戻る
■ 蒲焼の作り方 ■
七輪+煉瓦

用意するもの
七輪直径22.5cm×高さ20.5cm。
煉瓦ようかん(210×50×60)2つ。
炭火一式炭バサミ、トーチバーナー、着火剤、木屑(着火用)、木炭、うちわ、火消し壺。
金串丸串5本。4〜5cm幅に1本打つ。
うなぎのたれ市販品で良い。
油引きと容器たれを付けるために使う。容器は耐熱計量カップを使用。
まな板と包丁蒲焼を切るために使う。

(1)串打ちする

身と皮の間に金串(丸串)を通す。
-
(2)準備する

屋外へ七輪を置き、木屑(乾いた木切れ・割り箸・紙など)を入れ、トーチバーナーで燃やし、 そこへ木炭(備長炭)を入れる。空気口に向かってうちわで煽ぐ。 木炭を炭パサミで移動させて、火が全体的に回ったら、煉瓦を2つ乗せる。この準備に約60分が掛かりました。
-
(3)ウナギを乗せる

最初はどちら側を下にしても良い。
何度も引っくり返す。身側は長めで、皮側は短めに焼く。
 0分
(4)焦げ始めた

脂が落ちて、煙が酷くなり、表面が焦げ始める。
炭の場所によって、焼きむらがあるが、これ以上に焼くと、表面だけ焦げて、苦くなるため、たれへ進むしかありません。

※中央ばかり焦げて、左右は生焼けなため、 炭を片側へ移動させて、左右も焼けるようにしたが、中央にも熱が届くため、あまり良い効果は出なかった。
 22分
(5)たれを付ける

容器にたれを入れ、油引きに染み込ませる。
身側に塗ったら、引っ繰り返して、皮側を塗る。
 37分
(6)たれで焼く

2〜3回ほどたれを付けながら焼く。
 41分
(7)金串を抜く

串を持って、時計の3時9時3時6時と回す。
1回転が出来たら、回しながらゆっくり引き抜く。

※ウナギが移動する場合は、包丁の峰か手で、ウナギと金串の境を、押さえるようにする。
 43分
(8)完成

蒲焼をまな板へ乗せ、適当な大きさに包丁で切ります。
出来上がりです。ご飯へ乗せれば鰻丼になります。
 44分
ウナギ全長69cm(捌いて1日間冷凍庫)の半分(腹側)を、完成まで44分(焼き43分+その他1分)、 味は90/100点(脂度数5+美味度数4)ですが、やや臭みが残り、中央は焼き過ぎ、左右は焼きが甘くて気持ち悪いため、90-30=60点でした。 七輪の熱範囲に比べて、ウナギが大きいため、焼きむらが酷かったです。 半分くらいであれば、上手に焼けたかもしれないが、ウナギ1/4しか焼けないため、おすすめできる料理方法ではない。

戻る