写真掲示板 [日淡会]
2008年02月 過去記事




油棘 / ますなが
久々にたなご釣りに行きました。同じようなのが続けて3匹ほど釣れました。性格は正反対だと思うのですが,意外と仲が良いのかもしれません(謎)

添付【DSCF4103.JPG】(30 kb)
 2008/02/29 (金) 02:17

Re: 油棘 / 西村 Email
カゼボテですか。タナゴ類は交雑があるからややこしいんですよね。
その中でもオスはまだわかるのですが、メスは色では無理なので難解…。
 2008/03/02 (日) 21:35

Re: Re: 油棘 / ますなが
ご返信有難うございます。ちなみに,交雑個体の名称は何か決まりごとがあるのでしょうか?例えばヤリタナゴ×アブラボテならば,「ヤリボテ」でも「アブラヤリ」でもさそうな気がしますが・・・もちろん,オイカワ×カワムツだと「オイムツ」か「カワカワ」になり後者はあんまりなので分かるんですがどうでしょうか?
 2008/03/03 (月) 17:14

Re: Re: Re: 横から失礼します。 / Rhinogobius
ますなが様、初めまして。

交雑個体の名称ですが、すごく記憶が曖昧なのですが、大学で海産の魚類についての交雑個体の勉強をしたことがあります。

例えば、ブリ(♀)×ヒラマサ(♂)を掛け合わせた交雑個体の名称をブリヒラ、マダイ(♀)×チダイ(♂)をマチダイと呼んでおり、メスの名前を交雑個体の名称の始めに、雄の名前を後ろにつけるのが通例と習ったことがあります。でも、全然関係のない名前の付いた交雑個体というか登録商標みたいなものもあったような気がします。

水産庁の「魚介類の名称のガイドライン」では、交雑種であることを明記しろとは書いてありますが、特に名称の付け方までは明記していなかったと記憶しています。

もしかすると、遺伝子関係の実験等では、交雑種等を良く扱うと思いますので、ガイドラインがあるのかも知れません。

曖昧なことばかり書きましたが、僕も気になるところです。
 2008/03/03 (月) 22:18

Re: 油棘 / 西村 Email
私がアブラトゲではなくカゼボテとしたことは、その方が通りが良いかなくらいで他意はありませんが、
日淡約600種類のうちボテと付くのはアブラボテだけで、アブラと付くのはアブラハヤとアブラヒガイがいます。
同じようにカゼと付くのはカゼトゲタナゴだけです。そうなるとカゼボテと記せば、
カゼトゲタナゴ×アブラボテというイメージは湧きやすいと思います。
名称は一般に固有の種類を指し示し、相手側に自分の言いたい種類が通じることが大切です。
ガイドラインなどは集団内で混乱しないよう定めた1つの考え方で、
同じ集団内では統一的な取り決めは必要だと思います。
それに無関係な方まで一緒に従うのも良いですが和名は単なる日本語です。
学名ほど厳しいものはありません。学名も同じ種類に複数あったりして混乱しますが…。
例えばカマキリと言ったところで、虫じゃなくて魚の方ね。と付け加えが必要であれば、
アユカケで良いと思います。この和名が標準だ正式だとかいう議論はあまり意味がありません。
植物に詳しい方と話すときはカマツカやハスも気を付けないといけませんね。
 2008/03/04 (火) 00:29

たしかに・・・ / FUJI
 たしかにカマキリは紛らわしく私は話するときは人を見てアユカケを使いますね。あとカジカもカエルのこと総称タナゴもウミタナゴを連想する人が多く,私が少数派になってしまい,間違ったことを言っているような見方をされて困ったことがあります。
 ところで,このタナゴ望まれしものではないのかもしれませんが,すごく魅力を感じてしまうのは私だけでしょうかねぇ・・・
 2008/03/04 (火) 10:34

Re: たしかに・・・ / 西村 Email
FUJIさん。総称タナゴですがタナゴ類で良いかなぁと思ったりしています。
ウミタナゴも昨年にウミタナゴ、アカタナゴ、マタナゴの3種類に学名を伴って分類され、
タナゴをマタナゴとすると余計に判らなくなってしまう状況になりました。既に何がなにやら(笑)。
交雑繋がりで先月のかずくんさんのイチモンジタナゴ×シロヒレタビラに刺激されて、
タナゴ類の同定ページを作りました。いつも数字を書いていたのがこれで楽になるかな…。
 2008/03/04 (火) 22:19

Re: Re: たしかに・・・ / ますなが
皆様ご返信有難うございました。大変参考になりました。有難うございました。
 2008/03/08 (土) 00:13

にてひなる? / ハゼの迷宮
地鶏の国からコンニチハ。
ヨシノボリです。

添付【yositarou.jpg】(64 kb)
 2008/02/27 (水) 14:27

Re: にてひなる? / ハゼの迷宮
じろうです。

添付【yosijirou.jpg】(100 kb)
 2008/02/27 (水) 14:28

Re: にてひなる? / 西村 Email
トウとクロですね。頬に赤点がありますね。これだと琵琶トウだ(笑)。
ヨシノボリ黒色大型Bやトウヨシノボリ西九州型などもう混乱するばかり。
斑紋以外で判別するポイントが見つかって欲しいと切に願っています。

添付【おほほに赤点.jpg】(35 kb)
 2008/02/28 (木) 00:45

Re: Re: にてひなる? / ハゼの迷宮
西村様、返信ありがとうございます。
>トウとクロですね。頬に赤点がありますね。これだと琵琶トウだ(笑)。
不本意ながらアユと一緒に連れてこられたのだと思います。
トウヨシはこちらではかなり少ないですね。
>ヨシノボリ黒色大型Bやトウヨシノボリ西九州型などもう混乱するばかり。
>斑紋以外で判別するポイントが見つかって欲しいと切に願っています。
全くです。難しすぎます。素人ではお手上げに近いです。
トウヨシを見慣れてないので特に。
 2008/02/28 (木) 08:53

Re: Re: Re: にてひなる? / 西村 Email
>不本意ながらアユと一緒に連れてこられたのだと思います。
そうでしたか。それにしては琵琶湖でよくみるトウヨシとは違うような。
 2008/03/02 (日) 21:37

今年初汽水 / 川口
西村さんは山の方に行かれたのですね。
私は強風吹き荒れる中、今年初の干潟へ。

これはアシシロハゼでしょうか?

添付【ashishiro01.jpg】(49 kb)
 2008/02/25 (月) 03:19

Re: 今年初汽水 / 川口
メインターゲットはこちらです。
名古屋なのに江戸っ子とは、これいかに。(笑)

添付【edo01.jpg】(45 kb)
 2008/02/25 (月) 03:21

Re: Re: 今年初汽水 / 川口
これも採れたので嬉しかったです。
干潮線より上のカキ殻の中から出てきました。

添付【tosaka01.jpg】(66 kb)
 2008/02/25 (月) 03:24

Re: 今年初汽水 / 西村 Email
アシシロハゼで良いと思います。エドハゼ良い色になってきましたね。
土曜は天気予報が晴れであれば、同じ場所か近くに行っていたと思います。
トサカギンポは降雪中でも潮間帯からカキを拾って来るといつの間にか水槽にいて驚かされます。
汽水魚の中では珍しく凍らない程度の水温には耐えられるかもしれませんね。
 2008/02/25 (月) 23:34

シマドジョウでしょうか? / ヤマケイ
ご無沙汰してます。
先日、スジシマドジョウ中型種の採集に行ったのですが、1匹まぎれこんでいました。
シマドジョウだと思ったのですが、なにかちょっと雰囲気が違うように思い、スジシマドジョウのような気もしますがいかがでしょうか?

添付【200802231826000.jpg】(44 kb)
 2008/02/24 (日) 17:57

Re: シマドジョウでしょうか? / ヤマケイ
こちらは普段良く採集するスジシマドジョウです。

添付【200802231828000.jpg】(43 kb)
 2008/02/24 (日) 18:00

Re: シマドジョウでしょうか? / 西村 Email
上からの写真はありますでしょうか。骨質盤はなさそうですね…。
私のレベルでは答えられない個体ですが、シマドジョウのように見えます。
一昨年の夏に捕らせてもらったスジシマ中型種は状態も良くまだ元気です。
 2008/02/25 (月) 00:54

取り出してみました。 / ヤマケイ
上から見るとやはりシマドジョウのように見えます。

横からの雰囲気が違うように思ったのは、尾びれの感じが、私がよく目にするシマドジョウと違うのかなと思います。

ちなみにこれらも一昨年と同じポイントです。

添付【200802261903000.jpg】(40 kb)
 2008/02/26 (火) 19:28

Re: 取り出してみました。 / 西村 Email
写真ありがとうございます。シマドジョウのようですね。シマは私には難解すぎます…。
 2008/02/28 (木) 00:18

Re: Re: 取り出してみました。 / ヤマケイ
シマドジョウですか。
ありがとうございました。
 2008/02/29 (金) 08:09

ながれほとけどじょう / 西村 Email
干潮時に雨の予報で干潟は取りやめ、苦手な丘陵地で採集してきました。車と運転まかせっきりで…。
最初に愛知県でホトケドジョウを捕りました。同県の少し離れた場所でナガレホトケドジョウ風が捕れました。
おそらく先日のおいかわ丸さんと川口さんと同じタイプだと思います。比較してみました。

 2008/02/23 (土) 23:55

Re: ながれほとけどじょう / 西村 Email
ナガレ風の方が髭が長くて目が背面近くにあるような。

 2008/02/23 (土) 23:57

Re: ながれほとけどじょう / 西村 Email
ホトケドジョウとナガレ風の個体数は多かったですが、生息環境が違って同所的には見られませんでした。
10年余り確認しに行っていなかった場所の牛は健在でした。一応ここは法令規制のない場所です。

添付【流れ牛.jpg】(54 kb)
 2008/02/24 (日) 00:03

Re: Re: ながれほとけどじょう / 川口
>ホトケドジョウとナガレ風の個体数は多かったですが、生息環境が違って同所的には見られませんでした。
ナガレ風の個体の方は小渓流のような環境でしたか?
 2008/02/25 (月) 03:34

Re: Re: Re: ながれほとけどじょう / 西村 Email
>ナガレ風の個体の方は小渓流のような環境でしたか?
そうですね。地図にも載らないような細流でサワガニが多かったです。
まず1人で行くことはないだろうと撮りだめしました。

添付【ホトケの流れ.jpg】(64 kb)
 2008/02/25 (月) 23:19

Re: Re: Re: Re: ながれほとけどじょう / おいかわ丸 Email
かたちの違いがよくわかりますね。
東海地方のホトケとナガレホトケはいままさに
種分化が行われている実験場なのかもしれないですね。
 2008/02/26 (火) 13:43

Re: Re: Re: Re: Re: ながれほとけどじょう / 西村 Email
いわゆる進化的単位なのですかね。車の運転者によると、
愛知県でホトケとナガレ風は同所的に捕れたそうです。
 2008/02/28 (木) 00:13

小卵型? / ガク
 茨城県の河川下流域で採集しました。小卵型でしょうか?
今日は、暖かくて気持ちの良い採集ができました。ほかにもギバチ、ウキゴリ、タイバラなど15種類ほど確認できました。河川よりもその河川に繋がる用水路の方が、数も種類も多かった気がします。

添付【IMG_3292-コピー.JPG】(43 kb)
 2008/02/22 (金) 21:22

Re: 小卵型? / 西村 Email
胸鰭16軟条でカジカ小卵型ですね。15年くらい琵琶湖周辺以外で成魚は捕ってないです。いいなぁ。
4月上旬に稚魚が河口でたくさん捕れるのですが、逆算するとそろそろ産卵期なのでしょうね。
 2008/02/23 (土) 22:53

Re: Re: 小卵型? / ガク
有難うございます。やっぱり小卵型ですか。私は初確認です。写真だけ採ってリリースしました。カジカはあまり動かないので写真が撮りやすい被写体ですね。
 2008/02/24 (日) 08:23

雑種? / かずくん URL
何タナゴなのでしょうか?
背鰭分岐軟条数から、判断するとシロヒレタビラかなと思っていたのですが、飼育しているシロヒレタビラと比べて何か違うのです。
よく観察すると、違うポイントがありました。
@正面から口を見ると、シロヒレタビラはへの字型をしてるのですが、この個体は、カネヒラと同じ一の字型をしています。
Aタビラ班がはっきりしない
など違いがあるのですが、他の同定方法があれば、教えてください。
私的には、鱗にも少し乱れがあるので、雑種のような気がするのですが、どうでしょうか?

添付【シロヒレ1.jpguuu.jpg】(97 kb)
 2008/02/19 (火) 22:24

Re: 雑種? / 川口
かずくんさん、はじめまして。
>何タナゴなのでしょうか?
>背鰭分岐軟条数から、判断するとシロヒレタビラかなと思っていたのですが、飼育しているシロヒレタビラと比べて何か違うのです。

この写真からは判別ができませんが、口ひげの状態はどうなっているのでしょうか?
シロヒレなら口ひげが割と長く、はっきり見えると思います。
カネヒラは口ひげが短く、痕跡程度な感じです。
 2008/02/19 (火) 23:59

Re: 雑種? / 西村 Email
日本産魚類検索と昨年の国立科学博物館の論文を参考にすると、
カネヒラ 背鰭分岐軟条数12〜13 臀鰭分岐軟条数9〜11
イチモンジタナゴ 背鰭分岐軟条数8 臀鰭分岐軟条数8
シロヒレタビラ 背鰭分岐軟条数9〜11(通常10) 臀鰭分岐軟条数9〜10
写真の個体は背鰭分岐軟条9、臀鰭分岐軟条8か9のように見えます。
これだとシロヒレタビラとなりますが背鰭分岐軟条が少ないのが気になります。
雑種であれば中間的だったりめちゃくちゃな数になりますが、
背鰭分岐軟条数から考えてカネヒラとシロヒレタビラの交雑とは思えませんね。
背鰭分岐軟条数が通常10のシロヒレタビラと8のイチモンジタナゴが交雑すれば9もあるかも。
また体側の縦帯がイチモンジタナゴよりは薄いですが胸鰭上部まで確認できます。
これはカネヒラやシロヒレタビラではここまでは出ませんし、
カゼトゲタナゴやスイゲンゼニタナゴよりも長く太いです。また側線は完全のようですね。
長くなりましたがようするに、イチモンジタナゴ×シロヒレタビラだと思います。
タナゴ類は交雑まで考えないといけないから難しいですね。
 2008/02/20 (水) 00:41

Re: 雑種? / かずくん URL
川口さん、西村さんありがとうございます。
なんとなく分かってきました。
口の特徴が非常にカネヒラに似ていたものと、背鰭分岐軟条数からシロヒレが頭の中にあって離れなかったのですが、西村さんのご指摘により、イチモンジ×カネヒラではないかと考えましたが、どうでしょうか?
添付の写真は、左シロヒレ、右謎のタナゴです。
イチモンジもシロヒレなどと同じようにへの字型の口をしています、形状から判断すると、カネヒラの口にそっくりなのですが・・・
素人判断なので、間違っていたらすみません。

添付【シロヒレと謎の魚.jpg】(87 kb)
 2008/02/20 (水) 08:32

Re: 雑種? / 西村 Email
かずくんさん。口の形状でタナゴ類を比較したデータがないため答え難いですが、
これまで口の形状でタナゴ類の種類が特定できていれば、図鑑や論文にそれが記されているはずです。
私はそういったのは知りません。それと口の形状は仔稚魚期の栄養状態や環境要因によって、
変化することもあり、同じコイ科のタモロコやビワヒガイなどはそれが顕著に現れていますね。
ご指摘のようにカネヒラぽい口をしていますが、交雑の疑いから別の視点も必要かなと思います。
仮にイチモンジタナゴ背鰭分岐軟条数8とカネヒラ背鰭分岐軟条数12〜13が交雑すれば、
雑種のよくある中間的特徴として背鰭分岐軟条数はおそらく10〜11くらいかなと思いますが、
かずくんさんの写真を拝見する限りは背鰭分岐軟条9のようですから確率から言って低いです。
それと同所的に見られた場合にイチモンジタナゴとカネヒラの産卵期が重なるとは考え難く、
産卵期が重なったとしても短い期間になると思いますので確率から言って低いです。
私も間違いなくシロヒレモンジなのかと言われると根拠の部分で不十分ですが、
頂いた写真と情報から考察すると、イチモンジタナゴ×シロヒレタビラが最も有力だと思います。
 2008/02/20 (水) 23:20

Re: 雑種? / かずくん URL
素人判断だと、どうしても見た目とか色とかに、目がいってしまいますが、詳しく説明していただき、同定の仕方もよく分かりました。
ありがとうございました。
 2008/02/21 (木) 18:30

こいの季節? / ハゼの迷宮
地鶏の国からコンニチハ。
奇形?野生?のコイです。近所で捕りました。

添付【わいるど?.jpg】(48 kb)
 2008/02/19 (火) 13:16

Re: こいの季節? / ハゼの迷宮
上から。

添付【?どるいわ.JPG】(34 kb)
 2008/02/19 (火) 13:17

Re: こいの季節? / MKT URL
こんばんは。
このコイがどのようなタイプなのかは分かりませんけど、
細身のコイ(野生型)のサンプルを、神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能宏博士が探しているそうです。

横から失礼いたしました。
 2008/02/19 (火) 22:43

Re: こいの季節? / 西村 Email
ハゼの迷宮さん。私もわかりませんが原色淡水魚類検索図鑑の霞ヶ浦の個体に似ていますね。
日本のコイ科魚類の写真や琵琶博で見たコイ野生型はもっと丸みがなかったです。
体高が低くて円筒形に近いという点からはコイ野生型となるのかなぁ。
MKTさん。別件でメールしました。あのアドレスは届いているかな…。
 2008/02/19 (火) 23:10

Re: こいの季節? / ハゼの迷宮
MKT様、西村様コンニチハ。
野生型は吻が短く、頭部がもっと丸いスマートな印象があります。
私のは見た目で判断すると、この魚の場合上からの写真の印象では、飼育型に見えます。
また、背鰭基部が不自然にへこんでいるので、奇形かなと考えています。
野生型と飼育型の交雑とか言い出すと・・・・。
誰が見ても「野生型」というコイが捕れたら瀬能博士に送りたいと思います。
 2008/02/20 (水) 09:32

魚の名前を教えてください / 横山睦 Email
魚の名前を教えてください。
先日、近所の小川で捕獲しました。
大きさは、2から3pです。

添付【medaka01.jpg】(92 kb)
 2008/02/11 (月) 14:09

Re: 魚の名前を教えてください / 西村 Email
横山睦さん。画像が推奨サイズの2倍以上で大きかったので、勝手ながらこちらで横800ピクセルに変更させてもらいました。写真はおそらくバラタナゴ類(タイリクバラタナゴ or ニッポンバラタナゴ or タイリクバラタナゴ×ニッポンバラタナゴ)でしょうね。これらは形態形質から判別することは困難です。
 2008/02/11 (月) 19:37

セボシとイチモンジ / おいかわ丸 Email
今日は雨ふってましたが川に遊びにいくと決めていたので
一人で熊本周辺をうろうろしていました。
とりあえず自分が採ったことない場所で
セボシタビラが採れたので行ったかいがありました。
それにしてもイチモンジタナゴが多い・・
さらに水路の改修も着々と進んでいるようで、
セボシタビラが大丈夫なのか心配です。

添付【seboshimonji.jpg】(31 kb)
 2008/02/09 (土) 23:33

Re: セボシとイチモンジ / Rhinogobius
>それにしてもイチモンジタナゴが多い・・
僕も鹿児島でイチモンジ(国内移入なのでしょう)がやたらと多い川を見たことがありますが、岡山では、30年くらい前まではどこでもいたそうですが、最近はめっきり見なくなっています。何がファクターになっているのでしょうかね。

>さらに水路の改修も着々と進んでいるようで、
>セボシタビラが大丈夫なのか心配です。
九州の貴重な種ですから、本当に心配ですね。カゼトゲと並び保全してほしい種です。
 2008/02/10 (日) 23:37

Re: セボシとイチモンジ / 西村 Email
おいかわ丸さん。セボシタビラ確りセボシが入っていますね。
今日捕ったスジシマ東海ですがこの時期にスジになって尾鰭が黄色ぽくなっています。
ここは濃尾平野では数少ないシマドジョウと混棲地域ですが、多様な模様で大きな個体が捕れます。

Rhinogobiusさん。昔はたまに岡山で採集していましたが、1990年代前半までイチモンが全く捕れなかった場所で、
1990年代後半から急に目立つようになって「もんじばーじゃ」になってしまいました。
イチモンジはこれまで在来とされているところも古い文献では分布域とされておらず、
琵琶湖産アユの放流に混じって、濃尾平野などに散らばって行ったのではないでしょうか。
三方湖はちょっとわかりませんが、イチモンジタナゴは琵琶湖淀川水系の固有種のように思えてなりません。

 2008/02/11 (月) 22:16

Re: Re: セボシとイチモンジ / おいかわ丸 Email
西村さん>上がスジシマで下がシマでしょうか。
混生しているとは興味深いですね。
この時期にスジシマになっているというのも、なんででしょう・・
濃尾のシマドジョウって僕は川でしか採ったことないのですが、
基本的にはやはり川に多く棲んでいるのでしょうか。

Rhinogobiusさん>セボシは、なんとか、保全したいと思ってます。
 2008/02/13 (水) 13:48

Re: Re: Re: セボシとイチモンジ / 西村 Email
>上がスジシマで下がシマでしょうか。
両方ともスジシマ東海です↓写真掲示板 過去記事 西村.2003.08.10
http://tansuigyo.maxs.jp/a/gao/T20030810225336.jpg
同じ場所で採集しました。ここはシマと少し変な模様で大きなスジシマ東海がいます。
濃尾平野でシマとスジシマ東海が混生し、行けば捕れるような水域は3地域くらいかな。
この場所は湧水などで水温が特別に高いわけではないのですが、
ヤリタナゴも婚姻色が強く出ている個体も捕れました。
>濃尾のシマドジョウって僕は川でしか採ったことないのですが、
>基本的にはやはり川に多く棲んでいるのでしょうか。
カワヨシノボリがいるような川ですね。平野部ではスジシマ東海が大半です。

写真は一昨日の上の個体です。ビシッと筋が入って中型種かと思いました。
無印ケースの魚が入る幅が16.5cmのため、計算して全長を求めてみました。
オスで全長6.9cmは大きいですね。こういうのが図鑑に使われるタイプですね。

 2008/02/13 (水) 21:42

Re: Re: Re: Re: セボシとイチモンジ / 西村 Email
写真は一昨日の下の個体です。これも良く見ると点列ではなくなっています。
メスで全長8.8cmは私も初めて捕った大きさかも。シマと混ざってませんよね…。

 2008/02/13 (水) 21:45

Re: Re: Re: Re: Re: セボシとイチモンジ / 西村 Email
別のメスです。ヤマトシマ風ですがシマと混ざってませんよね(汗)。
この日も濃尾に多いタイプのシマは捕れました。だいたい半々でした。

 2008/02/13 (水) 21:49

スジシマトウカイ / おいかわ丸 Email
うーんなんとも・・怪しげではありますよね。
模様にかんしてはヤマトシマもそうですけど、かなり変な個体が
時々出てきます。まずは”典型的な模様”を整理して理解したい
ところです。貴重な画像をみせていただきありがとうございました。
 2008/02/14 (木) 23:50

どじょうつながりで / ハゼの迷宮
おいかわ丸様、西村様、コンニチハ。
宮崎県産個体、昨年夏採集です。上からの写真はありません。

添付【ヤマト?.jpg】(65 kb)
 2008/02/15 (金) 10:47

Re: どじょうつながりで / ハゼの迷宮
山口県産個体、先月採集です。

添付【シマ?.JPG】(37 kb)
 2008/02/15 (金) 10:48

Re: Re: どじょうつながりで / 西村 Email
私にはハゼの迷宮さんの写真を同定する知識はありませんがヤマトとシマに見えますね。
両個体とも雌ぽくて余計に難しいですね。将来的に日本のシマドジョウ類は何種類になるんだろう…。

添付【シーマ.jpg】(20 kb)
 2008/02/19 (火) 00:04

Re: Re: Re: どじょうつながりで / ハゼの迷宮
西村様、返信ありがとうございます。
>両個体とも雌ぽくて余計に難しいですね。将来的に日本のシマドジョウ類は何種類になるんだろう…。
どちらも骨質盤はないので雌だと思われます。種の定義付けがどうなるかですよね。
 2008/02/19 (火) 13:14

Re: Re: Re: Re: どじょうつながりで / おいかわ丸 Email
ハゼの迷宮さま>レス遅れてすみません。
シマドジョウ写真ありがとうございます。
宮崎のシマドジョウ属の分布は面白いですよね。
今年はがっつり調べる予定でいます。

西村さん>最終的に何種になるんでしょうね・・
道のりは遠いです。。
 2008/02/23 (土) 14:30

Re: どじょうつながりで / ハゼの迷宮
おいかわ丸様
>宮崎のシマドジョウ属の分布は面白いですよね。
>今年はがっつり調べる予定でいます。
ぜひ、ぜひ、がっつりお願いします。
昔はたくさんいたのでしょうが、今私が確認しているのが大淀川水系と耳川水系のみで、数もたくさんは捕れません
あとは、川内川は鹿児島県内では確認されているようですし、清○川も最近までいた可能性があります。
全容解明をお願いします。
 2008/02/25 (月) 10:43

Re: Re: どじょうつながりで / おいかわ丸 Email
耳川は知りませんでした。
宮崎だとあと五●鈴川水系と一●瀬川水系では確認しています。
どこも局所的でとても少ないですよね。
在来だとは思うのですがなんであんなに少ないのでしょうか・・
 2008/02/28 (木) 00:50

教えて下さい / ガク
これはヌマムツでしょうか。どなたか教えて下さい。採集地は、埼玉県です。素掘りの用水路で他にもモツゴ、タイバラ、メダカ、ギンブナ、ジュズカケ(関東型)タモロコなど採集できました。この時期の用水路は、どこも水が少なく深みを探すのに苦労しました。

添付【IMG_3160.JPG】(36 kb)
 2008/02/07 (木) 09:36

Re: 教えて下さい / 貞蔵
ここに書き込むのは久しぶりですが
臀鰭軟条数は数えにくいですが9ということでヌマムツに一票。
 2008/02/07 (木) 21:57

Re: 教えて下さい / 西村 Email
写真はヌマムツの臀鰭です。9番目の軟条は根元で繋がっているため1本と数えます。
3棘10(分岐)軟条のカワムツ↓写真掲示板 過去記事 つじもと.2006.02.08
http://tansuigyo.maxs.jp/a/gao/T20060208010439.jpg
カワムツとヌマムツは交雑は別にしてここを数えるのが一番だと思います。
胸鰭の腹鰭の先に出る朱色はヌマムツでも出ないこともありますが、
側線上方横列鱗数が12か13ぽく見えるのでヌマムツですね。

添付【ぬまぬま.gif】(61 kb)
 2008/02/08 (金) 00:40

Re: 教えて下さい / ガク
貞蔵さん西村さん有難うございます。カワムツとは違うなとは思ったのですが、決め手に欠けて・・・。臀鰭3棘9軟条ですね。勉強になります。フナやヨシノボリしても軟条数を数えるのは苦手です。一昨日の雪が降った日に行ったのですが、水をくむ時に足が滑って用水路に落ち、胴長の中に水が入り、服もビショビショで最悪でした。瞬間もう帰ろうか迷いましたがせっかくきたのでそのまま採集を続けたら結構暖かくなって家に着いたときには結構乾きました。しかし前にも霞の用水路
に落ちて腰まで漬かったことがあるのですがその後それが原因なのかわかりませんが痔になったことがあったので速効風呂に入り今のところ大丈夫そうです。
 2008/02/09 (土) 01:10

Re: Re: 教えて下さい / 西村 Email
>フナやヨシノボリしても軟条数を数えるのは苦手です。
他の色や印象的だけだと誤同定の確率が高くなりますので、私は9本や10本くらい数えてすっきりしたいと思ってしまいます。川でタモに入ってたも網に入ったムツを簡易的に判別する方法として私は、背鰭前縁 vs. 腹鰭前縁と胸鰭前縁 ここを見て赤色が強い方で決めます。背鰭前縁の方が赤色が強いときはカワムツ、腹鰭前縁と胸鰭前縁はヌマムツ。たいてい95%くらいの同定率だと思いますが後で臀鰭軟条は数えます。
>胴長の中に水が入り、服もビショビショで最悪でした。
大変でしたね。私も今日は雪を踏みながら川まで行っていました。昨日は干潟の泥の中に埋まって死にそうだった方もいましたが…。私や仲間は川に落ちるのはよくあることみたいな感覚です。私の携帯も胴長の中で水没して壊れました。最初から破れた胴長でプロテクターとして干潟に入り、ずぶ濡れになっている方にはさすがの私も参りました。今冬も私は深夜のテトラから落ちて、肋骨の軟骨を痛め、夜眠れず夜間診療の病院行き、その2週間後に同じテトラの上に立っていました。同じ事になった方も既にいたり。私のように麻痺されないようお気をつけくださいませ(笑)。
 2008/02/11 (月) 21:57

Re: Re: Re: 教えて下さい / ガク
補足までして頂いて有難うございます。採集中に軟条数を数えるのは大変だなと思ってたので・・・。ビショビショになって自分はついてないなぁと思っていたんですが、皆さんもいろいろすごい経験されているのですね。でも自分も採集に関してはもう半分ぐらいマヒして当分辞められません。
 2008/02/11 (月) 22:17

エドのお二人 / yy
若干色が出てるように見えるのは僕だけでしょうか??

添付【P2030278.jpg】(31 kb)
 2008/02/03 (日) 01:15

Re: エドのお二人 / yy
もう片方のエドです。

添付【P1310277.jpg】(41 kb)
 2008/02/03 (日) 01:16

Re: エドのお二人 / 西村 Email
綺麗に撮れていますね。1枚目がメスで2枚目がオスのエドハゼですね。
写真のメスは若干婚姻色が出て、お腹も大きいように見えますね。
濃尾平野では2月下旬から3月上旬頃かな。婚姻色の強いメスが捕れます。
 2008/02/04 (月) 02:11

Re: Re: エドのお二人 / yy
西村さん返信有難うございます。

お腹が大きいのは抱卵なのか肥満なのか分かりません。
ちょうど水槽の中にペアがいるので産卵して欲しいのですが、家の水槽の底砂の環境じゃ・・無理だろうなぁ。。

婚姻色やいろいろで春が楽しみです。
 2008/02/07 (木) 23:09

Re: Re: Re: エドのお二人 / 西村 Email
日曜は3人でウキゴリ属はクボハゼ、エドハゼ、チクゼンハゼ、ビリンゴを確認しました。婚姻色でてましたよ。

添付【クボハゼ.jpg】(67 kb)
 2008/02/11 (月) 22:19

Re: Re: Re: Re: エドのお二人 / 西村 Email
右側はエドハゼですがバケツに入れると色が抜けちゃいました。

 2008/02/11 (月) 22:20