戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
フライパン+焼き網

用意するもの
フライパン一般的な物。
フライパンの蓋一般的な物。
焼き網セラミック付き万能焼き網 丸型225mmを使いました。
ハンド・フィット・トングウナギを引っくり返すときに使う。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は小鉢を使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)準備する

(1-1)焼き網の取っ手を2つ外す。
(1-2)焼き網をフライパンへ入れる。
(1-3)焼き網にサラダ油を塗る。
(1-4)ウナギの身が下になるように乗せる。
(1-5)蓋をする。
-
(2)弱火〜中弱火で焼く

始めから完成まで弱火〜中弱火で焼きます。
 0分
(3)形が安定するまで注意する

(3-1)ウナギが反り返る前に、2〜3回ほどトングで引っくり返す。
(3-2)形が安定してきたら、確り焼けるまで、2〜3分に1回くらい引っくり返す。
 11分
(4)確り焼けた

脂が落ちて泡立ち、身割れが始まって、焦げる寸前まで焼きます。ここまで確り焼かないと、味がいまいちで、臭みが残り、骨が口に残ります。
 52分
(5)たれを塗る

(5-1)容器にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
(5-1)身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。
 53分
(6)確りたれ焼き出来た

最後の仕上げで塗る場合、たれは常温なため、ウナギへ塗ると温度が下がります。 それをまな板へ乗せると、更に下がります。そのため最後の塗りで、たれが熱くなるまで待ちます。
 66分
(7)切る

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切ります。
 67分
(8)完成

たれをご飯へかけ、蒲焼を乗せて、出来上がりです。
 68分
ウナギ全長47cm(捌いて3日間冷凍庫)を、完成まで68分(焼き52分+たれ焼き14分+その他2分)、味は57/100点(脂度数2+美味度数3)ですが、 スモーキーさが強過ぎて、57-10=47点でした。小骨は気にならず、臭みは全く無し。 食感はほど良く、中は脂でややしっとり、蓋を開けたときの煙は酷かったです。 蒲焼よりも燻製に近く、ウナギの脂やたれだけではなく、フライパンや焼き網の臭いもした。 このスモーキーさは、ウナギの味をかき消すほど強かった。また、受け皿とセラミック網は、 焦げ付きが酷く、洗うことが容易ではなく、捨てることになった。

戻る