戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
フィッシュロースター(扉型・両面)+アルミホイル

用意するもの
フィッシュロースター(扉型・両面)消費電力1300Wを推奨(それ以下は臭みが残る)。
アルミホイル受け皿に敷く。厚手が良い。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)フィッシュロースターを台所など換気扇の近くに置く。
(1-2)アルミホイルを受け皿に敷く。
(1-3)ウナギを身が上になるように乗せる。
-
(2)様子を見る

換気扇とフィッシュロースター(焼き加減・弱)のスイッチを入れる。
焼き加減は弱で始終焼きます。

※中や強にして早く焼きたくなりますが、臭みを抜くために我慢します。
 0分
(3)形が安定するまで注意する

(3-1)ウナギが反り返る前に、トングで引っくり返す。
(3-2)反り返りがなくなって、形が安定してきたら、確り焼けるまで、3〜4分に1回くらい引っくり返す。

※尾鰭近くは早く焼けるため、火力の弱い位置にして、焼け過ぎを防ぐ。
 8分
(4)49cmが確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。

49cmが確り焼けたので、皿などに移動させ、54cmを確り焼きます。
 28分
(5)たれを塗る

(5-1)54cmが確り焼けたので、49cmをロースターへ戻す。
(5-2)容器にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(5-3)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを3〜4回ほど行う。
(5-4)落ちたたれも使うため、たっぷり塗ります。
 32分
(6)たれで焼けた

たれが少し焦げ付いたら焼き上がり。
 39分
(7)たれをご飯にかける

(9-1)ウナギをまな板へ移動させる。
(9-2)扉を引き出し、焼き網を外して、アルミホイルを取り出す。
(9-3)ご飯を器によそう。
(9-4)アルミホイルのたれ(脂が混ざって美味)をご飯にかける。
 41分
(8)完成

適当な大きさに包丁で切り、器へ移動させて出来上がり。
 43分
ウナギ全長49cmと54cm(捌いて半日間冷凍庫)を、完成まで43分(焼き32分+たれ焼き7分+その他4分)、味は97/100点(脂度数4+美味度数5)でした。 小骨は気にならず、臭みは全くありませんでした。身はややふっくら感があり、皮のパリッとした食感がとても良い。燻製の様な香りも少しある。 たれは温められ、変な癖などは無く、脂が混ざって、美味しくなっていた。たれのロスが少なく、後片付けを減らし、煙も少ない。 あまり大きくないウナギを、パリふわスモーキーで、ここまで美味しくできるのは、非常に良い方法だと思う。 問題点としては、フィッシュロースター(扉型・両面)は15,000〜20,000円とやや高額で、パリッの食感は歯の弱い方には、硬いと感じるかもしれない。

戻る