戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
中華鍋+焼き網+蓋+飯蒸し

用意するもの
中華鍋鉄製広東鍋30cm。
焼き網受け皿とセラミック網を外した網部分のみ使用。
中身が見える窓付。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
小皿たれを付けるために使う。
ラップ電子レンジでご飯を熱くし、飯蒸しに使う。
ご飯と器飯蒸しに使う。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。
布巾乾いたもの。飯蒸しの器を包む。
耐熱計量カップたれを熱するために使う。

(1)ウナギを乗せる

(1-1)五徳に中華鍋と焼き網を乗せる。
(1-2)ウナギを身側が下になるように置く。
(1-3)蓋をして、中火で焼く。
-
(2)様子を見る

反り返らないか注意する。
 0分
(3)引っくり返す

(3-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(3-2)形が安定したら、1〜2分に1回ほど引っ繰り返す。

※形が安定してから、確り焼ける直前まで、焼き網に張り付きやすいため注意。
 3分
(4)一部が確り焼けた

尾鰭に近い場所は、薄くて早く焼けるため、焼き過ぎないよう、皿などに移して置く。
 24分
(5)全部が確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 27分
(6)たれを付ける

(6-1)小皿にたれを入れる。
(6-2)ウナギを入れて、何度か引っ繰り返して、たれを全体に付ける。
(6-3)ウナギを焼き網へ戻す。
(6-4)それを2〜3回ほど行う。
 28分
(7)ご飯を熱くする

(7-1)丼鉢にご飯と水を少し入れてラップをする。
(7-2)電子レンジで長めにチンする。

※丼鉢が熱くて持てないくらいにする。火傷防止で鍋掴みなどを使う。
 32分
(8)切る

ウナギをまな板へ移動させ、適当な大きさに包丁で切る。
 33分
(9)待つ

(9-1)ウナギの皮側をご飯に張り付けるように乗せる。
(9-2)隙間の無い様にラップをする。
(9-3)布巾で包む。
(9-4)9〜13分ほど待つ。

※この間に箸、飲み物、吸い物などの用意、片付けなどをすると効率的です。
 34分
(10)たれをチンする

耐熱計量カップにたれを入れて、電子レンジでチンして熱する。

※吹きこぼれやすいため、様子を見てながら、沸騰したら加熱を止めて下さい。
 43分
(11)たれをかける

(11-1)布巾から丼鉢を取り出してラップを外す。
(11-2)たれをウナギにまんべんなくかける。
 44分
(12)完成

出来上がり。
 45分
ウナギ全長47cm(捌いて6日間冷凍庫)の半分(尾側)を、完成まで45分(焼き27分+たれ焼き5分+飯蒸し10分+その他3分)、味は68/100点(脂度数3+美味度数3)でしたが、極弱い青臭さがあって68-5=63点でした。 この青臭さは焼きが甘い臭みや、泥臭さ(ゲオスミン)とは違い、汚い場所で釣れた個体で、藻類が腐ったような匂いです。 小骨は気にならず。皮は軟らかく、身はサクッと感も残って、食感がとても良い。ウナギとご飯は熱々のままだった。 蓋で水分が逃げ難くなり、ウナギが焼き網に張り付きやすいため、身崩れに注意が必要。 煙は酷いが、中華鍋と蓋に隙間があり、そこから抜けやすく、スモーキーさは弱かった。

戻る