写真掲示板 [日淡会]
2023年05月 過去記事



春(初夏)の風物詩 / 釣り人K

お久しぶりです。投稿頻度が数年に一度の釣り人Kです。
十日ほど前、B湖の北の方へ釣りに行ってきました。
捕るのは簡単でしたが、撮るのに苦労しました。

2023/05/30(火)23:37 No.9190 
Re: 春(初夏)の風物詩 / 西村
本当にお久しぶりですね。相変わらず写真が美しい。警戒心が高いシロヒレを、
水槽写真のフラッシュ無しで、ここまで綺麗に撮られるのは凄いと思います。
B湖のシロヒレは20年くらい前は激減していましたが、15年くらい前からだいぶ増えた印象があります。
今では冬場に泳ぐとあちこち逃げ回るので、ちょっと邪魔になるほど見かけます。
2023/05/31(水)22:07 No.9192
Re: 春(初夏)の風物詩 / 釣り人K
そう警戒心、おっしゃる通りそれがシロヒレ撮影のネックなんですよね!特に導入直後の大きめの個体は物陰に縄張り持って撮影しやすいポジションに出てこなくて苦労します。
個人的なこだわりですが、写真撮るのは導入直後の個体がいいです。水槽慣れした顔つきの魚はそれはそれで可愛いのですが、たとえ婚姻色が綺麗でも撮影するテンションがあまり上がりませんわ。
2023/06/01(木)19:23 No.9193
過去写真ですが。 / くさとうお

去年の10月ごろに寂地山で撮ったゴギのペアリング写真です。(地点が〇〇川ではなく、○○山というのは珍しい?)
前の高津川でも撮影して、今までに2度も撮影したことがあるのに、今までに一度もとったことはありません。(この写真を撮った場所は一応国定公園なので採ろうという気はそもそも置きません。
そういうこともあり、今一番取りたい魚です。
(ズームしまくって取ったので画質の悪さは否めませんが・・・)

2023/05/29(月)16:10 No.9185 
Re: 過去写真ですが。 / くさとうお
もう一枚

2023/05/29(月)16:11 No.9186
Re: 過去写真ですが。 / くさとうお
もう一枚

2023/05/29(月)16:12 No.9187
Re: 過去写真ですが。 / くさとうお
結局メスに逃げられていましたが、(ちなみに右が♂)

2023/05/29(月)19:01 No.9188
Re: 過去写真ですが。 / 西村
ゴギのペアリングいい写真ですね。水が綺麗だと上から撮れてうらやましい。
アクションカメラや防水デジカメを、ぶっこんで動画撮影すると、産卵とか撮れそうだなぁと思いました。
私が捕るのであれば夜に潜って網で掬います。捕れなくてもゴープロで撮れるので満足しそう。

この場をお借りして、No.9184で記したレサバ障害の件は、その後に返信があって、
29日20:05に解消されました。通常状態に戻ったと思います。ご迷惑をおかけしました。
2023/05/29(月)23:25 No.9189
/ 西村

2023年5月27日はmaikyさんと濃尾平野でうな潜りしました。
1箇所目、初めての場所、ウエットスーツ、19:27〜20:52(1時間25分間)、
985m歩いて行き、2700m泳ぎ、201m歩いて戻りました。ウナギは1匹だけ捕れました。

2023/05/28(日)19:48 No.9178 
Re: 鯒 / 西村
ウナギよりもマゴチを狙っていました。予定距離の序盤で捕れてしまい、網袋の中で魚は暴れるのと、
水の抵抗が強くて推進力が弱くなり、網袋から棘がウエットスーツを突き抜けて刺さって痛かったです。
とても泳ぎ難い状態で、マゴチが捕れてから浮いていられても、潜ることは出来なくなりました。

2023/05/28(日)19:48 No.9179
Re: 鯒 / 西村
2箇所目、ウエットスーツ、22:55〜23:37(42分間)、513m歩いて行き、650m泳ぎ、41m歩いて戻りました。
2m以上潜るとウナギなどの魚は見られるので、良い場所だなと思っていたら、アカエイを2匹も目撃してしまい、
もう潜れずに浮いているしかない状況に。デンジャラスッ。それでもウナギは1匹だけ捕れました。
maikyさんお疲れ様でした。お陰様で目標達成できました。ありがとうございました。ドライ買いましょーう。

2023/05/28(日)19:48 No.9180
Re: 鯒 / JFish
うな潜りお疲れ様です。
マゴチは白身の味が本当に良いですよね、私はかなり前にシロギスを釣りに行った時に偶然1匹釣れて以来は出会ってないです。
私は今週は採集は行かず、旅先で採集の妄想をしていました。
写真は能登半島の輪島です。

2023/05/28(日)20:52 No.9182
Re: 鯒 / maiky
西村さん、お世話になりました。
今年初潜りが5月下旬、遅い(笑
お陰様で1匹獲れました。
2箇所目はアカエイ情報頂いてから
怖くて浅い場所漁り、完全に逃げ腰でした(笑
また宜しくお願いします。

2023/05/28(日)21:09 No.9183
Re: 鯒 / 西村
コメントありがとうございます。

JFishさん。マゴチは美味しいですが、網袋に入れて泳ぐのは大変なので、見つけても捕らないでいました。
釣獲は私も持ち帰ります。輪島ですか。遠くまで行かれていますね。採集の妄想ってどんなのだろう。

maikyさん。こちらこそです。動画のリンク貼り忘れていました https://youtu.be/H9X3UfOY3h4
泥煙で見辛い中から、ヒラヒラとアカエイが動く。直ちに浮上せよです。次はドライで一緒に潜りましょーう。
2箇所目を食べてみました。下茹でしたのでジューシーで美味しかったです。

ここ数日ほどサーバーレスポンスが悪い、いわゆる重い状態が続いていて、
これまでであれば1ページを開くのに1〜3秒くらいでしたが、5〜30秒ほど掛かっています。
DoS攻撃されているのかもしれませんが、今日レンタルサーバに問合せしましたが、まだ返信がありません。
たぶんそのうち解消されると思います。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらく我慢してやって下さい。

2023/05/29(月)00:05 No.9184
初夏の桜見 / JFish

5月20日(日)の未明、三重県の某水路へ採集に行って来ました。
例年通りなら、もうヤリタナゴの繁殖期のシーズン真っ只中だろう、との推測のもと。
いきなり、ひと掬い目からお腹の大きなメス個体が網に入ったので、それで確信できました。
1時間ほどのたも網採集で30匹以上は確実に網に入ったと思います。
昨年カネヒラでやったように、目で観て採集をやろうと思いましたが、捕獲対象になりそうな、寝ぼけている個体は見つからず、むしろ、深夜で繁殖活動をしてるのでは?という感じでした。

日本淡水魚ブログやってます。
日本淡水魚の記事だけでブログ更新をしているのは、JFishの「リアル日本淡水魚の世界へようこそ!」だけ!

アメンバー募集しています(年内で募集終了予定です)。
リンクは下記よりどうぞ↓

https://ameblo.jp/nipponfish

2023/05/27(土)07:34 No.9175 
Re: 初夏の桜見 / 西村
ヤリタナゴは繁殖期で良い時期ですね。新月の未明に起きているのは、街灯とかある明るい場所なのかなぁ。
深夜に繁殖活動をしているという情報は知らないですが、もしそうであれば生態学者さんたちがざわつきそうです。
うちのミナミメダカはほぼ毎日未明頃に産卵しているようですけどね。先ほども卵持っている個体がいました。
2023/05/28(日)02:27 No.9176
Re: 初夏の桜見 / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。

この時の採集場所は、水路の前に大きな工場があるような場所で、街灯などの明かりが多少は届いていたかもしれませんが、それでもそれはごく一部の場所だけで、あとはほぼヘッドライトを点けないと手元が全く見えない暗さでした。
たしかに昼行性の魚が深夜に繁殖活動していたら、驚きの事実なのかもしれませんね。

2023/05/28(日)06:14 No.9177
琵琶湖が旬に入った / 西村

2023年5月21日は琵琶湖と濃尾平野でさわだ君、かおるさん、ヤマノカミ君、西村の4人で採集しました。
1箇所目、琵琶湖、二枚貝とカワニナ採集、ウエットスーツ、07:16〜07:39(23分間)。
ビワヨシノボリがたくさんいました。動画の切り抜きで見辛いですが、中央付近に1匹写っています。
ヤマノカミ君はこの数時間前に、弁天イワトコナマズの産卵を見たそうです。もうそんな時期なのですね。
さわだ君とかおるさんとはこの後に解散。動画です https://youtu.be/kNySMSh1mVc

2023/05/23(火)22:01 No.9171 
Re: 琵琶湖が旬に入った / 西村
2〜3箇所目、岐阜県、増水と白濁で危なそうなので潜るのを諦める。4箇所目、ゼゼラ河川集団を狙うも捕れず。
5箇所目、トウスジを狙うも少ない。6箇所目、デメ濃尾を狙うも捕れず。ここでヤマノカミ君ともお別れ。
写真はトウスジでiPhoneらしい画像です。お疲れ様でした。楽しかったです。目的が完遂できて良かったです。

2023/05/23(火)22:01 No.9172
Re: 琵琶湖が旬に入った / ハリー
採集お疲れ様です。
弁天イワトコというのはアルビノ(黄色体)のことでしょうか。そういうのが自然で見られるのはすごいですね。
自分はアルビノは見たことないです(改良メダカは見かけたことありますが…)
雨の降った次の日だったので難しいコンディションだったと思います。お疲れ様でした。
2023/05/26(金)06:12 No.9173
Re: 琵琶湖が旬に入った / 西村
ハリーさん。コメントありがとうございます。

弁天イワトコナマズと呼ばれるものはアルビノ(弁天)、黄色固定(弁天)、黄色変動(やや弁天・偽弁天)の3つあります。
アルビノ https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=32071003049
黄色変動(左)・黄色固定(右) https://twitter.com/biwahaku/status/1480432257949376512

アルビノ(弁天)は、眼も黒色素胞が無く、弁天の中でも極希で、私は見たことがありません。
黄色固定(弁天)は、黄一色だけか黒色があっても境目がはっきりして、長期飼育しても体色が変化しないものです。
黄色変動(やや弁天・偽弁天)は、黄色にかすれた暗色模様があり、長期飼育すると体色が変化するものです。金魚に似た感じです。

ベンテンイワトコナマズを釣った!とネットに出てくるほとんどは黄色変動です。このタイプがよくいる場所があり、
そこで釣っていると思われます。ヤマノカミ君が見たのはおそらく黄色変動です。本物の弁天は非常に少なくてほとんどが偽物です。

湖中産物図証 キナマヅ https://dl.ndl.go.jp/pid/2553388/1/59 アカナマヅ https://dl.ndl.go.jp/pid/2553388/1/63
この中でキナマヅとアカナマズは黄色変動だと思われます。黄色と淡朱色は見え方による違いかなぁと。
弁天の定義によると思いますが、私的感情として黄色変動は、弁天とは呼びたくないなぁと思っています。

関係ないですが、ミナミアカヒレタビラ雄(福井県産)とシロヒレタビラ雌(琵琶湖産)ですが、
今朝もカメラ固定してバッテリー切れるまで撮影させておいたら、頻繁に貝覗きして産卵ぽい行動をしていました。
ミナアカ雄は先日のNo.9141と同じですが、シロヒレ雌は別個体だと思います。この水槽にはシロヒレ雄もいるのですけどね。
シロヒレ雌は3回産卵管を二枚貝に差し込もうとするも全て失敗していました。雄は放精しませんでした。
たぶん4月中旬頃から毎日こういう感じでしょうね。右下はカニカマを細かく切って与えました。色々な餌の1つです。

2023/05/26(金)23:43 No.9174
Re: 琵琶湖が旬に入った / ハリー
弁天イワトコのこと、詳しく教えて頂いて有難うございます。
弁天イワトコと一口に言っても色々なパターンがあるのですね。面白いです。
貴重な資料も教えて頂いて有難うございます。
湖中産物図証は味わいがあって興味深いです。他のページの読めるみたいなのでまた見てみたいと思います。こういうものがデジタルで見れる事に関しては、いい時代になったなーと思います。
アカヒレタビラはいい色になってますね。シロヒレ雄はどうしちゃったんだろう。アカヒレ雄との制貝圏?争いに敗れてやる気無くしているのかなあ。
2023/05/28(日)20:36 No.9181
同定お願い致します。 / サーフ

5月20日愛知県豊川の用水路でガサガサにて採集しました。
まだ3cm弱で幼魚かと思いますが調べてもわからなかったため、同定頂きたくお願い致します。
同じ場所で鮎も10匹程度とれました。
増水で上がってきてたのかと思います。

2023/05/22(月)22:21 No.9163 
Re: 同定お願い致します。 / 西村
スミウキゴリだと思います。この時期は河口付近から幼魚が大群で遡上します。
2023/05/22(月)22:44 No.9166
Re: 同定お願い致します。 / サーフ
西村様 早速ありがとうございました!
スミウキゴリなんですね。群れを見てみたいです。
2023/05/23(火)06:47 No.9167
確保できず / ハリー

5月20日深夜に岐阜県で採集しました。
目標魚があったので2時間ぐらい粘ったのですが見つからず。
雨の後で濁りが無いかが不安で、それがなかったのは良かったのですが…。

ヒガイが採れました。
採るとアップしたくなる魚の一つですね…。

2023/05/21(日)21:34 No.9161 
Re: 確保できず / ハリー
アップしたくなると言えばこちらの魚も。
婚姻色(体色)が採集箇所での個体差が大きいのが面白いです。
良く言われるのがこの写真のような重油色ですが、オリーブ色を見たときは「綺麗だなあ…」と思いました。

その他、オイカワ、カマツカ、カダヤシ、フナ類、コイ、雷魚(カムルチー?)、ナマズを見ました。
目的の魚は見つけられませんでしたが、いそうな雰囲気はあったので、また定期的に行ってみたいと思います。

2023/05/21(日)21:41 No.9162
Re: 確保できず / 西村
お疲れ様でした。2時間も探していないならばいないかも。あの雨で濁りがないのは逆に良くない環境かも。
あの川はカメラぶっこみして https://youtu.be/QsoY83ks0tM 私もヒガイ伊勢湾周辺種は撮れていました。
撮るには少し早い時期だったので、今頃が一番良いのでしょうね。また撮りに行きたいです。
アブラボテは綺麗ですね。飼育すると喧嘩ばかりですが、捕って見て逃がすだけならば好きな魚です。
2023/05/22(月)22:42 No.9165
Re: 確保できず / ハリー
西村さん、コメント有難うございます。
雰囲気は良さげだったんですけどね。
それほど遠くない場所なので、また覗いてみたいと思います。
ヒガイもアブラボテも好きな魚なのですが、飼育するのは色々と曲者なので、見て楽しむで終わってしまいますね。
今の時期ですと、カメラにオイカワの大群が映ったりして壮観かもしれませんね。
2023/05/23(火)21:45 No.9170
汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお

5月20日に採集をしてきました。
大潮の日だったこともあり、かなり広く採集をすることができました。
自分の中で初採集の魚が4,5種類取れて、かなりよい網行でした。
まずはアイナメ(クジメ?) 汽水で取れましたが、少し上流の水が入ったバケツに入れていたらふらふらになっていました。

2023/05/20(土)17:57 No.9146 
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
アナハゼ
写真が少ないようなので。

2023/05/20(土)17:58 No.9147
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
もう一枚

2023/05/20(土)17:58 No.9148
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
シモフリシマハゼ(アカオビとの区別…)
初です

2023/05/20(土)18:00 No.9149
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
驚いた+うれしかった。
スジハゼ系かな?

2023/05/20(土)18:02 No.9150
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
もう一枚

2023/05/20(土)18:03 No.9151
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
さらにもう一枚

2023/05/20(土)18:03 No.9152
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
安定のガンテン

2023/05/20(土)18:04 No.9153
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
何ヨウジでしょうか

2023/05/20(土)18:05 No.9154
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
汽水にいるとは思いませんでした
オニオコゼ

2023/05/20(土)18:09 No.9155
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
タケノコ?

2023/05/20(土)18:10 No.9156
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
カサゴ
(これは海水かな、)

2023/05/20(土)18:12 No.9157
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
イダテンカジカと思われます
汽水です

2023/05/20(土)18:14 No.9158
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
かなり河口に近かったのでこの掲示板に載せられるかどうかは微妙です
(はっきり載せられるであろう物はアナハゼ、シモフリ、スジハゼ系、ガンテン、ヨウジウオ不明種、オニオコゼ、タケノコ、イダテンです。)
ほかには、ボラ、ウキゴリ、ウナギなど、
お隣の県でちょうどG7が開催されいるのでG7(ゴリ7)ということで、ホームリバーのオオヨシ、シマヨシです

2023/05/20(土)18:29 No.9159
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / 西村
たくさんの写真ありがとうございます。行かれましたか。うらやましいです。
あまり根拠がないのでお伝え難いのですが、素直に思ったのは当サイトの範囲内(塩分17‰以内)でしょうか…。
塩分は均一ではないため、多少の上振れは良いとして、これは魚類相から安定して、25〜30‰はありそうな気がします。
希に海から流されて17‰以下に入るいわゆる海水魚はいますが、No.9154のオクヨウジのように複数が捕れることは極希です。
線引きが曖昧になるほど、河口ぎりぎり手前の場所で捕ったので、塩分30‰でも淡水魚ってなると、何でもありになります。
環境的に範囲内な感じでしょうか。No.9146は顔だけでは同定が難しいため、全体の写真はありますでしょうか。
今から出かけるため、同定は帰宅後に改めてさせて下さい。すみません。よろしくお願いいたします。
2023/05/21(日)04:06 No.9160
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / 西村
遅くなってすみません。No.9149はアカオビシマハゼ、No.9150とNo.9152はツマグロスジハゼ、
No.9151はスジハゼ、No.9156はタケノコメバル、No.9158はキヌカジカだと思います。
2023/05/22(月)22:31 No.9164
Re: 汽水2023.05.20+50種突破 / くさとうお
ありがとうございます。
アイナメ(?)ですが、全体の写真は今回はとっていませんでした。
塩分濃度ですが、河口から少し上流(海水魚を急に入れたら確実に死ぬ濃度)にもいたのはスジハゼ、ガンテン、タケノコ、アナハゼです。
今度からは、どちらかといえば海水であろう魚は、おこぼれ掲示板に貼るなど、気を付けたいです。
2023/05/23(火)18:54 No.9169
取留がない備忘録 / 西村

先日に飼育中のニセマツカサガイ琵琶湖型とオバエボシガイ琵琶湖産を並べて置き、
水槽の外側からゴープロを向けて、バッテリーが切れるまで撮影させました。
ミナミアカヒレタビラ雄(福井県)とシロヒレタビラ雌(琵琶湖)がオバエに産卵していました。
動画 https://youtu.be/uA1Z0I5vodU ペアは貝覗きタイムを9回して産卵は1回だけ。
それもシロヒレ雌はオバエばかりに興味を示して、ニセマツを貝覗きしたのは1回だけでした。
ミナアカは何度かニセマツを貝覗きしていました。ニセマツの方が大きくて良さそうなのに。
オバエは2022年8月20日 https://tansuigyo.net/m/diary.cgi?no=1684 に捕った個体です。
福井県にシロヒレ、琵琶湖にミナアカを放流されたら、交雑して恐ろしいことになるなぁと思いました。

2023/05/17(水)23:45 No.9141 
Re: 取留がない備忘録 / 西村
今年も屋外のミナミメダカがほぼ毎日産卵しています。あんまり増えられても困るんだけどなぁ。

2023/05/17(水)23:45 No.9142
Re: 取留がない備忘録 / 西村
冷凍野菜類ミックスを作りました。片付け等も入れて約1時間50分でした。1年半は使えるでしょう。
前回は2021年12月18日に作りました https://tansuigyo.net/a_a/gao2/img/7461.jpg
2袋ほどハリーさんにお譲りして、まだ少し残っていますが、1年5箇月ほど使えました。
今年はかぼちゃが高かったっ。平年比2.6倍 https://hatakemon.com/pumpkin_market_price/#index_id0

2023/05/17(水)23:45 No.9143
Re: 取留がない備忘録 / ハリー
貴重な動画有難うございます。
交雑する種があるということを知識として知っていても、実際交雑する瞬間を目の当たりにするとその生々しさにギョッとしますね。

野菜ミックスは種類が多くて栄養価高そうですね。
自分は冷凍野菜ばかり(芋・バナナ除く)で大分手抜きです。
枝豆やグリンピースを冷凍のままでミキサーということは、種子の周りの薄皮は無視しても問題ないということでしょうか。
今までは一粒一粒剥いてました。
2023/05/18(木)18:44 No.9144
Re: 取留がない備忘録 / 西村
ハリーさん。コメントありがとうございます。
タビラ種にシロヒレタビラ基亜種とミナミアカヒレタビラ亜種があるので、種関係と違って交雑は容易にするはずですが、
動画を見ていて、おいおいまさか、オーッ産卵してるって声が出ました。たぶん毎日のように産卵していそうな気がします。
両亜種の出会いが水槽内だけで止まっていればまだしも、色々なタナゴ類が近場で見たいという安直な考えだけで、放流されたりしたら怖いです。
昔に濃尾平野(あえて場所を書きますが確か岩倉市の五条川)にアカヒレタビラを放流したと、自慢げに話して来られた方がいてギョッとしました。
シロヒレタビラと交雑したらマズイと思いましたが、今や琵琶湖以西の集団が入って交雑し、濃尾在来集団が風前の灯火なのは残念です。
それとは別の話ですが、だいぶ前からあった風潮ですが、少し前も亜種というタクソンは認めないという論文を見たので、
ミナミアカヒレタビラ雄とシロヒレタビラ雌の産卵は、タビラ雌雄の産卵で終わってしまう話かもしれないですけどね…。

冷凍野菜類ミックスは10種類くらい入れたかったのですが、栄養価とか調べるのが面倒になって、私も手抜きで妥協しています。
冷凍枝豆は何度かミキサー粉砕していますが問題はなかったです。写真はグリンピースですが、これは初めてミキサー粉砕にしました。
何だか薄皮が細かくなっていないようですが、120cm水槽はフナ類(オオキンブナ?)、45cm水槽はタカノケフサイソガニ、
90cm水槽はカワニナ類が、だいたい何でも食べるので、大丈夫かなと思っています。残存しても食物繊維ですし問題は無いでしょう。
ちなみに、塩あじそら豆は茹でるので、だいぶ塩分が下がると思いますが、枝豆はほんのり塩味付きで、丸ごと粉砕で使用したので、
淡水魚には塩分摂り過ぎではないかと思われそうですが、うちの淡水魚水槽自体が海水を入れて、塩分1〜3‰にしてあるので問題ないかと。

2023/05/18(木)22:09 No.9145
汽水2023.5.14+ / くさとうお

5月14日にホームリバーで採集をしてきました。
汽水と中流で採集をしたのですが、初採集の魚も数種取れました。
何気に今日は大型が多かったなあ、と思っています。
まずは汽水にて、イシガレイ、成長が感じられてとてもいいです。

2023/05/14(日)18:55 No.9122 
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
無眼側

2023/05/14(日)18:56 No.9123
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
マハゼ幼魚

2023/05/14(日)18:58 No.9124
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
何者?

2023/05/14(日)18:59 No.9125
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
初採集。アシシロハゼかな?

2023/05/14(日)19:00 No.9126
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
チチブ
でかい

2023/05/14(日)19:01 No.9127
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
きれい

2023/05/14(日)19:01 No.9128
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
初採集。キチヌ

2023/05/14(日)19:03 No.9129
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
前はチチブの一部となったスズキ

2023/05/14(日)19:04 No.9130
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
オサガニ

2023/05/14(日)19:06 No.9131
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
ヒモハゼが取りたいなあ・・・

2023/05/14(日)19:08 No.9132
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
中流にて、シマヨシノボリ

2023/05/14(日)19:09 No.9133
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
カマツカ
でかい

2023/05/14(日)19:11 No.9134
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
G何でしょうか、
(見にくくてすみません)

2023/05/14(日)19:14 No.9135
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
写真が多くなってすみません
雨の後かつ小潮ということもあって水深は深いのではないかと思いましたが、結構引いていました。
汽水は何度来ても新しい発見があります。
今年の目標はゴギかヒモハゼかユゴイを取ることです
2023/05/14(日)19:20 No.9136
Re: 汽水2023.5.14+ / 西村
たくさんの写真をありがとうございます。

14日は潮のあまり引かない日だったので、私は汽水胴長採集を考えもしなかったです。でも割と色々と見られて良いですね。
勝手に想像して三田尻とすると http://www2q.biglobe.ne.jp/~ooue_h-h/i/tide/s_tide.cgi?1&mitani&0&20&35&2023&05&14
平均水面からマイナス70cm以下が干潟として入れる時間帯だと思いますが、三田尻だと110cm以下ということですね。
14日昼間だと最低が127cmで、たぶん干潟は出ていないだろうなと想像しています。おそらくヒモハゼは110cm以下よりも、
もっと低く(50cm以下程度)て、砂泥掘りしないと厳しいと思います。今週末は良く引きますよ。ユゴイは秋に多いです。
No.9125はマサゴハゼ、No.9126はアシシロハゼで合っていると思います。

シマヨシはお腹が青くなってきましたね。良い時期です。カマツカはG1(カマツカ)だと思います。Gで表記するの懐かしいなぁ。
http://www.uchiyamaryu.com/images/news/2019_Tominaga%20&%20Kawase_Two%20new%20Pseudogobio%20from%20Japan.pdf
Fig. 7の黄色がカマツカで、橙色がナガレカマツカで、山口県はほぼカマツカだけが分布しています。
腹鰭先端と臀鰭起部の位置関係的にもカマツカだと思います。
2023/05/15(月)06:46 No.9137
Re: 汽水2023.5.14+ / くさとうお
ヒモハゼや、ユゴイに関するアドバイスなど、ありがとうございます。
両種とも、山口県レッドリストでは情報不足に指定されています。
実は、今まで胴長を使ったことはありません。40pぐらいの深さの長靴を使っていますが、最近はあまり意味がありません。(足の保護?)ハイチェストウェーダーを購入すればかなり世界が広がるのではないかと勝手に想像しています。
今週末はガンテンを取った川で頑張ろうと思います。
カマツカについてもありがとうございます。カマツカはよくとるのですが、あまり関心を持つことが少ないですがカマツカ亜科にも力を入れていきたいです。(ズナガニゴイとか)
写真はアユカケを取ろうと頑張っていたころに採ったクロヨシノボリです。本種とルリヨシは山口県内では少なくルリヨシは見たことがありません。

2023/05/15(月)11:31 No.9138
Re: 汽水2023.5.14+ / 西村
汽水域で長靴だと行動範囲はだいぶ制約されますね。ズボンが濡れたり泥で汚れるのが気にならないならば、胴長は必要ないかもしれません。
汽水域はカキやその殻があるので、ハイチェストウェーダーを買ってもすぐに破れて水が入って来ます。新品を5分で破いている人もいました。
写真は私の胴長です。補修だらけなので、買い替えようよと言われたこともありますが、それは汽水域であまり採集しない人です。原因はほぼカキです。
本気で採集すればするほど破れるので、あえて破れた胴長を履いて、カキプロテクターとして使って、ずぶ濡れになっている人もいます。
淡水域は長靴よりも胴長は世界が広がると思います。草むらなどを通る時のマダニやツツガムシ対策にもなります。
安全性は長靴よりも胴長の方が高いですが、ライフジャケットを着ればどちらも変わらないかもしれません。
ここまでは長靴と胴長のことを記しましたが、素潜りはもっと世界が広がります。安全性は圧倒的に低くなりますが…。
少し気になったのですが、淡水域はあまり問題はないですが、汽水域で素手はカキで手を切る可能性が高いため、軍手を装着した方が良いかも。

2023/05/15(月)22:29 No.9140
/ 西村

2023年5月12日は濃尾平野で採集しました。
1箇所目、ウエットスーツ、20:11〜21:28(1時間17分間)、852m歩いて行き、1670m泳ぎ、88m歩いて戻りました。
透明度は一番酷いところで20cmほどで、何度もぶつかって泳ぐのが怖い。ウナギは6匹見ましたが小さいので突かず。
本命は某魚を狙っていましたがそれもおらず。着替え終えると全身が痒い。汚い場所に潜るとよくある状態。
魚はニホンウナギ、カマツカ、コクチバスです。動画 https://youtu.be/-UFLOLDaOTQ

2023/05/13(土)03:01 No.9117 
Re: 某 / 西村
2箇所目、某氏に教えて頂いた某所で某魚を狙いました。捕れませんでした。写真はスナヤツメ種群です。

2023/05/13(土)03:02 No.9118
Re: 某 / 西村
トウカイコガタスジシマドジョウです。
この時期にしては雄のL5が細くて、尾鰭が暗色横帯で縁取られ、斑紋も不規則なので、
サンヨウコガタかぁと思いましたが、背側の斑紋はやや大きいので、トウカイコガタとしておきます。

2023/05/13(土)03:02 No.9119
Re: 某 / JFish
採集お疲れ様です。
最近つくづく感じているのですが、人が、魚がこういう環境にいるはずだ、という願望と、リアルに生息する現実はかなりギャップがあるということに..
まさに、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の採集バージョンですね。

日本淡水魚ブログやってます。

リンクは下記よりどうぞ!

https://ameblo.jp/nipponfish

2023/05/13(土)05:45 No.9120
Re: 某 / 西村
JFishさん。コメントありがとうございます。
魚は時期によって移動しもしますからね。私の場合はハイリスク・ノーリターンでも、
楽しめる損な性格のようなので、虎児もいない虎穴にも入ってしまうのですよね…。
2023/05/14(日)07:39 No.9121
同定願います / JFish

5月10日の夕方、木曽川のワンドへ行こうとしていたところ、その手前に増水でワンドからあふれてできたと思われる水溜まりのような場所があり、そこに何やら小さな魚の群れが行き交っているのを見つけ、めちゃくちゃ素早かったですが、何とか足でたも網の方へ追い込んで何匹か捕ることができました。
あの魚かな、というのが、2つ候補がありますが、確信が持てませんので、同定の方をよろしくお願いいたします。

2023/05/10(水)21:42 No.9112 
Re: 同定願います / 西村
アユだと思います。
https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/229036
https://www.water.go.jp/chubu/kisogawa/kankyou/kankyou_tyousa.html
https://ops-jg.d1-law.com/opensearch/SrJbF01/init?jctcd=8A856599AA&houcd=H340902100118&no=1&totalCount=1&jbnJiten=5030119
https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/352043.pdf
撮影後すぐに逃がされましたよね…。

木曽川のワンドについて、ある方へ数年前に書いたものを、少し変えて記します。
ワンドとは何かというと、淀川周辺の方言みたいなもので、
http://www.nilim.go.jp/lab/rcg/newhp/yougo/words/103/html/103_main.html
なぜカタカナで全国的に広まっているのか分かりません。
淀川の水制群はヨハネス・デ・レーケ氏が指導し、ケレップ水制と呼ばれています。
木曽川にも同氏が指導したケレップ水制があり、土砂が堆積しています。
これをわんど(たまり含む)とするならば、愛知県と岐阜県に跨って分布し、
新木曽川大橋〜立田大橋(約30km)という広大な範囲に見られます。
ようするに、特定の狭い範囲ではなく、何々市で捕りましたくらいの感じですね。
2023/05/11(木)00:37 No.9113
Re: 同定願います / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。
やはり、アユだったのですね。
たも網上、観察ケースで観察した時、どう観てもアユだよな、とは思っていましたが、このサイズのアユを採集した経験は初めてだったので、一応、西村さんにも見ていただきました。
ブログ公開用の撮影を終えてからはリリースしました。

2023/05/11(木)06:36 No.9114
Re: 同定願います / 西村
リリースされていてホッとしました。
2023/05/12(金)06:06 No.9115
Re: 同定願います / JFish
ご心配おかけしました。
今回はたも網でアユを捕獲、という貴重な経験ができて良かったです。

2023/05/13(土)01:52 No.9116
岐阜イド / 西村

2021年11月27日ウキとスミ。
2021年6月に「山下博康・藤原正季・市守大介.2021.
岐阜県初記録のイドミミズハゼの仔魚.南紀生物,63: 39-41.」を拝読させてもらいました。
2019年11月に濃尾平野内の揖斐川・長良川・木曽川から、イドミミズハゼの仔魚が捕れたという報文でした。
濃尾平野に生息する淡水魚は文献を読み漁って、子供の頃から本気で採集してきたつもりだったので、
イドミミズハゼが生息するとはとても思えず、すぐに何かの誤同定だろうと思いました。
色々と調べると可能性が一番高いのは、ウキゴリかスミウキゴリだろうと思いました。
ただ、11月に仔魚という産卵期のずれと、仔魚の大きさの不一致が決め手に欠けました。

2023/05/07(日)01:03 No.9103 
Re: 岐阜イド / 西村
2021年11月27日採集の様子。
そこでハリーさんやささき君の力もお借りして、2021年11月に報文にあった揖斐川・長良川・木曽川の3箇所で、
3人一緒にだったりそれぞれがウキ・スミの採集をしました。https://tansuigyo.net/a/gao2/sk-2021-11.html
目的はウキ・スミの産卵床、卵や精子の状態の確認、可能であれば人工繁殖で仔魚まで育てて比較することです。
残念ながら同定の根拠になる結果は出ませんでした。2021年12月29日にスミの産卵床は見つけましたが…。

2023/05/07(日)01:03 No.9104
Re: 岐阜イド / 西村
2022年11月19日揖斐川スミ仔魚。
その後も地の利の効くハリーさんが、何度か採集して状況を教えて下さいました。
2021年11月は成魚で失敗したため、2022年11月は仔魚を狙って成功。2022年12月には三重県でも仔魚が捕れました。
それらを武藤さんにお願いして遺伝子解析した結果はスミでした。その後に平嶋さんと向井さんが、
同様な採集をしていると知って、ささき君をリーダーとする6人で論文化することになりました。
紆余曲折ありながら2023年5月6日に無事出版。約2年掛かりました。共著者の皆さん大変にお疲れ様でした。
https://www.museum.kagoshima-u.ac.jp/ichthy/INHFJ_2023_032_001.pdf

2023/05/07(日)01:04 No.9105
Re: 岐阜イド / 西村
2022年12月10日三重県スミ仔魚。
要点としては、岐阜県初記録のイドミミズハゼの仔魚は、スミウキゴリの誤同定だったですが、もう1つあります。
スミウキゴリの産卵期は春頃とされることが多く、日本魚類館だと対馬・九州北部では12〜3月、北海道では5〜6月とされています。
それが今回の論文では、特別に暖かい地域でもない岐阜県で、11月上旬に産卵が始まっている可能性を突き留めたことです。
全国的に言えばスミウキゴリの産卵期は11〜6月(8箇月)ということになり、産卵期ではないのは7〜10月(4箇月)だけです。
また、2017年11月26日に神奈川県でウキゴリの産卵床が見つかっていることから、ウキゴリも同じくらいの長い産卵期だと思われます。

調べられたのは揖斐川の極少数で、その結果はスミでしたが、同所的にウキとスミが見られ、より多くの個体を調べれば、
11月にウキ仔魚が見つかる可能性もあります。長良川と木曽川は成魚採集をしただけで、まだ何もわかっていません。
長良川は長良川河口堰の影響で、スミの遡上が少なく、成魚もほとんど見られないことから、ウキの可能性が高いです。
木曽川は木曽川大堰の影響で、スミの遡上を大きく阻害され、上流でスミを確認してないため、ウキだろうと思います。

2023/05/07(日)01:04 No.9106
Re: 岐阜イド / ハリー
岐阜イドの件、大変お疲れ様でした。ようやく形になりましたね。

この件については、西村さんから2年前の7月下旬にお声がけ頂きました。
私はそれまでミミズハゼ類を自前で採ったり観察したことがなく、「シャベルで採る」ということも知りませんでした。
その後、秋口に入ってから本格始動し、冬にご一緒させて頂いて採集をし、以降は西村さんが書かれている通り、2年間にわたって断続的に調査することになりました。
ある程度骨子が決まって論文化する話が浮上した時に、私は「謝辞に調査協力者として名前が載るのかなぁ」ぐらいに思っていましたが、西村さんのご厚意で共著者という形で名前を連ねる形にして頂きました。感謝致します。
また方向性が見えてから、今日こうして世に出る間に紆余曲折がありましたが、それを乗り切って形にしたささきさんをリーダーとする共著者の皆様、大変お疲れ様でした。

私個人としては、この件はウキゴリ類の知見を深められた他に、(外から見ていた形ではありますが)論文化することの苦労の一端を垣間見たりするなど、知らないことが僅かばかりでも理解できて、大変勉強になりました。
また、この調査を切っ掛けにして西村さんとは度々採集をご一緒させて頂くことになったり、夜間採集を始めるようになったりと、採集者としてのターニングポイントになったという意味でも思い入れが深いものとなりました。

西村さんが最後に書かれている通り、この論文は実験した数量的な観点でみると「可能性を提示した」ところに留めざるを得ない部分があります。
そういう意味ではまだこのテーマは完全に終了したわけではありません。
また西村さんとはこのテーマに関連することで、別のアプローチも出来ないかなあという話もしています。
それらがまたいつの日か形になって、今回の論文を補強することが出来る日が来たら幸いです。

2023/05/07(日)03:35 No.9108
Re: 岐阜イド / ささき
西村さん、ハリーさん、今回は本当にお世話になりました。共著者の皆様もありがとうございました。
2021年の11月から岐阜イドを追いかけ始めて、出版までに2年半も経ってしまいました。お待たせして申し訳ないです。
直しても直しても出てくるミスで最後の半年は延々と悶えてましたが、なんとか出版できて胸をなでおろしています。

2021年に初めて岐阜イドの報文を見た時、自分は普通にイドミミズの存在を受け入れてしまっていたのですが、またも西村さんの予想通りの結論に至ったので驚きです。
11月にウキ・スミの成魚を採集したときは今にも卵を産みそうな個体は見つからず、仔魚の大きさも既報のものとはだいぶ違ったので、ウキゴリ類以外のハゼが産卵しているのか、あるいは本当にイドミミズがいるのかと思っていましたが…結局元の位置に戻ってきましたね。

今回の岐阜イドは事前に予想していなかったことだらけで驚いてばかりでしたが、どれもどうにか乗り越えられて幸運だったと思います。
お二人のおっしゃる通り、未解決な部分も残っていますので、今後もこの辺りの問題については色々出てくるかもしれません。
ただ一つの区切りはついたと思いますので、共著者の皆様、また相談に乗っていただいた皆様には厚く感謝申し上げたいと思います。
2023/05/07(日)22:47 No.9109
Re: 岐阜イド / 西村
コメントありがとうございます。

ハリーさん。ようやくですね。岐阜イドをイドではないと知りながら、日淡会へ間違った情報を載せている時間が長く感じました。
ご厚意やギフト・オーサーシップではなく、調査場所の下調べや私は叶わなかった仔魚の採集など、重要な貢献があったので当然です。
私は著者に興味が無くて加わるつもりはなかったのですが、言い出しっぺだったのと、少し強引で嫌われるお節介によって、
共著者の5人に得がありそうだったので、抜けるわけには行かないと思って続けることにしました。
ゴースト・オーサーシップは過去に何度かあったような気もしますが…。何とかナマズとか。それはいいとして、
私もハリーさんと度々採集をご一緒させて頂いて、色々と勉強になりましたし楽しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

ささきくん。紆余曲折で綱渡りだったので、出版まで漕ぎつけたのはささきくんのお蔭で手柄です。もう少し悶える要素を分かち合って欲しかったかな。
だから言ったやん。が私の口癖っぽいので、人に信じてもらえず、伝えることが下手なようです。受け入れ難い話が多いのと、根拠薄弱なのも理由でしょう。
未解決な部分は今回の論文が足掛かりになって、我々ではない人たちが解明して、公開してくれても良いかなと思っています。
どこまで書いて良いか迷うほど、色々とありましたが、とにかく良かったです。また会ってくれた時に一緒に愚痴りましょう笑。
2023/05/08(月)01:30 No.9111
無題 / Sato

初めて投稿します。
熊本にイチモンジ遠征に行きましたが、あまり釣れませんでした。しかし、綺麗なイチモンジを見る事が出来たので私は満足です。

2023/05/07(日)00:17 No.9100 
Re: 無題 / 西村
初投稿ありがとうございます。極彩色の良い個体ですね。
イチモンジがGW頃に一番綺麗になることを、昔はわくわくして待ちわびていたのに、すっかり忘れていました。
カメラぶっこみに行きたいなぁと思ったときには雨。来週末にでも行ってみようかな。
2023/05/07(日)01:02 No.9102
泥水泳 / 西村

2023年5月6日未明は濃尾平野でうな潜りしました。
ウエットスーツ、00:13〜01:36(1時間23分間)、832m歩いて行き、1730m泳ぎ、90m歩いて戻りました。
代掻き濁水の影響か濁って見辛い。水面にゴミが多い。底はアカエイと思われる食痕だらけ。
前半は川と下げ潮が合わさって流され、後半は上げ潮で浮いていると戻されるので常にフィンを動かす。
ウナギは大中小3匹を見ただけ。2/3は初めての場所でしたが、この場所はもう潜る気は無いです。
水温気温は高くなりましたが、まだウエットスーツで1時間23分間は寒い。40分くらいが限度。
魚はニホンウナギ、フナ類(ギンブナ?)、マハゼです。動画 https://youtu.be/WqGkz6sfkZ8

2023/05/06(土)18:24 No.9097 
Re: 泥水泳 / 西村
ピンボケ写真ですがミナミアカヒレタビラの婚姻色と産卵管がピークのようです。
最近何度かカメラぶっこんで撮影していますが、浮遊物が多くて汚い感じの動画しか撮れていません。
エアレーション水流によって巻き上がっているのかな。白っぽいたくさんある線です。

2023/05/06(土)18:25 No.9098
Re: 泥水泳 / ハリー
うな潜りお疲れ様です。
動画拝見しましたが、代掻き&泥底は視認性が悪く、大変でしたね。
ミナミアカヒレタビラの婚姻色、綺麗ですね。
去年採集して頂いたシロヒレは今も健在ですが、まだ通常運転ぽいです。婚姻色来るのかなあ…。
2023/05/07(日)01:37 No.9107
Re: 泥水泳 / 西村
ハリーさん。コメントありがとうございます。
やすは視認できないと捕れませんからね。進む先々でマハゼなどがライトに驚いて泥煙でした。
去年のシロヒレですが、雄は婚姻色を現わし、雌は産卵管を伸ばし、ずーっと追いかけ合いしています。

2023/05/08(月)00:47 No.9110
今年も釣ってみた / ハリー

5月5日早朝に滋賀県で採集しました。
ここ数年は毎年ホンモロコを採りに春に一度は行くのですが(必ずしも毎回採れているわけではないですが)、今年は行きそびれていました。
GWの後半は雨予報で状況が不明なため、5月5日にどこかに行こうと思った所、採集のお仲間から声を掛けて頂いたのに乗りました。
いつも行く場所は水深がそれほど深くないので、ブッコミせずに延べ竿で地道に一匹ずつ…。
幸いなことにそこでそれなりに釣れたので、1か所で完了しました。
久しぶりの釣り(ペットボトル釣法は最近しましたが)をのんびり楽しみました。

2023/05/06(土)07:57 No.9092 
Re: 今年も釣ってみた / 西村
3日連続滋賀県で採集ですか。元気ですね。どれくらい釣れたのでしょう。
私のホンモロコは近年だと2月に捕って終了しますが、その頃はまだ延べ竿で釣れるほどいないと、
一番大きくなったGWに釣るのも良いですね。そろそろ琵琶湖の旬が始まります。
2023/05/06(土)17:10 No.9096
Re: 今年も釣ってみた / ハリー
西村さん、コメント頂きまして有難うございます。
もともとそんなつもりではなかったのですが、結果的に3日連続になりましたね。
数は正確に数えていませんが、20匹半ばぐらいだったと思います。一部を飼育用と食用で持ち帰りました。
この日は1か所でのんびり釣りをして朝のうちに切り上げたので体力をそれほど使わなかったのですが、午後から例のごとく息子の要望で自転車で某稲荷を目指して行った(結局時間と体力の限界でその近くの道の駅で引き返しましたが)ので、足が筋肉痛です…。
2023/05/06(土)22:09 No.9099
Re: 今年も釣ってみた / 西村
のんびり釣りで朝のうちだけで20匹半ばは凄いですね。自転車遠征おつかれさまでした。
2023/05/07(日)00:57 No.9101
高津川水系 / くさとうお

2023年5月3〜5日に高津川水系に行ってきました。
目的としていた日淡もいくらか取れて(撮れて)納得のいく網行だったと思います。
まずはアユカケ

2023/05/05(金)17:16 No.9082 
Re: 高津川水系 / くさとうお
アユ&アユカケ

2023/05/05(金)17:17 No.9083
Re: 高津川水系 / くさとうお
チチブ

2023/05/05(金)17:17 No.9084
Re: 高津川水系 / くさとうお
上流の支流にて、アマゴ
確率的に放流個体ですが、本当にきれいでした。

2023/05/05(金)17:20 No.9085
Re: 高津川水系 / くさとうお
同所にて、撮ったゴギ(少し画像が荒いが・・・)

2023/05/05(金)17:24 No.9086
Re: 高津川水系 / くさとうお
イシドジョウ
これが取りたかった!
山口県では2022年から希少野生動植物に指定されているので本当に取りたかった魚です。

2023/05/05(金)17:28 No.9087
Re: 高津川水系 / くさとうお
(アマゴ)→ヤマメとイシドジョウはボサにて
アユカケは、近くの深場に大型がいたが取れなかった。
アユは網に勝手に入ってくる。
イシドジョウ、ヤマメ、ゴギのポイントは近くに湧水がありました。
全体的に魚影も濃く、楽しい川でした。

2023/05/05(金)18:09 No.9088
Re: 高津川水系 / 西村
3日間も採集とは凄い体力ですね。しかも目的の魚を捕られている。チチブはヌマチチブだと思います。
TGは一見綺麗な水中写真を撮れるのですが、オリジナル画像をPCで見ると荒いですよね。
それでもゴギが撮影できて、イシドジョウが捕れるのは羨ましい。イシドんこもいそうな場所ですね。
2023/05/06(土)06:02 No.9091
Re: 高津川水系 / くさとうお
もともとの狙いは、アユカケ、イシドンコ、イシドジョウ、ゴギでした。
ヤマメは全く想定していなかったので、かなり驚きました。
いつかゴギをしっかり釣捕(もしくは網)したいです。
写真は日淡を始めたころに採ったイシドンコと思われる魚です。
採集地的にはかなり微妙ですが・・

2023/05/06(土)11:09 No.9093
Re: 高津川水系 / くさとうお
もう一枚

2023/05/06(土)11:10 No.9094
Re: 高津川水系 / 西村
日淡を始めたころにイシドンコとは末頼もしい。
頭部の孔器列を確認しようとしましたが、微妙でわからなかったです。
下流域ではドンコと交雑もしているようなので難解です。
2023/05/06(土)17:02 No.9095
イムズカ / 西村

2023年5月3日夜〜4日明け方は滋賀県でハリーさん、あじ丸くん、西村の3人で採集しました。
4月29日未明に琵琶湖で捕ったウナギ70cmの2/3を持って行って、鉄フライパン+焼き網+蓋で蒲焼にしました。
網に張り付いて少し身崩れしたり、火が出たりしましたが、33分ほど焼いて無事に出来ました。
ハリーさんとあじ丸くんも喜んでもらったようで良かったです。そして肝心の採集です。
今回はイトモロコ(あじ丸くん)、ムギツク・ズナガニゴイ(ハリーさん)、カワバタモロコ(西村)を狙いました。

2023/05/05(金)01:32 No.9073 
Re: イムズカ / 西村
1箇所目。川は代掻き濁水と思われる影響で、白濁して足元が見えない。闇雲にたも網を入れるしかない。
写真はイトモロコ、アブラボテ、モツゴ、ニシシマドジョウです。

2023/05/05(金)01:33 No.9074
Re: イムズカ / 西村
ムギツクもそこそこ捕れました。これはハリーさんが捕られた大きな個体。

2023/05/05(金)01:33 No.9075
Re: イムズカ / 西村
2箇所目。ブルーギルしか捕れない。3箇所目。上から覗くと小魚がたくさんいる。
一掬いすると11匹のカワバタモロコが捕れました。残るはズナガニゴイだけです。

2023/05/05(金)01:33 No.9076
Re: イムズカ / 西村
4箇所目。ここは澄んでいる。闇雲採集を苦手として、視認採集を得意とする私にとっては楽勝。ズナガニゴイ2匹を捕獲。

2023/05/05(金)01:33 No.9077
Re: イムズカ / 西村
あじ丸くんが捕ったカマツカです。ナガレカマツカが混じっているかも。

2023/05/05(金)01:33 No.9078
Re: イムズカ / 西村
あじ丸くんが捕ったアカザ(クレード1)です。デカイ。ケースの幅(16cm)から計算してみたら全長12.4cmでした。
ここで解散となりました。3人とも目標達成できて良かったです。楽しかったです。お疲れ様でした。

2023/05/05(金)01:34 No.9079
Re: イムズカ / JFish
採集お疲れ様です。
今回は十分に採集を堪能されたようですね。
私も一昨日釣具店で、やっと、まともなたも網を購入したので(ちゃんと底引きのできる一文字?タイプ)、これからという感じです。
2023/05/05(金)03:53 No.9081
Re: イムズカ / ハリー
西村さん、あじ丸さん、その節は大変お世話になりました。
自分にとっては色々な意味でインパクトのある採集でした。

採集の前のウナギの件ですが、美味しかったのは勿論なのですが、「今まで食べたことがない味」というのが衝撃的でした。
「これを『蒲焼』というなら今まで食べてきたものは『蒲焼』ではない。今まで食べてきたものが『蒲焼』なら、これは『蒲焼』ではない」…回りくどい言い回しですが、これが率直な感想でした。
つまりは蒲焼のアイデンティティ・クライシスです。それほど衝撃を受けました。

採集についてですが、自分は完全に闇雲・闇鍋採集系統ですね。とにかく「当たり」が出るまで引き続ける、泥臭いやり方しかできないのです。
西村さんの、精度の高い一撃必殺スナイパー採集には惚れ惚れします。今回もズナガの件で恩恵に預からさせていただきました。
視認採集はとても苦手です。何度も挑戦してはいるのですが、なかなか成果出ず…。動体視力と反射神経がへっぽこなので一歩遅れる感じが致命的なような気が…。
アカザはこんなに大きいの初めて見た気がします。10p越えは採集したことありますが、これは立派な個体だなと思いました。

その他、自分ひとりなら絶対行かないような狭い道を運転して「ふぎゃー」となったり、自分ひとりなら行かないような(…多分)冒険チックな採集箇所だったり(運動音痴+高所恐怖症なので)、前日夜から夜が明けるまで採集して変な清々しさ感じたり、思い出深い採集となりました。
色々と有難うございました。また今後とも宜しくお願い致します。

2023/05/05(金)23:27 No.9089
Re: イムズカ / 西村
コメントありがとうございます。

JFishさん。お二方のお蔭で堪能しました。蒲鉾型のたも網 https://tansuigyo.net/a_a/gao/T20150321201442.jpg でしょうか。
私は名称を知らないので角だも、丸いものは丸だもと呼んでいます。下流域・河口域でぜひ底引きして下さい。色々捕れますよ。

ハリーさん。こちらこそです。ウナギの蒸し焼き方法は、一般的なやさしい味の蒲焼と違って、パンチが効いている燻製蒲焼ですかね。
蒸し焼き(確り焼かなくても臭み消える)にしては少し焼き過ぎたので、もう5分くらい素焼きを短くしたら、もっとジューシーだったと思います。
私が闇雲採集をすると面倒で飽きて、集中力が続かないのですが、ハリーさんは私が休憩している間も頑張られて、凄いなぁと感心しています。
干潮時の汽水魚採集では、泥臭いやり方が一番成果が出るので、これから良い時期になりますし楽しみですね。
狭い道や冒険チックは慣れだと思います。夜運転の夜採集も慣れて来られましたよね。こちらこそありがとうございました。

2023/05/06(土)05:50 No.9090
同定してから持ち帰りましょう / JFish

先週いつか採集してみようと思っていた水路で念願の採集活動を達成。
水はねずみ色、底はヘドロのひどい汚染環境でしたが、意外にも多様な種類が生息する場所でした。
その中でも、意外だったのが、2種の共存繁栄はあり得ないと思っていた、2種類の同所生息でした。

どこかで、うまく住み分けのバランスが維持できているのかも知れませんね。

・・でも、採集者が持ち帰ることができるのは片方だけ...

2023/05/04(木)19:17 No.9070 
Re: 同定してから持ち帰りましょう / JFish
こちらは、同じ日、同じ場所で採集したメダカです。

現在このテーマにて、ブログを絶賛公開中です。

リンクは下記よりどうぞ

https://ameblo.jp/nipponfish

2023/05/04(木)19:20 No.9071
Re: 同定してから持ち帰りましょう / 西村
JFishさんのあたりの都市部だとミナミメダカが生息していて、環境悪化やカダヤシの侵入などで激減か絶滅して、
その後にミナミメダカが放流されて、一時的に2種類が共存ということもあるかなと思いました。
昔と違って環境悪化という問題が取り除かれていたならば、放流ミナミメダカもカダヤシと競合しながら生き残り続けるかも。
更に悪い妄想をすると、貴重なミナミメダカがいるとして、カダヤシだけ駆除されて、放流魚が守られることもあるので、
一番大事なのはそのミナミメダカが在来かを確認することだとは思います。写真は20年前に撮影しました。
昔はよくヒメダカを見かけましたが、今は減ってシロメダカを希に見かけるようになりました。今年も見ました。

2023/05/04(木)23:24 No.9072
Re: 同定してから持ち帰りましょう / JFish
西村さん、コメントありがとうございます。
たしかに、在来種やその後の移入、それが、複雑な生態系になっているかもしれませんね。
ヒメダカは野生の中での変異個体の可能性もあるかもしれませんが、シロメダカはさすがに突然変異の可能性を考えるのは厳しいので、嫌な感じですね。
岐阜県では、改良メダカの定着が確認されている場所もあるようですし、自分も近所の用水路に数十匹のダルマメダカを見つけて、喜んで捕り尽くしたことがあります。
現在の改良メダカの放流問題は、大きな社会現象から生まれた影の部分、自分もメンバー限定公開で、村公開?を維持していた方が良いのかも。

2023/05/05(金)03:45 No.9080
荒れた湖 / 西村

2023年4月28日夜〜29日未明は琵琶湖でうな潜りしました。
本当は29日夜の予定でしたが、天気予報が大雨っぽかったので前倒し。
歯医者で治療してもらった麻酔がまだ切れていない状態で琵琶湖へ。
潜る頃には麻酔が切れ始めて、シュノーケルをくわえると歯が痛い。
1箇所目、初めての場所、ドライスーツ、22:34〜23:29(55分間)、1150m遊泳。
ウナギはおらず。次はウエットスーツの予定でしたが、ドライでも冷たさを感じ、
服も汗で濡れていなかったので、これは無理だと思いました。魚はフナマズ。

2023/05/01(月)00:01 No.9063 
Re: 荒れた湖 / 西村
風が強くなって来て、琵琶湖が荒れ始めました。2箇所目、ドライスーツ、00:15〜00:58(43分間)、1090m遊泳。
行きは波と湖流に向かって浅場を泳ぎます。ぜんぜん進まない。休むと戻されるし打ち上げられそうになる。
フィンを全力で動かして少し進む程度。ここまで酷い琵琶湖は久しぶり。これなら明夜の方が良かったような。
帰りは波と湖流と同じ方向に深場を泳ぎます。ほとんどフィンを使わずに流されています。
そして岩の隙間から頭を出す80cm級のウナギを見つける。すぐに引っ込められて捕れず。
また80cm級がいて頭をひっこめる寸前に、やすを刺したが捕れず。ドライスーツはすぐに動けず、
潜り難くて体勢の維持が難しい。やはりウナギ捕りには向いていないが、寒さには勝てない。
70cm級を見つける。80cm級2匹がいた後なので見劣りする。贅沢なことです。捕れました。
シロヒレタビラが割と多く見られ、イワトコやビワナマもおらず、まだ冬場の終盤なんだなぁと思いました。

2023/05/01(月)00:01 No.9064
Re: 荒れた湖 / 西村
並岸流はもう嫌なので、岸方向に風が当たる場所へ。ザッバーン×∞の向岸流でした。仕方が無い。
3箇所目、ドライスーツ、01:59〜02:40(41分間)、901m遊泳。ウナギは65cm級を見つけて、
これなら捕れると思ったのですが、波で揺られてやすが定まらず、甘刺さりで逃げられました。
産卵を終えたと思われるボロボロのウグイがいました。動画です https://youtu.be/Q7TvsCnsxqI
動画のウグイ(02:41頃)を見ると、左右に振られていて、波の強さがわかると思います。

2023/05/01(月)00:01 No.9065
Re: 荒れた湖 / ハリー
採集お疲れ様です。
荒れた湖は大変でしたね。湖でも結構酷くなるのですね。
やす禁止前に間に合ってよかったですね。平日夜に歯医者行ったあとに採集に行く根性はないかも…。
2023/05/02(火)22:39 No.9068
Re: 荒れた湖 / 西村
ハリーさん。コメントありがとうございます。ご返信が遅くなってすみません。
琵琶湖の波は20分単位くらいで、強弱が変化し続けるのと、場所によっても違うので、
行は凪だったのに、戻る時には波が出て、大変なときもありますね。
琵琶湖は川と比べたら楽なので、あまり根性はいらなかったです。
2023/05/04(木)18:47 No.9069