戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
魚焼き網(蓋付)+蒸す

用意するもの
魚焼き網(蓋付)IH対応蓋付きグリル JKO65を使いました。
サラダ油網に塗る。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
蒸し目皿鍋底から高くて水を多く入れられるものが良い。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)五徳に魚焼き網を乗せる。
(1-2)焼き網にサラダ油を塗る。
(1-3)ウナギを身が下になるように乗せる。
(1-4)蓋をする。
(1-5)完成まで中弱火で焼きます。
 0分
(2)弱火で焼く

(2-1)ウナギが反り返る前に、こまめにトングで引っくり返す。
(2-2)反り返りがなくなって、形が安定してきたら、確り焼けるまで、2〜3分に1回くらい引っくり返す。
(2-3)確りは焼かない。脂が少しにじみ出したら、蒸し工程へ移す。

※網に皮が張り付いてめくれました。気を付けて下さい。
 4分
(3)蒸し目皿に乗せて水を入れる

(3-1)焼き網の横に蒸し目皿を置き、そこへウナギを乗せる。
(3-2)ウナギの乗った蒸し目皿を、焼き網へ移す。
(3-3)水を入れて蓋をする。

※蓋の隙間から水が垂れました。気を付けて下さい。
 31分
(4)蒸し上がり

ウナギをトングで軽く触って、硬い部分が無くなったら、蒸し上がりです。
 46分
(5)たれを塗る

(5-1)容器にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(5-1)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。それを3〜4回ほど行う。

※底に落ちたたれは、非常に焦げやすいため、ウナギへ付かないように気を付けます。
 49分
(6)焼き上がり

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切ります。
 55分
(7)完成

たれをご飯へかけ、蒲焼を乗せて、出来上がりです。
 57分
ウナギ全長58cm(捌いて2日間冷凍庫)を、完成まで57分(焼き30分+蒸し15分+たれ焼き7分+その他5分)、味は43/100点(脂度数1+美味度数3)ですが、 スモーキーさが良いため、43+15=58点でした。臭みは全く無し。燻製の様な香りが良い。 小骨は焼き切れていないため、少し気になる部分もあるが、口内を刺すような感じではない。 食感はやわらかめで、よく噛む必要はない。燻製の様な味で良いが、その分だけ煙が酷い。 網のフッ素樹脂加工が少し剥がれていたため、皮が張り付いてめくれてしまった。 蒸してからは身崩れが酷かった。この方法はスモーキーさがあって軟らかいという、普通は両立しないものを、 作り出すことが出来るが、色々と問題点があるため、あまりお勧めできない。

戻る