish
一応今日の夕方、キープしていた残り2匹の写真撮影をしてみました。

1匹目。

2023/06/20(火)20:22 No.9262
Re: 完全に壊れた日淡環境 / JFish
2匹目。

口ひげと尾柄部を観る限りでは、どちらもカラドジョウの特徴を持っているようです。

2023/06/20(火)20:26 No.9263
Re: 完全に壊れた日淡環境 / 西村
追加写真をありがとうございます。全てカラドジョウだと思います。ドジョウも都市部だと外来の中国系がほとんどだと思います。
JFishさんの採集範囲にドジョウ日本系がいたとしたら、その生態的地位をドジョウ中国系が奪い、次はカラドジョウという感じでしょうね。
乾田化や宅地造成でカラドジョウすらいなくなるという未来。アセスでカラドジョウが出ても保護対象にはならないですからね。
2023/06/21(水)00:38 No.9265
水路2023・06・07 / くさとうお

17日に某水路群に行ってきました(山口県瀬戸内海側)
普通種ばかりでしたが結構楽しかったです。
まずはドジョウ。この水路群全体的にドジョウが多いなと思いました。

2023/06/17(土)19:07 No.9242 
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
繁殖してるし

2023/06/17(土)19:08 No.9243
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
そしてコイ。何気に初採集です(長靴だから・・・)

2023/06/17(土)19:10 No.9244
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
同所でスズキ。純淡水でしたが気になって下流に下ってみると思ったより早く海に出ました。

2023/06/17(土)19:11 No.9245
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
ウッシー

2023/06/17(土)19:13 No.9246
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
水路は5つぐらい回りましたが、全体的に透明度は高かったです。
ドジョウは雌に性比が少し偏っている?
日常的にこの水路で遊んでいる感じの少年が一人いました。
あと、ホタルを見てきたのでおこぼれ掲示板に張っておきました。
2023/06/17(土)19:19 No.9247
Re: 水路2023・06・07 / 西村
頭部だけの同定は厳しいなぁ…。日本でいわゆるドジョウと呼ばれているものには、
中国系(Misgurnus anguillicaudatus anguillicaudatus)、日本系(M. a. rubripinnis )、韓国系(M. mohoity)が知られていて、
将来的にそれぞれに和名が付されて、3種類という分類学的な整理がされるかもしれません。中国系と日本系は頭部だけでは同定が困難です。
https://omnh.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1448&item_no=1&page_id=13&block_id=21
図1にあるYとXの長さが識別には重要です。たぶん整理後も未同定になってしまう写真だと思います…。真横から全体が写った画像はないでしょうか。
コイも同様で在来型と導入型及び交雑がいて https://www.researchgate.net/publication/310573545 FIG. 5のような頭部以外の場所が重要です。
スズキもヒラスズキ、タイリクスズキ、有明海スズキの識別には背鰭軟条数が重要です。これはスズキですねと自信を持って言えません。
頭部の写真は魚にも表情があるようで好きですが、出来れば同定のために真横から全体の写真もあると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
2023/06/18(日)15:16 No.9249
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
ご指摘ありがとうございます。
ドジョウはこれくらいまでしかありませんでした

2023/06/19(月)16:53 No.9252
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
コイは、足場が悪かったのと、慌てていたため、写真はいいものがありませんでした。
ただし、上流の池(大きい)が人工であること、その池のコイはニシキゴイがほとんどであることから、在来の可能性は低いと思います。

2023/06/19(月)16:59 No.9253
Re: 水路2023・06・07 / くさとうお
スズキに関しては、いい写真はありませんでしたが、この場所は近いうちにまた行く予定ですので、ドジョウ、コイともにその時取り直そうと思います。
2023/06/19(月)17:02 No.9254
Re: 水路2023・06・07 / 西村
くさとうおさん。追加写真をありがとうございます。同定ポイントは多いほど良いので助かります。
ヒトは顔の識別能力が高いため、肩から上だけで体が写っていなくても証明写真として使えますが、
魚の場合は必ずしも顔に識別点があるわけではなく、全身が写っていないと証明写真にはならないということです。
そのため出来れば顔写真と一緒に真横全身写真もあると、今後にご自身の採集記録としても役に立つと思います。
2023/06/19(月)20:04 No.9256
同定願います / JFish

6月15日の日没手前に、木曽川周辺にて採集しました。
増水していたりで、たも網が入れにくかったりで、ほぼザリガニくらいしか捕れませんでしたが、唯一網に入って来た魚です。
ウキゴリかな、とは思いますが、同定お願いします。

日本淡水魚ブログやってます。
閲覧メンバー募集中です、リンクは下記よりどうぞ↓

https://ameblo.jp/nipponfish

2023/06/16(金)05:56 No.9237 
Re: 同定願います / 西村
ウキゴリで合っていると思います。
ウキゴリやスミウキゴリの幼魚は浅場の水面近くを浮いていることがありますからね。
2023/06/16(金)07:42 No.9238
Re: 同定願います / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。
やはりウキゴリでしたか❓️
このような幼魚サイズが捕れたのは初めてだったので、日淡会サイトの愛知県の日本淡水魚から見比べて、・・もしかしたらカワアナゴ?とも思ったので、同定をお願いした次第です。

2023/06/16(金)16:44 No.9239
Re: 同定願います / 西村
カワアナゴ https://tansuigyo.net/a/cb/m-089.jpg ウキゴリ https://tansuigyo.net/a/cb/hk-004.jpg
腹鰭を見て下さい。カワアナゴは2つに分かれていますが、ウキゴリは1つに繋がっています。
東海地方でカワアナゴはたいてい感潮域に見られます。潮汐の影響のない場所では極めて希です。
2023/06/16(金)19:40 No.9240
Re: 同定願います / JFish
両者の明確な同定解説ありがとうございます、勉強になります。
もし、今後カワアナゴと疑わしい魚が捕れた時の同定ポイントとして、覚えておきたいと思います。
2023/06/17(土)01:06 No.9241
前回の琵琶湖 / ささき

お久しぶりです、ささきです。前回は投稿おくれてすみません。
ずいぶん流れてしまったので、新規の投稿にさせていただこうと思います。

先週は元々琵琶湖に行く予定でしたが、西村さんも来られるということで同行させていただきました。

当日は人が多かったので、普段行かない所に行った(そして連れていって頂いた)ところ、今までは見たことなかった場所でイワトコを見ることができました。

かつての良い場所に来なくなったり、今まではなんてことなかった場所に来たり…
イワトコの考えはわからないことだらけです。

2023/06/13(火)23:33 No.9234 
Re: 前回の琵琶湖 / ささき
イワトコだけだと物寂しいような気もするので、もう一枚。
オオガタスジシマの仔魚です。親と同じでエサ取りは下手ですが、ナマズの仔稚魚に比べたら飼育ははるかに楽ですね。

産卵させて育てたのでオオガタと言い切りますが、野外での同定は諦め気味です。筋節を数えればあるいは…?

2023/06/13(火)23:44 No.9235
Re: 前回の琵琶湖 / 西村
投稿ありがとうね。ささき君それはちょっと記憶違いかも。6月3-4日は某魚を狙って、
濃尾平野で一緒に釣りの予定だったけど、大雨で駄目になったので、琵琶湖へ変更したはずです。
それはいいとしてイワトコがたくさん見られて良い日でした。2018年9月4日台風21号による湖岸破壊の前と後で、
イワトコとビワナマの生息水域が変わっていると思っています。そういう影響報告は無いよねぇ。
オオガタスジシマドジョウを産卵させて育ているなんて凄い。私には出来ない飼育技術。
筋節数はビワコガタ11-13、オオガタ13-14なので、13の場合は同定が難しいです。

2023/06/14(水)20:08 No.9236
水路。 / くさとうお

前回に、次にここら辺に来るときは水路をメインにしたいと書きましたが、さっそく行ってきました。魚はいるのですが、結構深いし、濁りもすごいので、大型のものは取れませんでした。
前に、カダヤシかもしれないと言っていた魚は、やはりカダヤシでした。
とにかく多かったです(この水路のうちではカダヤシが一番多い)
この様子だとメダカは全くいないでしょう。

2023/06/11(日)18:57 No.9225 
Re: 水路。 / くさとうお
カダヤシの雌って穴が二つあるんですね・・・

2023/06/11(日)19:00 No.9226
Re: 水路。 / くさとうお
フナ類。背鰭軟条は18〜19でした。

2023/06/11(日)19:02 No.9227
Re: 水路。 / くさとうお
西村さんがおっしゃっていたとおり、ボラもいました。

2023/06/11(日)19:03 No.9228
Re: 水路。 / くさとうお
大型のほうは、おそらく4種ほどいたと思います。ボラ、フナ数種、あとは何だろうか?・・・
あと、銀系の魚が多いのですが、一匹だけ黒い魚(バスのような黒さではなかった)がいました。捕食音も聞こえましたが、ライズって感じと、ボイルって感じの二種類がありました。跳ねているのはたぶんほとんどボラです。結局捕まえてみるまでは謎ですが。
今回は初めて家から水を持っていきました。1.5Lペットボトルとその他荷物を自転車かごに入れて長距離を移動するのはつらかった・・・
やっぱりアミ類(イサザアミ?)が多く網を洗おうとしてもアミ(網)を洗っているのか、アミを取っているのかわからなくぐらいでした。(笑)
2023/06/11(日)19:15 No.9229
Re: 水路。 / 西村
濃尾平野だとミナミメダカとカダヤシが、同所的に生息しているところは割とありますが、
ミナミメダカが7割以上のところがほとんどで、おそらくそれ以下だとカダヤシ10割に置き換わるのでしょう。
写真は先日撮影したカダヤシ10割の場所です。雌の臀鰭側のは赤ちゃんが産出される場所でしょうね。
フナ類はあえて言えばフナ類(ギンブナ?)ですね。この時期にボラ幼魚は淡水域へたくさん入って来ますね。
イサザアミは汽水魚がよく食べるので、餌として捕るのもアリかもしれません。冷凍するとホワイトシュリンプです。

2023/06/11(日)20:33 No.9230
パンパカパン / 西村

2023年6月10日はハリーさんと濃尾平野で採集しました。
1箇所目は小物釣りで、写真はハリーさんが釣られた、デメモロコ濃尾型です。
お腹がパンパカパン(名古屋弁で一杯の最上級)で孕卵していそうです。

2023/06/11(日)15:49 No.9222 
Re: パンパカパン / 西村
スゴモロコです。こちらはパンパン。釣りの後で某冷凍魚を持って、G大へ行ってMさんとご相談。

2023/06/11(日)15:49 No.9223
Re: パンパカパン / 西村
2箇所目は増水で入れそうにない。3箇所目は胴長たも網で入るも魚がとても少ない。
冬場に何度か来たことがある場所だが、6月はここまでダメなんだなと。やはり濃尾平野の旬は冬です。
写真はニゴイ類です。その他に私はフナ類(オオキンブナ?)とツチフキくらいしか捕れず。
ハリーさんお疲れ様でした。Mさん長々と失礼しました。今後ともよろしくお願いいたします。

2023/06/11(日)15:50 No.9224
Re: パンパカパン / ハリー
西村さん、昨日は大変お世話になりました。早朝からお付き合いくださり、有難うございました。
毎度のことですが、はっきりしたことを決められず、ご提案を頂く形になってしまい申し訳ありません。

デメモロコ濃尾型ですが、自分もここまで菱形状になったのは初めて見ました。パンパカパンは名古屋弁でしたか…。それも興味があります。
デメ、スゴ、タモと3種見れて、モロコ好きとしては満足でした。
G大では貴重なお話が聞けて良かったです(案の定、緊張して中々喋れませんでしたが)。
3か所目は厳しかったですね。最初の方でゼゼラが採れたのでまあまあ採れるのかなと思いましたが、そんなこともなかったですね。

採集的には物足りない形にはなってしまいましたが、色々なお話をさせて頂いたりご意見をお聞きしたりして、知見を広めるという意味では大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。
優柔不断で色々やきもきする所もあるかとは思いますが、これに懲りずに今後ともお付き合いくだされば幸いです。

2023/06/11(日)21:58 No.9231
Re: パンパカパン / 西村
ハリーさん。コメントありがとうございます。
土曜は02時半起きだったので、睡眠負債も溜まっていて、帰宅して12時間も寝ました。
でも早起きは道が空いてて楽でした。帰りは渋滞で1時間55分ほど掛かりました。
3種見られるだけで満足が得られるならば、飼育の可不可は関係ないかもしれませんね。
採集は物足りなくないです。前から少し疑問に思っていたことが、Mさんのご教示で腑に落ちて、
1箇所目で典型的な個体をハリーさんが釣られて、それを撮れて良かったです。主語が無くてすみません。

2023/06/12(月)06:56 No.9232
琵琶湖サミット / 西村

2023年6月3-4日は琵琶湖でささき君と採集しました。
1〜3箇所目は目視。4箇所目はイワトコナマズが泳いでいたのでささき君だけ胴長入水。
5箇所目、ウエットスーツ、水温15〜16℃(寒い)、4日01:03〜02:17(1時間14分間)、1050m遊泳。
ウナギは頭出しているだけの40cm級1匹しか見られず。イワトコは30(〜35)匹ほど見ました。
大きなイワトコを捕ると、まともに泳げなくなるので、4匹目で小さな雄を捕ってからは、
遊びで近寄ったり、捕れても捕れなくても良いと思いながら、適当にたも網を出していました。
遊泳距離の2/3ほどを過ぎると、今日はウナギは捕れないと判断し、イワトコ雌を狙いました。
しかし、このウナギ手玉では敏捷性が悪く、本気で狙っても捕れず、恥ずかしい気持ちになりました。
イワトコ30匹の動画 https://youtu.be/t_8zkCqo-Rc

2023/06/05(月)22:05 No.9216 
Re: 琵琶湖サミット / 西村
6箇所目、私が潜っているときに、ささき君が探してきた場所。イワトコが産卵していました。
ライトで照らされたところにイワトコがいます。iPhoneではまともに撮れず。

2023/06/05(月)22:05 No.9217
Re: 琵琶湖サミット / 西村
イワトコの卵です。ささき君の研究に使われます。
ヤマノカミ君から某所でたくさんビワコオオナマズがいるとの連絡を頂いたので、
今日は行くつもりのなかった、テレビの生息地公開のお蔭で、大変有名になってしまった場所へ。
空が白んで来た頃に7箇所目へ到着。ヤマノカミ君は帰っていましたが、あじ丸君がいて驚き。

近年は6〜8月の大雨の後に、日淡が好きな人のサミット会場になっている気がする。
あじ丸君とその友人と4人で、気温11〜12℃の長袖1枚で、寒さに耐えながら話し込み、朝になりました。
ここで3人とはお別れ。お疲れ様でした。楽しかったです。またよろしくお願いいたします。

8箇所目、フナ類(ニゴロブナ?)があちこちで、バシャバシャと産卵していました。9箇所目、カワニナ拾い。
最近、寝不足が続いていて、3日21時でもう眠気があったのに、家へ帰って寝られたのが4日10時頃でした。
この眠気の峠を越えた感覚は、紀伊半島一周のときによくあったなぁと、懐かしく思いました。

2023/06/05(月)22:05 No.9218
Re: 琵琶湖サミット / 西村
先日の大雨の90cmメダカ水槽です。仔稚魚(針子)が流れないための排水はうまく行っていました。
動画 https://twitter.com/kawanittan/status/1664649710727036930
課題は https://tansuigyo.net/a_a/gao2/img/8728.jpg 凍結だけですが、それは防げないかな。

2023/06/05(月)22:06 No.9219
Re: 琵琶湖サミット / ハリー
採集お疲れ様です。
イワトコはいる所には一杯いるんですね。
もっとポツポツとしかいない印象を勝手に持っていました。
ビワコオオナマズの生息地で有名になってしまった所があるんですね。テレビって生き物の番組よく作る割には、保護という観点には無頓着ですね…。
2023/06/08(木)06:17 No.9220
Re: 琵琶湖サミット / 西村
ハリーさん。温情コメントありがとうございます。
イワトコは産卵期で集まっているだけで普段は一杯いません。それも昨夜はたくさん産卵していたよと、
同じ場所へ翌夜に見に行くと、1匹もいないということもあります。このいるいないの条件は未だにわかりません。
ただ、確率的に6月上旬は見られる夜が多い印象です。
ビワナマはNo.7094 https://tansuigyo.net/a/gao2/sk-2021-08.html にも少し記しましたが、
2005〜2013年は静かでしたが、2014年(ダ○ウィンが来た)以降は、車止めで狭くなった駐車スペースは満車。
陸だけからではなくボートを出してビワナマを狙う人(陸より釣れるらしい)、投網で捕る人などお祭り状態です。
全国からお金と時間をかけて、本気で来ているのと、気の強い人の方が良い場所を取れるので、殺伐とした雰囲気です。
ペットボトルを一晩中だーっと並べて、真横の車で仮眠しても誰も来ず、シーンとしていた頃が懐かしいです。
2023/06/09(金)00:53 No.9221
汽水2023.06.04 / くさとうお

6月4日に○○川に行ってきました。すこし期待していたシラウオ。
とにかく撮影しにくかったです。

2023/06/04(日)17:58 No.9199 
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
もう一枚
2023/06/04(日)17:59 No.9200
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
画像忘れてました

2023/06/04(日)18:00 No.9201
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
ヌエハゼ。かわいいな・・・

2023/06/04(日)18:01 No.9202
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
もう一枚

2023/06/04(日)18:07 No.9203
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
ウロハゼかと思うけど、にしては頭が長い?ヒトミハゼ?

2023/06/04(日)18:09 No.9204
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
マハゼ。この後2匹が昼飯の一部になりました

2023/06/04(日)18:11 No.9205
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
イシガレイ

2023/06/04(日)18:48 No.9206
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
ガンテン

2023/06/04(日)18:49 No.9207
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
スジハゼ類

2023/06/04(日)18:51 No.9208
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
近くの水路にて、フナ類

2023/06/04(日)18:52 No.9209
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
かなり泥が深くとても歩きずらかったです。
あと、行きに日本一周の自転車お見掛け、コロナもやっと落ち着いてきたなあと思いました。
2023/06/04(日)18:55 No.9210
Re: 汽水2023.06.04 / 西村
利用規約の削除対象4にある、全長50km未満の河川名は○で伏せました。生息地公開による問題を避けるためご理解下さい。
ただ、汽水域は乱獲が難しく、23年前に作ったルールであることから、改定しないといけないかもしれませんが…。
捕られた場所の塩分はだいたいどれくらいかわかるでしょうか。

シラウオはピントが合い難いでしょうね。この時期にしては大きいですね。
No.9202-9203はショウキハゼだと思います。塩分高めに多くて、私の範囲内には滅多に入ってくれないので、塩分大丈夫かなぁと思って伺いました。
No.9204はウロハゼだと思いますが、全体が写っておらず、細部がわからないので何とも。
No.9208はツマグロスジハゼだと思います。これも同定根拠とするには腹鰭の先端部の確認が必要です。
No.9209はおそらく二倍体フナ類でしょう。あえて言えば旧来の分布域から、フナ類(オオキンブナ?)だと思います。
2023/06/04(日)21:40 No.9212
Re: 汽水2023.06.04 / くさとうお
塩分濃度についてですが、水はほとんど塩味はしませんでした。
同定については、ハゼ系は同定、撮影ともにまだ少し未熟だなあと思いました(時間がないのも少しあるかもしれませんが、)
オオキンブナ(?)を取った水路(といっても幅は3〜4mある)は塩分の影響が少しあるようで、網を入れると、一網で500匹ほどアミ類が取れました。メダカらしいものも取れましたが、今思うとカダヤシだと思います。
また、15〜30cmぐらいの魚が結構表層にいて、最初はフナ系かと思いましたが、動きがどう見てもコイ系ではなかった(それに泳ぎが速すぎる。雷魚の全速力ようなような泳ぎ)。目のいい弟によるとスズキのような雰囲気だったらしいですが、水がとにかく濁っていて、姿が全く観察できないので種まではわかりませんでした。もしかしたら複数種含まれているかもしれません。
今度この付近に来るときはこの水路をメインにしたいと思います。
2023/06/05(月)17:32 No.9214
Re: 汽水2023.06.04 / 西村
塩分確認ありがとうございます。同定ですが後で困らないために、ケースで真横から魚全体を撮影されることをおすすめしめます。
●そのままとアクリルケース https://tansuigyo.net/a/link14-1.html よかったらご笑覧下さい。
スズキ幼魚はこの時期に水路にも入りますね。動きが速いとボラの疑いもあるかもしれません。
2023/06/05(月)22:04 No.9215
タニガワナマズ / 採集人

写真はタニガワナマズの生息地と思われる場所で採集した卵です。卵の色からタニガワナマズのものだと考えていますが、いかが思われますか?

2023/06/02(金)20:21 No.9195 
Re: タニガワナマズ / 西村
初見でタニガワに似ているなぁと思いましたが、写真のピントが合っていないのと、付着物がほとんどないのが気になったので、
「タニガワナマズ Silurus tomodai の産卵環境および出現個体数の季節変化」を書かれたS先生に伺いました。
「卵黄の緑要素が見えないのでタニガワの確率が高いとは思います。付着物が少ないのも、シルトが多めの場所ならあり得るかと思います。
ただ仰る通りピントが合ってないので断言は出来ないです。肥料の殻や貝類の卵塊の可能性もありますが、
タニガワなら2〜3日で孵化するのでそこで判明すると思います。」だそうです。ピントが合った画像はありますでしょうか。
EXIF情報を拝見すると5月31日に撮影されているようですが、持ち帰られたならばもう孵化している頃ではないかなぁと。
2023/06/02(金)23:31 No.9197
Re: タニガワナマズ / 採集人
ご返信くださりありがとうございます。ご指摘の通り、6月3日に孵化致しました。写真は4日のものです。(カメラの性能が良くないので見にくいのはご了承ください。)
また付着物のことですが、ついているものもありました。ついていないものは卵を網から採取する際、手で転がすようにして行ったのでその時取れてしまったかもしれないです。
あと質問なのですが、タニガワナマズの同定では歯が有名ですが歯と卵の色ではどちらのほうが信頼度が高いのでしょうか?

2023/06/04(日)20:14 No.9211
Re: タニガワナマズ / 西村
無事に孵化して良かったですね。ナマズ類であることは間違いなさそうです。
琵琶湖水系ではないのでしたら、消去法でタニガワかナマズでしょうが、両種は交雑もあるので難しいところです。
ただ、私がタニガワ記載前に卵を見た経験では、淡緑色ではなくイワトコと同じような黄色・橙色でした。
そのため卵の色からしたらナマズではなさそうです。タニガワの確率が高くて、ナマズとの交雑の疑いも少しある感じです。

歯ですが https://tansuigyo.net/a/link7-7.html にも記していますが、参考程度にしかなりません。
取っ付きにくい正情報(ここだけ見ればヨシではなく複数の特長の組み合わせが必要)よりも、
取っ付きやすい誤情報(歯がワレテルワレテナイの一つ覚え)の方が広まりやすいので、有名になってしまっていますね。
卵の色の方が信頼度は高いです。ただ、タニガワのホロタイプを基準にすると、色々と書けないごにょごにょありますが、
この卵と仔魚はタニガワの確率が高いと思います。
2023/06/04(日)22:04 No.9213
強健です。 / JFish

金魚水槽のファミリーになってから、ずいぶん経過しましたが、酸欠、アンモニア濃度が比較的高いと思われるこの環境でも元気にしています。

日本淡水魚ブログやってます。
日本淡水魚100%でブログ更新するブログは、JFishの「リアル日本淡水魚の世界へようこそ!」だけ!

完全メンバー限定記事ですが、月イチで弥富の金魚拡散記事を無制限公開しています。

リンクは下記よりどうぞ↓

https://ameblo.jp/nipponfish

2023/06/02(金)05:20 No.9194 
Re: 強健です。 / 西村
トウカイコガタスジシマドジョウはドジョウほどではないものの、
飼育に強くて長生きしますからね。孕卵している感じですね。
うちの水槽のは2009年11月8日から13年7箇月飼育中です。
同じ水槽でチュウガタスジシマドジョウは13年生きました。
スジシマ種群は自然界だと1〜2年でしょうけど、
飼育下だと10〜15年くらいは生きるの魚なのでしょう。
2023/06/02(金)23:21 No.9196
Re: 強健です。 / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。

そう言えば、わが家のトウカイコガタは飼育を初めてからどれくらいになるのだろう、とブログの過去記事を探してみたら、ブログカテゴリー「採集(観察ケースでの観察)」、2021年10月27日にメンバー限定記事(西村さんのメンバー入りお待ちしております、名物?記事、「闇採集」ブログ面白いですよ(>_<))にて、その4日前の10月23日に採集したとなっていたので、約1年と7ヶ月となっていて、スジシマのたくましさには日々感心しています。
写真は採集持ち帰りした当初の写真です。

2023/06/03(土)02:59 No.9198