戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
グリルパン+蒸す+魚焼きホイル

用意するもの
グリルパンIHダイヤモンドコートグリルパン 33cmを使いました。
魚焼きホイルアルミホイルにシリコーン樹脂加工されているもの。厚手が良い。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
容器耐熱計量カップを使用し、たれを入れてご飯へかける。
蒸し目皿鍋底から高くて水を多く入れられるものが良い。
グリルパンへ入れる。空焚きにならないよう、時々コップなどで注ぎ足す。
うなぎのたれ市販品で良いが、粘度が高ものは、みりんと醤油で薄める。

(1)準備する

(1-1)五徳にグリルパンを乗せる。
(1-2)ウナギを身が下になるように乗せる。
(1-3)蓋をする。
(1-4)弱火で焼く。
 0分
(2)形が安定するまで注意する

(2-1)ウナギが反り返る前に、2〜3回ほどトングで引っくり返す。
(2-2)形が安定してきたら、確り焼けるまで、2〜3分に1回くらい引っくり返す。
(2-3)確りは焼かない。脂が少しにじみ出したら、蒸し工程へ移す。
 8分
(3)蒸し目皿に乗せて水を入れる

(3-1)グリルパンの横に蒸し目皿を置き、そこへウナギを乗せる。
(3-2)ウナギの乗った蒸し目皿を、グリルパンへ移す。
(3-3)水を入れて蓋をする。弱火〜中弱火にします。
 19分
(4)蒸す

弱火〜中弱火で、水が蒸発して少なくなったら、コップなどで注ぎ足す。
 21分
(5)蒸し上がり

ウナギをトングで軽く触って、硬い部分が無くなったら、蒸し上がりです。

※写真は水が蒸発して、丁度無くなった状態です。
 46分
(6)魚焼きホイルでトレイを作ってたれを入れる

(6-1)魚焼きホイルをウナギに合わせてトレイ状に折る。
(6-2)蒸し目皿を持ち上げ、魚焼きホイルに、滑らすように入れる。
(6-3)魚焼きホイルごと持ち上げて、グリルパンに乗せる。
(6-4)魚焼きホイル底に深さ5mmほどたれを入れる。
 47分
(7)引っ繰り返す

たれが煮立ったら、慎重に引っ繰り返し、身側と皮側の両方を煮ます。
 53分
(8)たれを抜いて焼く

表面に焦げ目を付けます。2〜3回ほど引っ繰り返します。
 56分
(9)たれをご飯にかける

(8-1)ご飯を器によそう。
(8-2)魚焼きホイルから抜いた、たれをかける。
 57分
(10)完成

魚焼きホイルごと持ち上げ、ご飯の入った器の上で、斜めに傾けて滑り落す。出来上がりです。
 60分
ウナギ全長50cm(捌いて1日間冷凍庫)を、完成まで60分(焼き17分+蒸し27分+たれ焼き13分+その他3分)、味は45/100点(脂度数2+美味度数2)でした。 小骨は焼き切れていないが、個体が小さいため気にならず、臭みは全く無し。スモーキーさは無し。 ふわほわ程の軟らかさは無いが、何とか箸で千切れる。たれに脂が入らないため、ご飯の旨味が少ない。 大きな問題点は無いが、小さな問題点はある方法だと思う。

戻る